鈴木大介八段「木村さんと行方さんは親友同士だそうですが、それで木村さんはあんな指し方をしますかね」

将棋世界2004年4月号、河口俊彦七段の「新・対局日誌」より。

 昇級の一番を迎えた行方六段は木村七段と戦っていて、局面は18図。ここから木村七段の気持ちのよい手順がつづく。

木村行方1

18図以下の指し手

▲3七桂△7六歩▲8六角△2六歩▲2五飛△同飛▲同桂△2四角▲4六歩△3九飛▲2二飛△3三桂▲2四飛成△2五桂(19図)

 気持ちのよい手とは、▲3七桂のような手を言う。2筋からの攻めを逆用して、▲2五飛と飛車交換を狙う。そして飛車交換後に、▲4六歩と突いたのは渋い手で、△5七角成と切らせないぞ、というわけ。

 そうして▲2二飛と打てば、後手は角の処理に困った。△4二角とか逃げても仕方がないから、エイッ!とばかり△3三桂だが、▲2四飛成と角をただで取られてはひどい。

木村行方2

 19図以下は、木村君だから▲2五竜△1九飛成▲2六竜と指す、とみんな言っていたが、実戦は、▲5二角と打ち、△6二銀▲2五角成とし、次に▲6九馬と引きつけようとした。何もさせないぞ、という指し方だが、いくらなんでもこれはやりすぎ。今言った▲6九馬まで進んだとき、△7七桂と打ち込まれ、ちょっとうるさくなった。

 後日、この将棋を見ていた鈴木(大)八段が「木村さんと行方さんは親友同士だそうですが、それで木村さんはあんな指し方をしますかね」と言えば、木村七段はただ苦笑していた。この世界では、同門とか親友同士のとき、張り合うことはよくある。

 19図から紛れが生じたものの、逆転にはほど遠く、木村七段が圧勝した。行方六段からすれば、まったく力を出せなかった一戦で、「矢倉」で戦うんだったの悔いもあろう。しかし、負けてもまだトップである。

(以下略)

—–

▲4六歩が渋い。このような手はとても参考になりそうだ。

—–

19図から、いつもの木村一基七段(当時)なら▲2五竜△1九飛成▲2六竜が自然なところ、河口俊彦七段が書いているように、相手が仲の良い行方尚史六段だったから▲5二角~▲2五角成~▲6九馬の超激辛路線となったのだろうか。

そういえば思い出すのが、一昨年のNHK杯戦 三浦弘行八段(当時)-杉本昌隆七段戦。

三浦八段は対局前のインタビューで、「杉本七段には公私にわたってお世話になっています。棋士である前に、人としてどうあるべきか意識させられる、最も尊敬する先輩の一人です。人間性では遠く杉本さんに及ばないので、将棋くらいは勝ちたいですね」と語っているが、この時の対局で三浦八段は、インタビューでの言葉が信じられなくなるような、血も涙もない激辛な手を連発して、杉本陣をほとんど全駒に近い状態にしてしまう。

やはり、親しい棋士との対局の場合、激辛な手が飛び出す可能性が高いものなのかもしれない。

その時の棋譜→NHK杯テレビ将棋トーナメント棋譜 三浦-杉本戦(NHK 囲碁と将棋)

 

「鈴木大介八段「木村さんと行方さんは親友同士だそうですが、それで木村さんはあんな指し方をしますかね」」への2件のフィードバック

  1. ボードゲームのデザインをされている知人が、ご夫婦ともゲーマーの方をお迎えして多人数ゲームの卓を囲むのは実はしんどいと語ってくれたことを思い出しました。紳士淑女であるほど相方に対してとりわけ辛い手の応酬となり、他のプレイヤーがいたたまれない思いをするほどだそうです……。

    1. Brittyさん

      そうなんですね。どのような心理からそうなるのか興味深いですね。

コメントを残す