「王将の水」

将棋世界1981年2月号、「千駄ヶ谷駅に駒形の水飲み台」より。

 将棋会館近くの国鉄「千駄ヶ谷駅」のプラットホームに石造りの大きな将棋の駒のデザインで水飲み台が完成した。将棋連盟の協力によって造られたもので、駒の表面には王将(大山十五世名人書)の文字、裏面に千駄ヶ谷駅の由来が彫ってある。愛称「王将の水」と呼ぶことにしたという。12月25日に除幕式が行われた。

——–

JR千駄ヶ谷駅ホームの王将の水飲み台は1980年12月25日に除幕式が行われた。

将棋文化検定の問題にさえ出なさそうな超マニアックな記念日。

ちなみに1980年12月は、ジョン・レノンが8日に、 ケンタッキーフライドチキン創業者カーネル・サンダースが16日に亡くなっている。

——–

JRが国鉄だった時代。これを見ると、国鉄から日本将棋連盟に協力依頼があってできたものであることがわかる。

Wikipediaの千駄ヶ谷駅の項には、

1980年(昭和55年)12月:ホームに将棋の駒のオブジェ設置(日本将棋連盟より寄贈)。

と書かれているが、

  • 水飲み台に”設計協力 社団法人 日本将棋連盟”と彫られており、寄贈なら”設計協力”ではなく”寄贈”となっているはず。
  • この頃、関西将棋会館建設のために精力的に募金活動を行っていた時期であり、その最中に水飲み台とはいえ寄贈するのは空気的にやりづらい時期。
  • そもそも寄贈したのなら、将棋世界にも寄贈したと書いているはず。

ということで、主体は国鉄で、日本将棋連盟が設計協力と思われる。

——–

Googleで「千駄ヶ谷駅 王将の水」で検索しても「王将の水」という言葉は出てこない。

当初は愛称「王将の水」だったものが、その後長い時間をかけて愛称が風化していったものと思われる。

国鉄がJRに変わった時も、国電がE電と呼び変えられたが、あっという間に誰もE電と言わなくなった。

愛称は難しい。

 

 

第66期王将戦第5局対局場「佐渡グリーンホテルきらく」

郷田真隆王将に久保利明九段が挑戦する王将戦、第5局は新潟県佐渡市の「佐渡グリーンホテルきらく」で行われる。

棋譜中継毎日IDの登録が必要)
中継ブログ

佐渡グリーンホテルきらく」は加茂湖を望む椎崎の高台に建つホテルで、毎朝漁協で仕入れる海の幸を使った料理と露天風呂が自慢。

icon
icon

〔佐渡グリーンホテルきらくの料理〕

佐渡近海の海の幸を使った料理が中心。

また、女将の実家が牡蠣の養殖をやっているということで、牡蠣は新鮮で格安。

メニューの例は次の通り。

サザエつぼ焼き 800円
あわび踊り焼き 2900円
殻付カキ蒸焼き(11月~4月) 1500円
カキ土手焼(11月~4月)600円
イカそーめん 1000円
イカ陶板焼き 800円
牛鉄板焼き 800円

〔昼食予想〕

海鮮系が続くと思われる。

予想は次の通り。

郷田真隆王将
一日目 海鮮丼
二日目 ちらし寿司

久保利明九段
一日目 にぎり寿司
二日目 海鮮丼

—————-

icon
佐渡グリーンホテルきらくの甘海老盛り合わせ

icon