奨励会入会試験問題(1981年版)

将棋世界1981年12月号、「昭和56年度奨励会入会試験」より。

 今年度の関東奨励会入会試験は10月14、15日および21日に将棋会館で行われました。受験者数は昨年の記録をあっさり更新し関係者を驚かせる一幕もありました。この問題は14日に出題された筆記試験、第一問は比較的やさしく受験者もスラスラと解いていましたが、第二、第三問と進むうちにピタッと筆が止まり腕組みして考える者も……。ちなみに受験者数75名中100店満点は2人、平均は72点でした。制限時間は60分。さあ、あなたは何点取れる?

第一問 知識問題

1.現在のタイトル名と保持者名を漢字で書きなさい。(10点)例(名人=中原誠)

(   )(   )(   )(   )(   )

2.(  )内をうめて格言を完成させなさい。(10点)

(   )は近づけて受けよ。
(   )八手の得あり。
 歩越し銀には(   )。
 金銀の逆形(   )。
 開戦は(   )。

第二問 詰将棋(①…10点 ②…15点)

第三問 次の一手(共に先手の手番 ①…15点 ②…15点)

 

第四問 読みの問題(25点)

2図を盤面に書きなさい。

1図よりの手順
▲2五歩△同飛▲6三銀成△同銀▲5四歩△5五歩▲同飛△4四銀▲5三歩成△同銀▲3四銀△2一飛▲2三歩△4六歩▲同歩△5一角▲5三飛成△同金▲3三銀成△2八飛▲4五桂△5四金▲2二歩成(2図)

—————-

この年の奨励会入会試験(東京)は、75名が受験し20名が合格。(前年は59名が受験し20名が合格)

先崎学少年(11歳)が3度目の受験で5級で合格している。

この期で四段以上になったのは、先崎学九段、中座真七段、岡崎洋六段、関西では阿部隆八段。

——–

第一問の1。

正解は、

十段=加藤一二三
王将=大山康晴
王位=中原誠
棋聖=二上達也
棋王=米長邦雄

リアルタイムなら易しい問題だが、今なら超難問。

——–

第一問の2。

正解は、

(大駒)は近づけて受けよ。
(玉の早逃げ)八手の得あり。
歩越し銀には(歩で対抗・歩で受けよ。どちらも正解)。
金銀の逆形(無筋なり)。
開戦は(歩の突き捨てから)。

金銀の逆形無筋なり、は意外と知られていない格言。

金銀の逆形筋悪し、と言ってしまいそう。

——–

第二問①。

▲3一銀不成△2一玉▲1二角△1一玉▲2二銀成△同玉▲2三歩△1二玉▲3二飛成△1一玉▲2二竜まで11手詰。

第二問②。

▲1三角成△同玉▲2五桂△1二玉▲2一飛成△同玉▲2二銀△同玉▲3四桂△3二玉▲3三金△3一玉▲2二桂成まで13手詰。

2題とも、言われてみればそうだけど絶対にこんな手は思い浮かばない、と言いたくなるような手数の割には難しい問題。

——–

第三問①。

▲6三角不成が正解。

△同銀なら▲8三桂△同銀▲8二金以下後手玉は詰む。

▲6三角不成のところ▲6三角成としてしまうと、△2七香不成▲同馬△2八歩▲同馬△同金成▲同玉△4六角▲2九玉△2七歩で必至。

▲6三角不成なら△2七香不成▲同角で、△2八歩と打てず後手は金縛り状態。

第三問②。

▲1七桂。

これしか助かる道はない。

——–

第四問

——–

先崎学少年の入会により、羽生世代の幕開けとなる。

羽生善治三冠、森内俊之九段、佐藤康光九段、郷田真隆王将などが入会するのはこの翌年のこと。

将棋世界のこの号の「棋友ニュース」の八王子将棋クラブの欄には、「11歳の羽生善治君五段昇」と載っている。

 

 

将棋関連書籍amazonベストセラーTOP30(2017年3月11日)

amazonでの将棋関連書籍ベストセラーTOP30。