2017-08-20

読む

他の業界でも立派にやっていけそうに見える棋士とそうではない棋士

将棋世界1980年4月号、倉島竹二郎さんの「-想い出の名棋士- 名匠塚田正夫の終焉」より。  かつて、無類の愛棋家だった文豪菊池寛氏は、若き日の木村義雄十四世名人を評して 「木村義雄君は、軍人になれば名将に、学者になれば博士に、会社...
タイトルとURLをコピーしました