2017-08-22

読む

石田和雄八段(当時)「この将棋は、森九段がその持ち味を十二分に発揮した名局ですね。この棋譜を名を伏せて並べても、後手番を持って指したのは森九段だ、と分かります」

将棋世界1988年10月号、第29期王位戦七番勝負〔谷川浩司王位-森雞二九段〕第4局「タイトル戦を斬る ―真髄を見せた森将棋―」より。石田和雄八段(当時)と青野照市八段(当時)の解説。 石田 これまでの戦いぶりから見ても森九段はとにかく将...
タイトルとURLをコピーしました