佐藤康光二冠(当時)「特に丸山さんには”おお”と思うことが多かった」

将棋世界2003年3月号、「棋士たちの真情 天運、天性、天命 ―佐藤康光棋聖・王将」より。記は松本治人さん。

 佐藤は「名人は選ばれてなるもの」と言い切る。

「竜王、名人に限らず、タイトルは選ばれるものだと思います。人間性や風格ではなく”技術”で選ばれる。一年ごとに。タイトル戦に出ると香一枚強くなる。しかしストレート負けすると棋士寿命を縮める恐れがある(笑)」

 昨年は7大タイトルのうち、4つのタイトル戦に挑戦した。

「羽生さんとの王将戦、棋王戦は面白いシリーズで、対局者として意義があった。いろいろな将棋が指せ、三間飛車などで新しい手を思いつく楽しさがありました」「王座戦では羽生さんの調子は明らかによくなかったと思います。羽生さんが勝ったというより僕の方がミスして負けた。羽生さんが勝つパターンは大体そうなんですけれどね」

(中略)

 佐藤語録に「100年後に笑われる棋譜は残したくない」がある。

「30歳になってから意識するようになりました。将棋というのは何のために勉強するかというと、勝つための勉強もありますが、基本的には自分が強くなるための勉強じゃないですか。勝ち負けは大事ですが、それ以外には指した棋譜しか残らないわけです。本当は全てを本に書くように伝えたい。小説のように伝えたいんだけれど、将棋を知らないと理解してもらえないし、タイトル戦でも感動を持ってもらえないのが、ちょっとつらい」

 勝負のあり方は20年間で劇的に変わった。あるタイトル者は「大山先生は勝つことを最優先し、その局面での最善手は何かなどとは、あまり考えなかったのではないか」と指摘する。しかし現代は、それでは生き残れない。「今は最善手を理論的に求めていかないと、勝負にも勝てない時代」(羽生)。純粋な真理を求める気持ちは佐藤にも強い。データ的に勝率が悪く、プロも躊躇する角換わり腰掛け銀の後手番にも踏み込む。「米長先生が昔”矢倉は将棋の純文学”とおっしゃっていますけれど、僕にとっては角換わりです。名人戦の対谷川戦と対丸山戦であれだけ指しましたから。こういうことを言うのはおこがましいけれど、角換わりの将棋をあのタイトル戦で、ある程度前進させたという自負はありますね。発見が多かったです」

「特に丸山さんには”おお”と思うことが多かった。普通は自分がいちばん強いと思っているから、その後すぐ”その手は違うな”って感じるのだけれど、あの名人戦では”ああ、なるほど”と影響を受けたことがありました。谷川、羽生に感じる”なるほど”とは質が違っていました。僕の感覚の方がちょっと古いんですよ。新しい感覚をじかに感じ取れました」

 加藤一二三九段は羽生世代を「問題解決のスピードが速い」と評する。「例えて言えばA地点からB地点まで行くとき、一直線に行くスマートさがある。我々の世代は何度も繰り返し、やっとこの手は悪かったんだと納得して次のステップに進んだ」と言う。

「将棋を分析して自分なりのアイデアを出していく才能と、終盤の寄せを読むとか詰将棋を解くのが早いとかの才能とがあります。読みの早さというのは訓練だと思うのです。訓練を厭わないのも能力の一つです。しかし序中盤は、特に序盤がそうですが、空想というか、絵画を描くのに近い感じですね。その2つの強さがないと将棋は勝てないですよね」

 佐藤の探究心は対局後も続く。感想戦は時に3時間を超える。ある時、有望な奨励会員が控え室に来て「本当のことをずばり言ってくれる佐藤先生の感想戦が一番勉強になります」と感動した口吻で言った。

「あまり言いたくないんですけれど、相手によって作戦を変えるようになったのは最近かな(笑)。以前は無意識でしたが、今は意識的に変えることがありますね。ただ、自分の年齢としては純粋な方だと思っています(笑):

 昨年のタイトル戦の最中、佐藤は熊本へ移動する前日に森内と対戦した。午後11時に対局終了。しかし感想戦が終わったのは午前2時近く。途中、関係者が「明日早いでしょう」と促しても「フライト時間を忘れました」とトボケ続け、最善手の探索を続けた。帰宅の車中で森内は「本当に将棋が好きですね」と絞り出すような声で言った。

(中略)

 羽生は「昔のタイトル戦は、必ず最後は泥仕合になる。将棋の技術革新が始まったのは、ここ20年ほど。それまでは勝負技術の進歩だった」と分析する。

「いろいろ昔話を聞いていると”どうしたって最後は力でしょ”という風になるんですよ。まあ、実際そうなんですけど、それは要するに勝負をつけるものであって、将棋の本質からいうと違うわけです。一人で延々と考えるという勉強方法もありますが、やっぱり過去の歴史から学ばなければならない。極端に言うと、初手から全部掘り下げなければならない。そういう考えは今では当たり前だけれど、当時はなかった。僕らの世代が勝ってきた理由の一つは、そうした時代の変わり目にプロとしてスタートできたことがあるかもしれません」

(つづく)

—————

コンピュータソフトが非常に強くなって、棋士の指し手に影響を与えていると言われるが、もっと根本的で革命的な変化は、羽生世代の棋士が登場し始めた頃に起き始めている。

—————

「竜王、名人に限らず、タイトルは選ばれるものだと思います。人間性や風格ではなく”技術”で選ばれる。一年ごとに」

「タイトル戦に出ると香一枚強くなる。しかしストレート負けすると棋士寿命を縮める恐れがある」

「100年後に笑われる棋譜は残したくない」

「将棋というのは何のために勉強するかというと、勝つための勉強もありますが、基本的には自分が強くなるための勉強じゃないですか」

「勝ち負けは大事ですが、それ以外には指した棋譜しか残らないわけです」

「今は最善手を理論的に求めていかないと、勝負にも勝てない時代」

 

「将棋の技術革新が始まったのは、ここ20年ほど。それまでは勝負技術の進歩だった」

そのまま広告コピーで使えそうな談話が数多く含まれている。

—————

「明日早いでしょう」と促されて、「大丈夫です」「平気です」ではなく「フライト時間を忘れました」と変なことを言って話をそらしているのが、微妙に可笑しい。

 

 

タイトル戦対局開始前の大爆笑

将棋世界1982年12月号、能智映さんの「棋士の楽しみ」より。

 王位戦の七番勝負は、挑戦者の内藤國雄九段が、中原誠王位を退け、10年ぶりに王位の座を奪い返して9月下旬に終わった。その第3局目、福岡の「山の上ホテル」での開始前の朝だった。名女優・イングリッド・バーグマンの死が新聞に報じられているのを見て、対局室の話題はしばらく沸騰した。

 関係者の一人が「うちの女房とそっくりなのに、惜しい人を亡くした」とひょうきんな口調でいえば、「どこらへんが似てるんですかね」と話題はどんどん進む。とにかく、この日の副立会人は板谷進八段だった上に、話術では棋界一の原田泰夫八段が正立会人だったので、ちょっとしんみりしがちな、こんな話も明るい方向へばかり進んで行くことになる。

 観戦記担当だった原田史郎氏(神戸新聞の中平記者)が論説委員で一面のコラムを担当しているので「わし、バーグマンのこと書きたかったのに、福岡へ来るのでほかの人に書くのを代わってもらってきたのでしゃあないわ」と口惜しそうにいえば、盤上に駒を並べ終えた内藤が「なにを書こうと思っとったんや」と聞く。

「それはおかしなネタを持っているんや」と中平記者は得意げに話し出す。この人はいつも得意になると、いつも口にくわえているマドロスパイプからプカプカ煙をはき出すおかしなクセがある。

「バーグマンはな、”誰がために鐘は鳴る”でゲーリー・クーパーと共演したときに名言をはいたんや。バーグマンもクーパーも鼻筋が通って、しかも高い。だからキスシーンの撮影の段になって、バーグマンはちょっぴり困ってしまったというんや。そして監督に聞いた言葉がかわいいんや。『私の鼻、どっち向けたらいいんですか?』だってさ。若い時分のバーグマンはよかったなあ!」

 中原も例によってにこにこ笑って聞いている。すると、内藤が中平記者の口元を指さして見事な質問をした。

「中平さん、あんたが奥さんとキスするとき、そのパイプは邪魔やないかあ。そんなときはどうしとんのや?」

 対局前の緊張した場面なのに、一同大爆笑である。だが中平記者も負けちゃあいない。またパイプからプカプカ煙をはき出して、こういってのけた。

「なあに、こんなもん口の右端にずらしといてすればええやないか!」

 奥さんとパイプと、いったいどちらを大事にしてるのか、変な人だ。だが、話はまだこれでは終わらなかった。感心したような顔をしながら、またまたいい返す。

「この前、芹沢さん(博文八段)が、中平さんについて『彼が論説委員になったんなら、論説委員なんて、誰でもなれるんだ』と悪口いっとったけど、パイプを右端に寄せてキスするというのはいい。さすがは論説委員や」

 この二人は年齢も一つしか違わず、大の仲良し。将棋指しと新聞記者はこんなふうに楽しい仲間付き合いをする。

「では―」と原田。「対局開始を忘れてしまっては困るからね」に、室内に緊張がみなぎる。

—————

中原誠十六世名人と内藤國雄九段の組み合わせ、正立会人が原田泰夫八段(当時)、副立会人は板谷進八段(当時)、観戦記者が中平邦彦さん、主催社担当が能智映さんと、人が揃ったということもあったのだろうが、今では考えられないような昭和のタイトル戦対局前の光景。

古き良き時代そのものと言えるだろう。

「うちの女房とそっくりなのに、惜しい人を亡くした」は、板谷進八段が言っていそうな感じがする。

—————

イングリッド・バーグマン は1982年8月29日、67歳で亡くなっている。

イングリッド・バーグマンというと、私が思い出すのは映画『カサブランカ』。

社会人になって3、4年目の正月、仙台の実家に帰っていて深夜のテレビを見ていたら何気なく流れてきた映画。

とにかく最後のシーンが格好良くて、見終わった後も余韻が長く続く映画だった。

—————

何の期待もなく、無意識にテレビを見ている時にいい映画と出会うことも、僥倖と言える。

大学の頃、日曜日の午後などにテレビで昔の映画を放映していることが多かったが、この時に見て「この映画はなんと素晴らしいのだろう」と思ったのが、高倉健・池部良の『昭和残侠伝』。

それまでは任侠映画・ヤクザ映画はイメージ的に大嫌いだったのだが、この時は物語に引き込まれ、終盤の展開には鳥肌が立つほどだった。

『カサブランカ』と『昭和残侠伝』のそれぞれのラストに共通しているのは「侠気」。

—————

視聴率などの関係もあり、テレビ各局の番組表から映画の時間ががどんどん無くなっていってから久しい。

ネットの発達により、昔の映画を安価に見ることができるメリットは非常に大きい反面、今まで良さを気づいていなかった映画との出会いは、自分で能動的に探しにいかなければならない状況に変わっている。

そういう意味でも、非常に多くの作品が年間定額見放題のAmazonプライムは個人的にとても重宝している。

とはいえ、一旦見てしまうと、ブログを書く時間が圧迫されることが悩ましいところだ。

 

 

 

2017年7月将棋関連新刊書籍

2017年7月の将棋関連新刊書籍。

〔8月以降の新刊〕

 

 

妥協なき感想戦

将棋世界2003年3月号、神崎健二七段(当時)の「本日も熱戦 関西将棋」より。

1月17日 感想戦特集

 阿部七段-久保七段、久保勝ち、井上八段-先崎八段、先崎勝ちの場合だけ久保のA級昇級が決まる。

 この日の検討の中心は、王位リーグ入りを決めている淡路九段と平藤六段。

(中略)

【23時6分 井上八段勝ち 芙蓉の間】

 井上、先崎ともに無言。先崎の前には、ミネラルウォーター、灰皿、タバコ、そしてメガネがポツンと置かれたまま。盤面は、穴熊に潜っていた先崎玉が8五で即詰みに討ち取られたまま。

「阿部先生残り40分です」聞こえるのは、隣の記録係の声だけ。隣の久保は上着を脱いで上体を前後に小さく揺らしている。阿部のほうはいつもの作務衣。

 下段の間からは「残り3分です40秒~」の記録係の秒読みの声。脇八段が元気な返事で「はい!!」。

 結局、駒はまるで動かされないまま。

「やめましょうか」。

 聞き取りにくい力ない声で、先崎がそれらしきことを囁き静かな感想戦は終了。

(中略)

【0時8分 久保七段勝ち 芙蓉の間】

「4図で▲1六角はなかったでしょうか?」と毎日中砂記者の質問。

阿部「それは△1四歩▲4八飛△1五歩▲4九角△3九金でだめでしょ」。

「そんな手はありえないでしょ」と続く。

 数時間前、控え室では、その質問にはバッサリとそういう返答があるということを皆で予想していたので、感想戦を聞きにいっていた一同少し顔を見合わせる。

(中略)

【0時51分 浦野七段勝ち 御下段】

脇「あーあ。逆王手をうっかりしてしもた」

(中略)

【1時19分 中村八段勝ち 御下段】

中村「一回わざと手損してから、仕掛けられてたら、こっちが浮き駒できるのでイヤでした。やりにくいとは思ったんだけど」。

南九段「……」

1時30分 御下段

 二転三転の泥仕合の感想戦。

浦野「最悪千日手だったのが、一転して、千日手にさえできない形勢になってしまった」

 全局終了したことがわかったせいか、芙蓉の間からも感想戦の声が聞こえてくる。

阿部「それはさすがに、マンガの見すぎやろ。そんな手はないでしょ。ワハハハハハハハ」。

【1時35分 久保七段勝ち 芙蓉の間】

(毎日中砂記者に向かって…)

阿部「結論が出ました。この順がもっとも明快でしたね」

久保「そういうことにしておきますか」

阿部「終わっている」

久保「終わりという局面ではないでしょ。やれば大変なんですよ」

 久保もそう素直には譲らない。

 阿部、少しムカッとして、さらに感想戦は果てしなく続く。それを眺めて、時々質問する淡路。

 久保がマジック1としたこの一局は近々毎日新聞に掲載される予定。

1時50分 御下段

脇「ああやっても勝ちこうやっても勝ち。何で負けんねん。こ、これを…!?」。

「こういうふうに次の一手喰らってしまったんや」と平藤に説明する脇。

 ▲7二竜に対しての△8五桂(7図)が浦野の次の一手。▲同歩に△8八歩成。これで、▲6三竜には△5三角が逆王手となる仕掛け。B級2組、19期目にして脇に初の降級点がついてしまった。

【2時過ぎ

脇-浦野 ぼやきの感想戦。

阿部-久保 意地の感想戦。

南-中村 静かな感想戦。

昇級や降級、降級点を巡る戦いも2月と3月の残り2局。

—————

将棋世界同じ号、田丸昇九段の「えぴろーぐ(編集後記)」より。

 第15期竜王戦七番勝負が決着しました。歴史に残る大激闘だったと思います。本誌は今月号で阿部七段が勝ち越した天童の第5局から、羽生竜王が逆転防衛した鳥羽の第7局まですべて取材。

(中略)

 羽生竜王の就位式が1月下旬に開かれました。こうした席には敗れた棋士は出席しないのが常です。だが阿部七段は大阪から駆けつけて、勝者に惜しみない拍手を送りました。将棋と同様に生き方にも、美学を感じさせる人です。

(以下略)

—————

午前2時過ぎまで続けられた感想戦、それぞれの棋士の個性が十二分に発揮されている。

7図の△8五桂も、詰将棋の名手・浦野真彦八段ならではの、逆王手がからんだ受けの妙手。

挑戦者となって羽生善治竜王(当時)にフルセットで敗れた阿部隆七段(当時)。

感想戦でも就位式でも、筋を通すことが貫かれている。

 

 

将棋関連書籍amazonベストセラーTOP30(2017年7月29日)

amazonでの将棋関連書籍ベストセラーTOP30。