2018-02-15

読む

芹沢博文八段(当時)「ちょうどいいところだった。どこかへ行こうじゃないか」

将棋マガジン1984年1月号、川口篤さん(河口俊彦五段・当時)の「対局日誌」より。 午後3時  昇降級リーグ戦2組の対局美である。5回戦まで進み、板谷、前田、佐伯、芹沢といった全勝者が登場する。  顔ぶれを見ればみな一癖も二癖...
タイトルとURLをコピーしました