あまりにも柔軟な奨励会員

将棋マガジン1984年12月号、吐苦迷棋坊さんの「第43期名人戦挑戦者決定リーグ戦」より。

 今期リーグ戦の行方をかけた大事な一番、米長王将対中原十段戦。不調不調と言われがちな中原ではあるが、序盤巧者の米長(?)が相手ということもあり、1図では早くも策戦勝ちをおもわせた。

 ここで△6五歩と歩を交換し△7三桂の形にすればはっきり策戦勝ちと控え室の声。ところが、中原の指した手は△8三飛。これを見ていた奨励会員などは「香にひもをつけ次に△6五歩から△7三桂を含みにしたすばらしい手だ」などと感心して見ていたのだが、すかさず米長に▲4五歩と仕掛けられ△6五歩から△7三桂が指せなくなってしまった。

 この辺を同じ奨励会員に聞いたところ「△8三飛のような手は本来非常にあぶない手なのですよ。中原先生もこんな手を指すようでは調子がおかしいですね」この変わり様。なんてお調子者なんだ。

 そして2図。

 △2八歩と一本打つか、もう二つ歩を打ってから、取らねばならなかった桂をすぐに取った為、▲4六歩以降一方的にやられてしまった。強く読みの正確であった中原はどこへいってしまったのか。

* * * * *

中原誠十六世名人が絶不調の時期。

十段と王座の二冠を保持していて不調と言われていたのだから、中原十六世名人がいかに凄かったかがわかる。

* * * * *

吐苦迷棋坊さんに「お調子者」と書かれた奨励会員が、14歳の先崎学1級(当時)だったら、らしくて面白い。

しかし、この当時は個性派奨励会員が揃っていたので、この奨励会員が先崎1級ではない可能性も高い。

* * * * *

あることがきっかけで中原誠十六世名人は不調を脱する。

それはこの2ヵ月ほど先のこと。

そのことについては、また数日先に。

 

 

将棋関連書籍amazonベストセラーTOP30(2018年3月31日)

amazonでの将棋関連書籍ベストセラーTOP30。

 

 

加藤一二三王位(当時)の、話半分でも凄い話

将棋マガジン1985年2月号、第11回名将戦決勝三番勝負〔加藤一二三王位-内藤國雄九段〕第2局観戦記「加藤、絶妙手で決戦へ」より。

 加藤の奇行は定評のあるところだが、先日、またおもしろい話を耳にはさんだので紹介しよう。

 東京将棋会館の1階に、将棋関係の本を売っているところがある。そこに加藤が上機嫌であらわれ、本を2冊ほど買ったという。

「ありがとうございました」と言う間もなく、加藤は鼻歌まじりで、またフラフラと本棚の方へ近寄り「これも、もらおうかな」とまた2~3冊の本をカウンターに置いた。それを包み終える間もなく「あ、これも」と10冊。「これも、いいなぁ」でまた10冊。とうとう置き場がなくなり、台車を持ち出して、ドッサ、ドッサと本を積み始めたという。加藤の気が済んだ頃には、職員も加藤も汗だく。一日で買った本の数なんと210冊。加藤の帰ったあとの本棚は、まるでイナゴの大群にでもおそわれた跡のようだったという。

(以下略)

* * * * * *

このような伝聞の場合、途中で話が盛られて、実際の冊数よりもかなり多くなりがちであるが、仮に倍に盛られていたとしても105冊だから凄い。

* * * * * *

105冊も210冊も300冊も400冊も、想像を絶する冊数なので驚きの度合いはあまり変わらない。さすがに500冊を超えると驚きも次の段階に入るが、何冊以上だと凄いと感じるのか考えてみた。

10冊は持って帰ることができるので、これはニュースにならない。

20冊も、まあ好きな人ならあるだろう。

30冊も、かなり好きな人ならあるだろう。

40冊あたりから微妙になってくる。

50冊なら驚きたい。

45冊ならどうか。

微妙だ。

50冊以上が驚きの分岐点のような感じがする。

四捨五入の感覚が無意識に出てくるものなのかもしれない。

 

 

第43期棋王戦第5局対局場「東京・将棋会館」

渡辺明棋王に永瀬拓矢七段が挑戦する棋王戦第5局は、東京都渋谷区の「将棋会館」で行われる。→中継

渡辺明棋王の昨年の棋王戦第5局および2017年度の東京将棋会館での昼食実績は次の通り。(将棋棋士の食事とおやつのデータによる)

2017年棋王戦:「ふじもと」のうな重(竹) ○
「ふじもと」のうな重(梅)1勝0敗
「みろく庵」のすき焼きうどん 2勝0敗
「紫金飯店」の豚肉と野菜と春雨の中華風すき焼き 0勝1敗
「とんかつふじもと」のミックスフライ定食 1勝2敗
「とんかつふじもと」のロースカツ定食 0勝1敗

永瀬拓矢七段については2017年度のデータがないので、2016年度の昼食実績から。

「千寿司」の特上にぎり寿司(さび抜き) 納豆巻(さび抜き)7勝1敗

〔昼食予想〕

予想は次の通り。

渡辺明棋王:うな重(竹)

永瀬拓矢七段:特上にぎり寿司・納豆巻

 

 

加藤一二三王位(当時)の驚異の記憶力

将棋マガジン1985年3月号、「公式棋戦の動き」より。

 この加藤。最近、古い自分の対局写真を見せられたとき、すぐに昭和✕✕年です、と答えた。すごい記憶力だと思っていたら、写真に写った局面を見ているのである。「あの将棋はこうやって、こうやって、ああやった将棋だから、うーんと△△戦の第○局目ですね」。

 なるほどと感心した。

* * * * *

写真だけを見て昭和✕✕年とわかる方が凄いのか、写真に写っている局面を見て昭和✕✕年とわかる方が凄いのか、といえば、やはり局面を見て「あの将棋はこうやって、こうやって、ああやった将棋だから、うーんと昭和✕✕年の△△戦の第○局目ですね」の方が凄いと思う。

* * * * *

加藤一二三九段は複数の将棋雑誌で自らの名局を解説する連載を持っていたが、それは1990年代以降のこと。

そのような連載を持っていれば過去の棋譜を調べることが多くなるので、局面を見ただけでいつの対局かすぐに思い出せるようになるかもしれないが、この話はそれよりも前の出来事。

* * * * *

棋士は「過去の自分の対局の棋譜を覚えている」派と「過去の自分の対局の棋譜は覚えていない」派に分かれる。

「過去の自分の対局の棋譜を覚えている」派でも、加藤一二三九段は✕✕年の△△戦の第○局目までリンクしているのだから、完全無欠な「過去の自分の対局の棋譜を覚えている」派と言えるだろう。

* * * * *

「過去の自分の対局の棋譜を覚えている」派と「過去の自分の対局の棋譜は覚えていない」派の棋風の違いなどが分析できれば面白いのだろうが、とても難しそうだ。