升田幸三実力制第四代名人の名局になるはずだった一局

昨日からの続き。

将棋世界2004年12月号、真部一男八段(当時)の「将棋論考」より。

画竜点睛を欠いた一局

昭和43年12月2日
A級順位戦
▲九段 升田幸三
△八段 山田道美

▲7六歩△8四歩▲7八銀△3四歩▲6六歩△6二銀▲6七銀△4二玉▲7五歩△8五歩▲7七角△3二玉▲7八飛△6四歩(1図)

 早指しの升田だが本局では珍しく小刻みに時間を使っている。

 相手が当代随一の研究家であり理論的な振り飛車退治で知られているから升田も慎重なのだろう。

 ▲7五歩はちょっとした変化球であるが、升田はこの手もよく指している。

 ▲7八飛には3分の消費だが、▲8八飛も得意型だからどちらにしようかな、といったところ。

 △6四歩は▲6八角には△6五歩を用意した石田流拒否の作戦だが、時代を思わせる一手で、現代では△3三角から△2二玉-△1二香とする左穴熊が圧倒的に多い。

 いつも思うのだが、升田であればその作戦に対していかなる指し回しを見せてくれたであろうか。

(中略)

 △7四歩と早くも後手から戦端を開いた。山田としては金銀は低く構えたまま、軽く飛、角、桂を捌くつもりである。

2図以下の指し手
▲8八角△7五歩▲6八金△9五歩▲6七金△7三桂▲4五銀△6五歩▲同歩△8八角成▲同飛△2二角▲9八飛△8六歩(3図)

 ▲8八角で▲6五歩は無理で以下△7七角成▲同飛△7六歩▲7八飛△2二角で先手不利。飛車交換は先手有利だから△7五歩は当然。△7三桂に▲7六歩は△8六歩▲同歩△8四飛▲7七角となり、これもあるが、やや重い指し方だ。

 それよりも本譜▲4五銀からの先手の駒運びが実に鮮やかで、いかにも升田将棋を見せられた気がする。

 とはいっても3図は飛車が蟄居して先手が苦しそうに見えるのだが……。

3図以下の指し手
▲同歩△8四飛▲5六角(途中1図)

途中1図以下の指し手
△8六飛▲3四銀△5五角▲7七金(途中2図)

 ▲5六角が角使いの升田の面目躍如、本局随一の妙角であった。

 △8六飛にかまわず▲3四銀と進む。△8九飛成には▲2三銀成△4二玉▲2二成銀△同銀▲5五角△3三歩▲8八飛で先手優勢。△5五角は仕方なかった。

 返す刀で▲7七金、これでぴったり受かっている。

途中2図以下の指し手
△8四飛▲2三銀成△4二玉▲7四歩△同飛▲8八飛△8五歩(4図)

 後手は口惜しいが△8四飛と退却する他なかった。

 そこで初めて▲2三銀成として、後手陣の一角を食い破った。

 ▲7四歩からの捌きもまた見事で、本局の升田は冴えわたっている。

4図以下の指し手
▲6八飛△7六歩▲6六金△4六角▲6七飛△7七歩成▲同桂△7六歩▲7五歩△7七歩成▲同飛△5四飛▲4七銀△7六歩(5図)

 危ないようでも▲6八飛から▲6六金がうまい。△7七歩成とくれば▲7五歩△6八と▲7四歩△6六角▲7三歩成△同銀▲7一飛で先手勝つ。

 △4六角に▲6七飛も軽妙で、ここを▲7五歩△5四飛▲5八金とすれば手堅いが、升田はそんな凡庸な手を選ばない。

 だが、先手玉には△3六桂の王手があり危険に見えるが、そこは升田に抜かりはなく相手の太刀先の届かぬことを見切っているのだ。

 ▲4七銀で後手の角が窮屈になってきたが、山田も負けてはおらず、△7六歩の軽妙手で切り返し、見応えのある将棋になっている。

5図以下の指し手
▲6七飛△3五角▲3六銀△4四角▲4五銀△7七歩成▲6九飛△7八と(途中3図)

 ▲7六同金は△5五角だから▲6七飛とするが、後手は桂頭の弱点を先を取りつつしのいだ。

 しかし角の始末に困っている。△3五角▲3六銀と追撃し、行き場がない(△4六角は▲4七歩)やむない△4四角に▲4五銀と両取りに出て、敢えて桂損した升田の遠大な構想が遂に完成した。△7七歩成は利かされるが、▲6九飛で何事も起きない、はずであった。

途中3図以下の指し手
▲4四銀△同飛▲7八角△6八銀▲5五金△6九銀不成(6図)

 ここに至って初めて升田の心に緩みが生じた。△7八とに僅か1分の消費で▲4四銀と角の方を取ってしまったのだ。

 △同飛に▲7八角が手順前後で、△6八銀の勝負手が生じて、形勢は俄にもつれ始めた。戻って、▲4四銀では黙って▲7八同角と取っておけば升田の名局が完成していただろう。△5七飛成には▲4四銀から▲2四角の王手竜があり、後手は身動きがとれなかったのである。

 それでも形勢は先手が良いのだが、決め手を逃した動揺が升田の集中力を削ぎ始める。

6図以下の指し手
▲4四金△同歩▲6九角△6八飛▲5八銀△6五桂▲6一飛△5一金寄▲9一飛成△3六歩▲同歩△6九飛成▲同銀△5五角(7図)

 ▲6一飛は次に▲4三歩を見ている。

 △7一金には▲2四角△3三歩▲同成銀△同桂▲同角成△同玉▲4一飛成で先手が勝つ。後手も△3六歩とイヤ味を衝くが強く▲同歩と取り、王手竜を食うのは折り込み済み。

7図以下の指し手
▲3七角△4六金▲3五飛△9一角▲3一飛成△同玉▲4六角△同角▲3七銀△同角成▲同桂△4二玉▲3一角△4三玉(8図)

 ▲3七角で受かっている、ここまでは良かったのだが△4六金に▲3五飛がトンデモナイ大錯覚の一手であった。

 いかなる錯覚か、升田は手駒の香を桂と勘違いしていたのだ。これは升田が脳内の盤を見て考えている証拠である。

 眼で見ているならば駒台の香と桂を見間違える訳はない。

 ▲3五飛もたった1分で指している。決め手を逃し動揺し、それが焦りを呼んで集中力を欠き、前頭葉に描かれた図が不正確になっていたのであろう。△9一角とタダで取られてはさすがに逆転した。▲3一飛成△同玉となり駒台を見て初めて桂のないのに気づき升田は飛び上がったろう。

 ▲3五飛では平凡に▲9四竜で、はっきり勝っていた。また、▲3一飛成でも▲4八香とすれば△3七金▲同桂△4一金▲6五飛でまだ戦えた。

 本譜はもうダメにしてしまった。

(中略)

 最終図からは▲6九玉には△5八香成以下容易な並べ詰めとなっている。

 本局、▲5六角の構想が目を瞠る鮮烈さで見る者を升田ワールドに引き込み、その後も敢えて桂損して角を捕獲するなど、余人には為し得ない見事な駒操きであったが、勝ち筋に入った途端の気の緩みからきたのであろう小ミスが尾を引いて、後の大ミスにつながってしまう。

 それが升田らしいとも云えるのだが、月並だが画竜点睛を欠いた一局と惜しまれる。

—————

▲5六角(途中1図)が、升田幸三実力制第四代名人にしか打てないような名角。

まさしく遠大な構想。

攻めては▲3四銀から▲2三銀成を可能にし、受けては▲7七金(途中2図)の驚異的な味の良さ。

—————

90対10だったものが55対45になると、90→55になった方が悲観的になってしまう。

例えば、50万円の株を買って、90万円まで株価が上昇したのに翌週には55万円まで下落してしまったような場合、実質的には5万円のプラスであるにもかかわらず、心理的には大損してしまったような気持ちになるものだ。

このような状況では、冷静な判断をすることが難しくなる。

—————

負けと思ったら勝つことはできないけれども、比較的早いタイミングで勝ちと思っても勝つことができない、これが将棋の魔性というものなのだろう。

 

 

高名な数学者が語った「将棋でポカが出る理由」

将棋世界2004年12月号、真部一男八段(当時)の「将棋論考」より。

 将棋にも造詣の深かった数学者の故・岡潔氏はこう云っている。

「たとえば大山さんが将棋を指すとする。そとに現れるのは指し手だけである。しかし一手の背後には多くの変化が読まれている。将棋が指し進むとともに、この変化の数は非常な数に上る。これがよって将棋の情勢を形成している。これは無形の総合像である。この総合像はもちろん、大山さんの前頭葉の画布に描かれるのであるが、これは大山さんがその将棋を指している間中消えず、絶えず成長しつづけるのである」

 ポカは集中の途切れた刹那に発生しやすい。

 こういうことがあった。苦戦の将棋を耐えに耐え、ようやく勝ち筋に入ったなと感じた直後、銀を只捨てるというポカを指してしまい、頭に血が上って投了してしまった。ところが終局後相手に投げた局面でもまだこちらが有利ではないかと指摘されて、呆れ返った覚えがある。

 これなどは有利になってふっと気が緩んだ瞬間に前頭葉に描かれてた映像が消えてしまい、眼に映った断片的な一手を指してしまったと云えるのではないだろうか。

 岡氏はこうも云っている。

「升田さんの将棋は天才型である。だからしばしば、胸のすくような攻めを見せて喜ばせてくれるが、ときどき天才にありがちなポカもやる。それも後一手か二手で勝ちという寸前によくやる。升田さんの棋譜からそんなのを捜し出すことは容易なことだと思う。それを並べてみてほしい。中略。もう勝ったと思って気を抜いた瞬間、その像(前頭葉の総合像)が消えたのであるが、升田さんはそれに気付かないで、同じつもりで指したから、こういう結果が出たのである」

(つづく)

————–

集中力は、クリップボードと同じようなものかもしれない。

電源が切れれば無くなるし。他のものをコピーや切り取りすると内容が置き換わってしまう。

体力がなくなれば集中力が途切れるし、勝ちが見えて終わったら飲みに行こうと考えた瞬間に、集中力がどこかへ行ってしまう。

—————

羽生善治竜王が「勝ちになったと思ったのはどの手からですか?」と問われて、終局数手前(ほとんど相手の玉の詰みが確定している)の局面を答えることが多いのも、自然と身についた、勝ちと思った瞬間にポカを出さない制御システムなのだと思う。

—————

外で遊んでいるうちに転んで怪我をした子供が、家に帰るまでの間は気丈に振る舞っていたのに家に着いた途端に泣き始める、といったことがある。これも緊張感が緩んだから起こる人間の感情の現われ。

—————

明日はこの続きで、升田幸三九段の実戦譜。

いかにも升田流の角打ちの名手が出て優勢になるが、勝ちを意識したであろう途端に悪手が複数出て、升田九段が敗れてしまうというもの。

 

 

升田幸三九段「きょうは名人になりそうな人が、めずらしく来ておりますな」

将棋世界1980年10月号、「メモ帖より」より。

将棋まつりの升田九段

 日本橋東急(東京)の第14回将棋まつりに升田九段が出場、満員の観客に講演して大拍手を浴びた。

「きょうは名人になりそうな人が、めずらしく来ておりますな」

 というのは、その日の席上対局者、青野七段と谷川六段を指しているらしい。

「姿勢の良い人が名人になる傾向があります」

「先手後手、駒を並べてこれから指すという時、玉飛角金銀桂香を取り払って歩だけにすると、先手必敗。現実の将棋ではかえって先手がいくぶん有利というのは、先手に手順の組み合わせや選択の権利が強いからでしょう。このことを関西でこの間、話したら、内藤九段もびっくり、ポカーンとして聞いておった」

 はては歴代総理大臣を毒舌のやり玉にあげたり、北方領土をソ連から返してくれるようにするには、などと、怪弁、快弁、とどまることを知らなかった。

—————

夏の将棋まつりで升田幸三九段の講演を聞くことができた時代。

「先手後手とも歩を9枚だけで戦うと後手必勝」という話は、升田幸三実力制第四代名人が元祖ということになる。

ソ連がロシアになる11年前のこと。

非常に貴重な講演だ。

—————

引っ越し作業の苦痛から逃れるかのように、1月は過去のテレビドラマを集中して観ていた。

昨年の暮からだが、「古畑任三郎」シリーズを全て、1月になってから「北の国から」シリーズ全作、そして「不毛地帯」全19話。(全てフジテレビオンデマンドで)

1月20日のブログ記事「幻となった映画『真剣師 小池重明』」で、

遠藤憲一さんは大好きな俳優だ。私が遠藤憲一さんの存在を初めて知るようになったのは、2009年のフジテレビ系ドラマ『不毛地帯』の予告編を見た時から。

と書いたが、私は「不毛地帯」の本編を見ていなかった。

そういうわけで、一度見てみようと思い第1回を見たら、ついつい惹き込まれて、3日間で最終回(19回)まで一気に観てしまった。

引っ越し作業から逃れたいというエネルギーには凄まじいものがある。

それはともかく、「不毛地帯」は終戦後シベリアに抑留されていた商社マンが主人公の、山崎豊子さん原作のドラマ。

当時は視聴率が良くなかったということだが、重厚な非常に良いドラマだと思った。

私の亡くなった父もシベリア抑留組だが、そのようなことを抜きにしても興味深かった。

—————

1991年にソ連が崩壊した時、私が最初に考えたことは「映画の007シリーズをこれからは作りづらくなるのではないか」ということだった。

もっとも、当時一緒に仕事をしていた大学の経済学部の先生によると、それよりも困っていたのがマルクス経済学の先生たちで、多くの人が計量経済学に転向しているということだった。

 

 

森信雄七段の子供の頃の得意戦法

将棋世界1998年7月号付録「全棋士出題次の一手 PART2 子供の頃の得意戦法」より、森信雄六段(当時)。

●ヒント●

手の善悪より元気のいい手です。ともかく無理でも何でも攻めました。

—————

●解答● 

▲9五歩

 対振り飛車にはこの戦法(?)をよく使いました。△9五同歩▲同銀△同香▲同香と攻め、△9三歩に▲9九香△8四銀▲6六角(変化図)で、勝ったような気分でした。

 無理攻めと受けそこないが真相ですが、当時からのクセは今も治っていません。

 子供の頃は年間成績と棋譜を付けており、それを見て、あまり今と変わらず呆れます。

 ただ、1週間たって頭の中だけで付けていたので、記憶力は今と歴然と差があります。

 途中から、むしろ詰将棋が好きになり、こちらもノートにいっぱい駄作集があり、どちらも愛着があり、なつかしい。

—————

美濃囲いに対する棒銀は、私のような振り飛車党からすると、精神的にかなり嫌な攻められ方だ。

無理攻めとはわかっていながらも、指されるといつも負けているような感じがする。

—————

森信雄七段に宝塚市特別賞が贈呈されることが決まった。

映画「聖の青春」主人公の師匠、将棋の森信雄七段に宝塚市特別賞(産経新聞)

1月25日 26日の日記(森信雄の日々あれこれ日記)

宝塚市特別賞は、スポーツや文化などの分野で功績のあった宝塚市在住あるいは出身の個人や団体に贈られる。森信雄七段で7人目となるという。

これまでに受賞した、サッカー日本代表の岡崎慎司選手はW杯南アフリカ大会での活躍、プロ野球の山田哲人選手はトリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)の達成、囲碁棋士の石井邦生九段は史上21人目の公式戦通算1000勝を達成と、それぞれ記録の達成などのタイミングでの受章だったが、森信雄七段はこれまでの長年の実績に対しての賞。

本当に素晴らしいことだし、嬉しいこと。

—————

ところで、森信雄七段の家に1月11日からウサギの「ふーちゃん(歩ーちゃん)」が来た。

ふーちゃん(森信雄の写真あれこれ)

生後5ヵ月で頭が大きい体型で非常に可愛い。

ヨウムの金太郎とともに、ふーちゃんから目が離せそうにない。

 

 

2018年1月将棋関連新刊書籍

2018年1月の将棋関連新刊書籍。

〔2月以降の新刊〕