郷田真隆九段「さっぱりしていますよね」

将棋世界2005年7月号、第63期名人戦〔森内俊之名人-羽生善治四冠〕シリーズ前半を振り返る「面白くなる予感」より。佐藤康光棋聖と郷田真隆九段の特別座談会。

佐藤 9図で森内さんは△7六歩と突きましたが、一瞬危険ではないかと思いました。昔の森内さんなら△9三香と逃げてゆっくり勝ちにいくでしょう。

郷田 香を逃げるんですか。それでも投了してもおかしくないですね(笑)。

佐藤 しかし、本譜の△7六歩から連打も的確な攻めでしたね。△7六歩▲同銀△7七歩▲同金△7五歩▲同銀△7六歩▲7八金△7七銀。森内さんが少し焦っているように見えたのですが、△7七銀が厳しいですね。先手は▲6七金右と受けて10図。

10図以下の指し手
△3九竜▲4九歩△6五金▲7七桂△同歩成▲同金上△5五桂▲6六金直△7六歩▲同金寄△同金▲同金△6七銀 以下、森内名人の勝ち。

(中略)

佐藤 △3九竜と入った手が、この将棋で一番感心した手です。決めに行く手なので、私の感覚だと入りたくないんです。阿部八段は「勇者の手だ」と絶賛していました(笑)。先の△3四飛成といい、この△3九竜といい、森内さんは策を弄さないというか、指し手に潔さのようなものを感じました。

郷田 さっぱりしていますよね。

(中略)

―大熱戦でしたが、本局の森内名人の指し回しはいかがでしたか。

佐藤 先ほども言いましたが、男らしいというか、一貫した潔さみたいなものを感じました。

―羽生四冠についてはどうですか?

佐藤 この戦型を究めたいというか、結論を出したいという思いがあったんだと思います。本局は終盤でお互いかなり時間が残っていました。羽生さんは終盤で時間がなくてもスイスイ指す印象があるので、逆に時間がありすぎたのがかえって災いしたのかなという気がしないでもないですが(笑)。森内さんの指し回しが正確だったです。

郷田 この戦型は研究で決まる部分が大きく、レールの上に乗ってしまうと力の出しようがない展開が多いので意外でした。でも結局それでも難しくなって△4五角という非常に森内さんらしい手が出たところに今期の名人戦は面白くなる予感がします。

(つづく)

* * * * *

阿部隆八段の、昨日出ていた「△3四飛成と歩を取るしか考えられない」、今日の「勇者の手だ」が面白い。

森内俊之九段とは昔から仲が良いので、そのような思いもあったのかもしれない。

森内俊之八段(当時)と阿部隆六段(当時)

* * * * *

佐藤康光棋聖(当時)の「昔の森内さんなら△9三香と逃げてゆっくり勝ちにいくでしょう」「男らしいというか、一貫した潔さみたいなものを感じました」、郷田真隆九段の「さっぱりしていますよね」。

森内俊之名人(当時)の更なる進境著しいところ。

この期の名人戦は、フルセットまで行って4勝3敗で森内名人が防衛を果たしている。

 

タイトルとURLをコピーしました