藤井猛九段「佐藤さんの穴熊は、がっちり固まっているときはたいしたことはない。囲いが崩れると強くなるんだ」

将棋世界2005年5月号、河口俊彦七段の「新・対局日誌 A級順位戦最終局」より。

 最後に残った佐藤対藤井戦が、挑戦者を決める一戦となった。

 午前1時に近く、両者1分将棋になっている。そういうところで、藤井九段が決め手と思われる一手を指した。

8図以下の指し手
△9九竜▲3五桂△同歩▲2四香△同銀▲2三銀△同銀▲同角成△同玉▲4三竜△3三角▲3四金△2二玉▲2三銀△1一玉▲2四金△3七香(9図)

 すっぱり斬るのが藤井流。▲3五桂から▲2四香が狙い筋で、一気に殺到の場面となった。控え室の面々は、見事な寄り筋だ、と感心したが、私にはそう思えなかった。というのも、当の藤井九段があるとき「佐藤さんの穴熊は、がっちり固まっているときはたいしたことはない。囲いが崩れると強くなるんだ」と言っていたからだ。だから、玉をバラバラに崩されながら、何か反撃を用意しているような気がした。事実、△3三角と上がって受けたあたり、怪しげな雰囲気が生じてきた。

 佐藤棋聖もまた、正確と正反対のカチンと来る指し方を続ける。相手の言い分を知っていながら、平気で言いなりになっているところが佐藤流で、金の弱い人なら、▲3五桂のとき、△5三香と受けるなどしただろう。

 それはともかく、▲2四金と銀を取って決まっているかに見えるが、思わぬ順が生じていた。△3三角と受けた手が、金取りになって働きそうである。そこをにらんで△3七香と反撃を開始する。囲いを崩されてから強い、佐藤流の長所があらわれたのである。

 9図で藤井九段は▲2八玉と逃げて問題なし、と錯覚していて、△3九角以下簡単に詰まされてしまった。

 局後の検討で、9図で▲3七同玉と取り、△5五角▲4六香と受ければ詰みなしとわかった。ただし、その後△2二金打と受けて難しい。また9図で▲4八玉と逃げる手もあったようだが、いずれにせよ、8図からの流れからして、4二にいた角で5五金を取られる形など読んでいるはずがない。それを考えると、△5五角と王手で金を取られるようでは、先手が勝てない流れになっていたのである。

 終了は午前1時10分。ここで羽生四冠の名人挑戦が決まった。強烈な追い上げからして、順当な結果というべきだろう。

 順位戦は結果が出るまでは実におもしろいが、結果を知ってしまうと空しいものがある。

(以下略)

* * * * *

藤井猛九段が勝っていれば羽生善治四冠(当時)とのプレーオフとなっていた一局。

「佐藤さんの穴熊は、がっちり固まっているときはたいしたことはない。囲いが崩れると強くなるんだ」

佐藤康光九段らしい現象なのかもしれない。

せっかく穴熊を崩しても、そのあとに苦難の道が待っているのだから恐ろしい。

下の写真は、この一局が終わったあとの感想戦の時の様子。

激戦の雰囲気が伝わってくる。

将棋世界同じ号のグラビア、感想戦での佐藤康光棋聖(当時)。撮影は中野英伴さん・中野伴水さん。

* * * * *

囲いを崩されてから強い、ということでは木村一基九段も。

鈴木大介六段(当時)が次のように語っている。

「不思議なことに奨励会の頃から木村五段の玉は堅ければ堅いほど寄せやすく、逆に薄ければ薄いほど寄せづらい玉で、特に玉を裸にしてしまったら目が爛々と輝くのだから玉を堅める党の僕には理解出来ない所があった」

木村一基五段(当時)「世界一投げっぷりが悪く、相手は誰だろうと盤上では信用しない」

 

加藤一二三九段「私は対局中、よく『残り何分ですか』と記録係に尋ねることがある」

将棋世界2005年6月号、加藤一二三九段の「加藤一二三名局選」より。

 昭和41年か42年の王将戦七番勝負で私が大山王将に挑戦した時のことである。連敗して迎えた第3局は、私が早指しに切り替えたため、一日目から70手近く進んだ。

 午後3時頃、大山さんから丸田立会人を通して、「これ以上指し続けると一日目で将棋が終わるので指し掛けにしよう」という提案があった。大山さんにすれば、対局の流れを変えるという意図もあったのだろう。

 私は「このまま指しても一日目で終了することはありません」と言うと、毎日の三谷記者も「一日目で終わったとしても毎日新聞としては異存ありません」と言ったので対局は続行された。

 他の棋士は大山さんの申し出を受けて早く封じることもあったそうだが、私には理解できないことだった。規定の時刻までの時間を折半して、実際に消費していない考慮時間を棋譜用紙に書き込む必要性はない。

 私は一度断ったので、それ以降タイトル戦でそうした申し出を受けることはなかった。丸田先生にはよく立会人を務めていただいたが、いろいろと苦労されたのだろう。今でもよく覚えている。

(中略)

 丸田先生は名棋士だが、大変な時期に会長、理事を務めた。物事の考え方が常識的である。しかも芯があるのに柔軟で、常に他人を理解しようとする人である。

 私は対局中、よく「残り何分ですか」と記録係に尋ねることがある。それを何度も繰り返すのは普通に見ているとおかしいかも知れない。対局相手の中には吹き出す人がいてもおかしくはない。しかし、丸田先生は私の振る舞いを見ていて「ああ、加藤さんはそうやってリズムを取っているんだね」と言われた。相手の意図を汲み取る能力のある人だなとつくづく思った。

 昭和50年代のいつだったか、私が40歳ぐらいの頃、丸田先生はそれまでのA級の将棋をすべて暗記していた。

「加藤さんが長考するのは、ほかの棋士の将棋をあまり並べないからでしょう」と言われた。よく他人を見ており、独自の理解の仕方があるようだ。

 また、丸田先生は地元長野の「ながの東急百貨店」の将棋祭りでよく棋士の紹介をする。実に的確で、以前に「加藤さんは若いうちから活躍しているが、年を取ってからも活躍して記録を作れる人だと思う」と言ってくれた。そうした何気ない一言が私の棋士人生の励みになっている。

(以下略)

* * * * *

加藤一二三九段が「残り何分?」と何度も聞くことはあまりにも有名な話だが、その理由が自身から語られている非常に貴重な文章。

「残り何分?」の気持ちが十分に理解できる。

* * * * *

丸田祐三九段は、大山康晴十五世名人とは一緒に旅行をするほどの友人であり、升田幸三実力制第四代名人からの信頼も厚く、なおかつ加藤一二三九段からもこれほど思われている。

これは本当に凄いことだ。

* * * * *

大山康晴十五世名人からの「これ以上指し続けると一日目で将棋が終わるので指し掛けにしよう」の提案。

これは対局の流れを変えるという意図もあったかもしれないが、早く終わって麻雀をやりたいという気持ちの方が濃厚だった可能性が高い。

中原誠十六世名人のタイトル戦でのエピソード

 

プロの飛車の成り方

将棋世界2005年2月号、「第63期順位戦 A級」より。

 あらかじめ作戦を練りに練ってくる三浦 対 飛車の位置が決まれば後は出たとこ勝負、的な実戦派の鈴木の一戦は、両者自信の相穴熊。

 4枚穴熊にプラス馬付きという堅陣の上、桂得の三浦が優勢の図である。ここからの手順が手なれている。

 ▲4四歩△同飛▲6五飛(2図)

 飛車を成らずに6五へ回り込むのが、なるほどうまい。△7三金なら▲5三馬があり受けにくい。このクラスになると速度計算のしやすい相穴熊ではほとんど逆転しない。鈴木も諦めたか、このあとはほとんど時間も使わず指し投了。中盤でのわかれが勝敗を分けた。

* * * * *

2図以降は、△6七歩成▲6三飛成△6八と▲同金と進んでいる。

* * * * *

後手からの△5八角成~△5七歩成が厳しいので、先手もゆっくりとはしていられない状況とはいえ、私などは▲4四歩~▲6五飛は一生かかっても浮かんでこない手順。

まさに、プロの飛車の成り方だ。

 

2018年7月将棋関連新刊書籍

2018年7月の将棋関連新刊書籍。

〔8月以降の新刊〕

 

絶体絶命を逃れる奇想天外の一着

将棋世界2005年4月号、関浩六段の「公式棋戦の動き 棋聖戦」より。

 D組の三浦-飯塚戦では、最後の最後に奇想天外の妙着が出た。

 4図以下、△1二香▲4二金△1一玉まで、三浦の勝ち。

 図で△4八桂成は▲3二竜で後手玉が詰む。△1二香に▲3二竜△同銀▲2三金打なら△1一玉▲3二金△5八竜▲同玉△3八飛以下、逆に先手玉が詰むという寸法だ。投了以降▲3二金△同銀▲同竜はやはり△5九銀で後手の勝ち。

* * * * *

船が沈没している真っ最中に、窓も出口もない船倉へ降りていくような三浦弘行八段(当時)の△1二香~△1一玉。

通常なら絶望的な動きだが、将棋の場合は救いが生まれることもあるということ。

奥が深い。