2019-02-07

読む

羽生マジックのあけぼの

将棋マガジン1986年10月号、川口篤さん(河口俊彦六段・当時)の「対局日誌」より。  順位戦は序盤を終わったところだが、一番の話題は、新四段羽生の活躍だろう。  2戦2勝、その内容たるや、一つは中盤で金損。一つは終盤で詰みを逃れる...
タイトルとURLをコピーしました