郷田真隆二段(当時)の自戦記「失敗を恐れずに」

将棋マガジン1986年4月号、郷田真隆二段(当時)の自戦記「失敗を恐れずに」より。

 この将棋は、二段になって2局目の将棋で、初の三段との平手戦です。

 僕の「攻め」の将棋がどこまで通じるか、楽しみにしていた対戦です。

昭和60年12月18日
▲二段 郷田真隆
△三段 石川陽生

▲7六歩△8四歩▲6八銀△3四歩▲7七銀△6二銀▲4八銀△4二銀▲7八金△5四歩▲5六歩△3二金▲6九玉△4一玉▲3六歩△7四歩▲5八金△5二金▲3七銀△5三銀右▲2六歩△3三銀▲6六歩△4四歩▲7九角△4三金右▲4六銀△3一角▲6七金右△4二角▲1六歩△1四歩▲2五歩(1図)

序盤の進歩

 僕は、序盤はあまりうまくないけれど、序盤の型を多く知ろうとは思わない。

 何故なら、序盤は自分の意志が表現できるところだと思うからです。

 それなら、自分の意志が表現できるところならば、僕は自分で考えた、自分の序盤をしてゆきたい。

 そして将棋誕生以来、少しずつ変化し、進歩している序盤を、僕はこれからも、もっともっと進歩させなければならないと思う。

1図以下の指し手
△5一角▲6八角△7三角▲3七桂△3一玉▲7九玉△2二玉▲8八玉△9四歩▲1七香△9五歩▲8六銀△6四歩▲1八飛△6二飛▲7七桂△8二角▲5五歩△同歩▲1五歩△同歩▲3五歩△5四銀▲1五香△同香▲同飛△1四歩▲1六飛△6五歩▲同歩(2図)

総攻撃開始

 さて、将棋は僕の飛先不突矢倉で始まりお互いにけん制しあって、1図になるわけですが、手順中▲1六歩に対して△1四歩としたので▲2五歩と突く気になりました。△1四歩を突かなければ、本譜のようにはしないつもりでした。

 ▲7七桂まで、攻撃、防御の準備は完了しました。あとは仕掛ける一手!

2図以下の指し手
△8五歩▲同桂△6五銀▲6六歩△5六銀▲3四歩△同銀▲3三歩△同金寄▲5四歩△6七銀成▲同金△5六金▲7八銀△6七金▲同銀△6五歩▲同歩△6六歩▲同銀△6七金▲5三歩成△6八金▲6二と△5六歩▲5五歩△6九角(3図)

手拍子の悪手

 △6五歩に▲同歩(2図)は負けていれば敗着。

 いちばん大事な所で全く読みが入っていなかった。

 ここは▲6五同桂と取り、△6四歩には▲5三桂成△同金▲3四歩で少し指せていた様だった。

 △8五歩を▲同桂ではつらい(▲同銀は△9三角)。仕方がないので、▲3四歩~▲3三歩~▲5四歩。これは焦らせる作戦。勝負手のつもりだった。

 が、これもまた読み抜け。△5六金で△6五歩▲同歩の交換をしてから、△5六金で決まっていた。

3図以下の指し手
▲7九香△7八香▲1八飛△6七歩▲7七玉△7九香成▲7五歩△4七角成▲1三歩△同桂▲5一飛△3一歩▲8一飛成△4六馬▲8二竜△3七馬▲6三と△1五香▲1六歩△8一歩▲7三竜△2七馬▲1九飛△1六香▲2九飛△6三馬(4図)

終盤の競り合い

 ▲6二とあたりから1分将棋。

 △6九角。これには困った。受ける手がまったく分からない。

 何が何だか分からなくなって▲7九香。△7八香、このとき▲7七玉とするつもりだったのだが△5八角成でダメ。仕方なく、あわてて▲1八飛。ここで石川さんも1分将棋。

 ここでシャレタ決め手があった。△3八歩。これを逃してからはもう泥仕合。しかし、序盤と同様、すごく神経を使うところでもある。

4図以下の指し手
▲7六玉△7二銀▲8四竜△5七歩成▲同銀△5八金▲6六銀△6八歩成▲7四歩△9二桂▲9四竜△8二歩▲7三歩成△同銀▲同桂成△同馬▲7四歩△7二馬▲8五竜△8三歩▲6四歩△8四歩▲6五竜△5三桂▲6三歩成△9四馬▲7五玉△6五桂▲同銀△8五歩▲2六桂△2五銀▲3四歩△同金▲5一角△8六歩▲3四桂△同銀▲2六桂△4三銀▲1四桂(最終図)  
まで、157手で郷田の勝ち

目標・抱負

 △6三馬や△9四馬、ヒヤッとする手があったけれど、なんとか勝つことができた。

 僕の目標は、名人になることと、もう一つ升田先生や米長先生のように、将棋史にのこる新手を多く指すことです。

 そのためには”努力”これしかない!

 そして、僕はこれからも、序盤から主導権を握って、ガンガン攻めていくつもりでいます。

「失敗を恐れずに」

* * * * *

羽生善治新四段が誕生して、佐藤康光初段、先崎学初段、森内俊之初段の頃。

郷田真隆九段は、奨励会に入った当初は負けが多く、羽生世代で唯一7級に落ちたが、その後、猛烈に勝ちだして、羽生四段を除く羽生世代の中では最も早く二段に昇段している。

郷田真隆2級(当時)「原因不明なんです」

しかし、二段になってから四段になるまで、4年3ヵ月と長い期間がかかった。

ごく普通にごく普通の話をするけれど、それでいてどこか秘密めいた部分がありそうな雰囲気の郷田真隆四段(当時)

1990年3月、郷田真隆四段誕生の日

* * * * *

「僕は、序盤はあまりうまくないけれど、序盤の型を多く知ろうとは思わない。何故なら、序盤は自分の意志が表現できるところだと思うからです。それなら、自分の意志が表現できるところならば、僕は自分で考えた、自分の序盤をしてゆきたい」

「僕の目標は、名人になることと、もう一つ升田先生や米長先生のように、将棋史にのこる新手を多く指すことです」

「そして、僕はこれからも、序盤から主導権を握って、ガンガン攻めていくつもりでいます」

三つ子の魂百まで、昔から郷田九段は格好いい。

 

爆笑・大山康晴会長(当時)のスピーチ

将棋マガジン1986年10月号、グラビア「第44期名人就位式」より。

 8月5日、東京一ツ橋の如水会館で第44期名人就位式が行われた。会場は参議院議員の山東昭子さん、囲碁の小林光一名人らの著名人を始め、多くの将棋、報道関係者で埋めつくされた。「あと3期防衛すれば、大目標である大山十五世名人の18期に目安がつくでしょう」と11期目の名人位についた中原誠名人は終始にこやかに語った。

———-

〔大山康晴会長(当時)のスピーチ〕

「朝、起きた時、今日は名人就位式、はて今期の挑戦者は誰だったろう?しばらくして、ああ自分だと思い出しました」の十五世名人の挨拶に場内はドッと爆笑。「私の18期を目指してください」と最後は、力強くしめくくった。

* * * * *

対局、会長職、各地での講演など、とにかく大山康晴十五世名人は忙しくしていることが大好きだった。

名人戦には数え切れないくらい登場している。

たしかに、朝起きた瞬間、今期の名人戦挑戦者が自分だったことをすぐに思い出せなくても不思議はない。

灯台下暗し。

* * * * *

個人的な話になるが、子供の頃、テレビで「灯台下暗し」という言葉を聞いた時、「東大・本倉氏」とばかり思っていた。

東大の本倉教授とは、どのような研究で成果を出した人なのだろう、と本気で考えていた。まあ、今はわからなくとも、もう少し大人になれば分かることだろうと思い、誰にも聞かなかったが、たしかに何年か経って、意味がわかった。

中原誠名人(当時)「仮に僕が63歳で名人挑戦者になったとすると、その時の相手は羽生名人なんだね。谷川名人じゃあもうないんだ」

将棋マガジン1986年8月号、中原誠名人自戦解説の「第44期名人戦 急所はここだった」より。

―2年連続、通算11期目の名人位おめでとうございます。月並みな質問ですが、今のお気持ちは。

中原「防衛できて正直ホッとしています。昨年復位したばかりで、すぐまた手放すのでは、かっこ悪いですからね。それにこのところ連続してタイトル戦負けてましたから」

―挑戦者が大山康晴十五世名人だったという点についてはいかがですか。

中原「プレーオフになった時は、米長さんが出てくると思っていただけに驚きました。しかし最近の大山先生の将棋を調べてみて、これは大変な事になったと覚悟しました」

―60歳を過ぎての名人戦という点について、ご自身どうでしょうか。

中原「これはすごい事だと思います。ちょっと年齢差を考えてみたんですが、仮に僕が63歳で名人挑戦者になったとすると、その時の相手は羽生名人なんだね。谷川名人じゃあもうないんだ。

―過去の対戦成績からいって、大山十五世名人はやり易い相手ということはないですか。

中原「過去はあくまで過去。全て一番一番が勝負ですから、そういうことはありません。ただ大山先生の場合には、気持ちの上で向かっていけるのが大きいと思います。他の人の場合は、何か追われている感じになりますから」

(以下略)

* * * * *

将棋マガジン1986年11月号、中原誠名人の「懸賞 次の一手」より。

 羽生先生は強いですね。思っていたよりも強い。この前たまたま、対局室が一緒だったので、じっくりと見させてもらいました。羽生君は中村王将と新人王戦、私は有森五段と十段リーグ。カメラマンが朝からドッと詰めかけて、パチパチと撮っていました。向こうばっかり(笑)。長野の将棋まつりでの谷川-羽生戦を見ましたが、羽生四段がうまく指しているのが印象に残りましたね。強かったです。私も63歳の大山先生に見習って、羽生永世名人に挑戦するところまで、頑張りたいと思います。

* * * * *

大山康晴十五世名人が63歳の時の名人戦挑戦だった1986年。

将棋マガジン1986年8月号(羽生善治九段がプロになって半年後位に書かれたもの)では羽生名人だったものが、11月号では羽生永世名人になっている。

中原誠十六世名人が63歳の時の名人戦は2011年。

2011年の名人戦は羽生善治名人が森内俊之九段に3勝4敗で敗れているが、たしかに羽生九段は永世名人になっていた。

まさしく「名人は名人を知る」だ。

 

中原誠十六世名人の「鬼の右桂」

将棋マガジン1986年7月号、川口篤さん(河口俊彦六段・当時)の「対局日誌」より。

 中原の表情はいつもと変わらない。将棋も明解で、桐山の金をそっぽへやって早くも指しやすい。

(中略)

 そのうち、テレビに映っていた局面が急変した。

14図からの指し手
▲7二歩△同飛▲3七桂△2四金▲2五歩△3四金▲5三歩成△同銀▲4五桂(15図)

 十段リーグの初戦である。かなり重要な対局のはずだが、それにしては桐山の腰が軽かった。負けたらお終いのトーナメントを勝ち抜き、リーグ戦に入ってホッとしたのかもしれない。

 中原は気持ちよく▲7二歩とタラす。料理の前の下ごしらえでる。桐山はあっさり△同飛と取る。これで▲6三角の味が生じた。

 こうしておいて▲3七桂。これが中原の「鬼の右桂」である。この桂が飛んだときの中原は天下無敵だ。

 桐山は△2四金と逃げたが、△2六金と出るのは、▲4五桂△5二歩▲3三歩△同桂▲4四角で後手敗勢。▲4四角と出た手が金取りになる。

 さて、中原が▲2五歩と打てば、桐山はすぐ△3四金と寄った。記者室がざわめいたのはこの場面である。

 1分もたたないうちに、テレビの画面に白い手がノビた。それがすっと引っ込む。中原が指しかけてやめたのである。気持ちが判るからみんな笑った。あんまりうますぎる、待てよ、というわけだ。それも瞬間のことで、指しかけた▲5三歩成が指された。以下▲4五桂の15図まで、あっけなく終わった。

 局後中原は「△3四金で△1四金と逃げたら」と言った。桐山は「そんな手は指せませんよ」と笑ったが、それを真面目な顔で言うところが中原らしい。

 15図以下は説明するまでもなかろう。こんなに見事に技が決まるのは珍しいことである。

* * * * *

絵に描いたような、あまりにも鮮やかで見事な決め技。

▲4五桂(15図)に△同金は、▲同銀△同歩▲2二角成△同金▲6三角がある。

* * * * *

たしかに、△3四金で△1四金と逃げたらどうなるのか、気になる。

「いつまでも仕事してないで、スシでも食いに行くぞ、早く、早く」

将棋マガジン1986年1月号、「公式棋戦の動き」より。

「いつまでも仕事してないで、スシでも食いに行くぞ、早く、早く」。日曜日にエッホ、エッホとやっていると、勝浦新九段からお誘いが。

 昇段秒読み態勢になったとき「なんとなく、谷川さんに勝って上がるんじゃないかなぁ」という予感があったそう。いい相手に、いい舞台での昇段はさすがに嬉しそうでした。

 その日はちょうど奨励会入会試験の日、勝浦門下の金沢君、野月君(小学生名人)が受験に来ていて、そのつきそいで勝浦は連盟に来ていたそう。勝浦は自分のことのようにソワソワ。そのかいあってお二人は無事一次試験通過しました。

(以下略)

* * * * *

勝浦修九段は、谷川浩司九段に勝って、1985年11月に勝数規定で九段に昇段している。

勝浦九段と仲の良い森雞二九段も、そのほぼ1ヵ月後、やはり谷川浩司九段に勝って九段に昇段、二人は合同で、九段昇段祝賀会を開いている。

* * * * *

この日は、野月浩貴八段と金沢孝史五段の奨励会入会試験の日。二人ともこの期に奨励会に合格している。

* * * * *

「いつまでも仕事してないで、スシでも食いに行くぞ、早く、早く」

日曜日に開いている寿司店があるかどうかということは置いておいて、「スシでも食いに行くぞ」と言った場合、一般的には寿司店に行く場合もあれば単に居酒屋へ行く場合もある。

寿司店へ行ったとしても、酒を飲みながら刺し身をつまむような流れで、実際に寿司を食べるのは最終盤であることが多い。

そういうわけなので、「スシでも食いに行くぞ」は「飲みに行こう」と同義語と考えて良いだろう。

最近は使う人が少なくなっていると思うが、昔は「今度メシでも食べに行きましょう」は「今度飲みに行きましょう」と同義語だった。特にテレビ業界で使われていたのではないかと思う。