2019-04-07

読む

木村義雄十四世名人「酒が好きで、女が好きで、バクチが好きなら、最低でも八段になれる」

将棋マガジン1987年2月号、木村義雄十四世名人追悼「木村名人の想い出」より。 大山康晴十五世名人  一番最初に教えていただいたのは昭和17年、私が五段の時でした。  中部日本新聞社の主催で、三重県の湯ノ山温泉で対戦しました。...
タイトルとURLをコピーしました