「金曜日とあれば、タクシー事情は最悪である。仕方なく将棋会館に戻ると、羽生、脇、屋敷などが残っていた」

将棋マガジン1991年3月号、河口俊彦六段(当時)の「対局日誌」より。

12月21日

 大山の現状は(順位戦の話だが)あらためて説明するまでもない。この日、対南戦が行われるが、もし負ければ絶望的である。この一戦こそ見逃せない。

午後3時

 棋士室に行くと、石田が待っていたように「今日の大山先生はちがいますよ。席を立たないし、雑談もしない」と教えてくれた。

 文化功労者に選ばれてからの大山には、どことなく勝負に対する執念がうすれているような感じがあった。順位戦だけでなく、他社棋戦の成績もかんばしくなく、総合的に力の衰えが見えた。棋力、体力の衰えも問題だが、気力がなくなったのは大問題で、相手に感じ取られ、見くだされてしまう。そうなったときの棋士はみじめなものである。大山が負けるのは仕方がないが、無気力な将棋だけは見せて欲しくないと願っていた。過去の名棋士といわれた人達も、引退まぎわは無残な将棋を指した人が数多い。大山も同じになるのではないかと案じたが、石田の報告でホッとしたのである。

 序盤の形は4図。大山が指しやすい。

(中略)

 タイトル戦は負けてもともと、勝って得という勝負。防衛する側はちがうが、降級より気が楽だ。一方、降級のかかった勝負は、勝って現状維持。負ければ地位と実収が減る。勝負としては、後者がはるかに厳しい。

 そういう勝負を前にして、大山は案外平静だったのではないだろうか。もし、5連敗でなく、2勝3敗だったら、不安というより、嫌な気分で対局前の数日を過ごしただろう。棋士は、来るところまで来れば開き直れるのだ。拷問はされる前の方が辛いと聞くが、それと似ている。

 のびのびと△4五歩と突き、大山は有利を拡大して行く。

(中略)

午後9時

 機嫌がよかったのは石田である。棋士室に来ては、テレビを見て大山-南戦の批評をし、雑談にも加わる。将棋(田中寅彦八段-石田和雄八段戦)は5図だが、なるほど、これでは口も軽くなる。

(中略)

午前0時

 南が投げた瞬間、大山はニコリとした。そんな大山を見たのは、はじめてである。

 後日、加藤治郎先生にそれを言ったら、しばし間をおいて「そうだったの。しかし、笑顔は目に浮かぶようだな」と微笑した。

 一つ勝つと展望が開けた。危険な状態に変わりないが、気持ちよく正月を迎えられる、というものだろう。

 一仕事終えた気分で大広間を覗くと、2ヶ所から秒読みが聞こえる。加藤-大内戦と石田-田中戦である。

 11図は石田-田中戦で、石田必勝だが、この次、とんでもないヘマをやる。

(中略)

 平然と▲8六同角と取られ、石田は悲鳴を上げた。「バカな!」表に出たのは一言だけだが、胸中阿鼻叫喚の有り様だったろう。

(中略)

 冷静に見れば、まだ石田に残っている。なにしろ中盤がよすぎた。

(中略)

 14図から、△8七歩成(時間稼ぎ)▲8九玉で、石田は投げた。

「最後は詰んだと思ったんだが。歩があったとはツイてないや」

 石田のボヤキが出た。

「そうでしたね。それより詰んでたでしょう」と、△7五同角以下の手順を田中がいえば、ポンと頭を叩いて、「本当かい、なにやってんだ」

 また声が大きくなった。およそ30分ばかり石田が泣きを入れて、

「こんな日は飲まなきゃいられないね。そうでしょう、河口さん」

「いいですね。今日は私が払わせていただきます」

 田中が味よく応じて、近くの寿司屋へ行った。そこで3時ごろまで粘ったが、閉店で追い出されると行くあてがない。暮れの21日、金曜日とあれば、タクシー事情は最悪である。仕方なく将棋会館に戻ると、羽生、脇、屋敷などが残っていた。田中が呼びあつめ、斎田三段も仲間に入り、モノポリーがはじまった。見たところ、勝った者がほとんどである。一昔前は、帰りたがらないのは負けた者だったが、棋士気質もかわったのだろうか。

* * * * *

この期のA級順位戦で、大山康晴十五世名人は5連敗の後に4連勝して、残留を決めている。

* * * * *

「旅行や遠足は、出発する前の晩が一番楽しい」という言葉があるが、「拷問はされる前の方が辛い」は、その真逆のパターン。

拷問は、される前もされている最中も、同じように(最高級に)辛いと思うのだが。

* * * * *

「こんな日は飲まなきゃいられないね。そうでしょう、河口さん」

石田和雄八段(当時)の物真似をするとすれば、このような言い回しが良いかもしれない。

* * * * *

「仕方なく将棋会館に戻ると、羽生、脇、屋敷などが残っていた」

羽生善治前竜王(当時)も脇謙二七段(当時)も屋敷伸之棋聖(当時)も、この日は対局。

1990年12月は、バブル崩壊の少し前の頃で、逆に言えばバブル真っ盛りの頃。

金曜日の深夜にタクシーをつかまえるのは、繁華街、閑散な街を問わず、至難の業だった。ましてや12月。

帰りたくても帰ることができなかった、帰るのをそもそも諦めていた、とも考えられる。

* * * * *

「一昔前は、帰りたがらないのは負けた者だったが、棋士気質もかわったのだろうか」

負けたら飲みに行く人、負けたらまっすぐ家に帰る人、勝ったら飲みに行く人、勝ったらまっすぐ家に帰る人、それぞれが入り乱れているわけなので、この辺の傾向分析は非常に難しいと思う。

 

谷川浩司竜王(当時)「一番やりたかった羽生竜王と戦えて良かった。ただ、次には当たりたくありません(笑)」

将棋マガジン1991年3月号、グラビア「第3期竜王就位式」より。

 谷川浩司新竜王誕生で幕を閉じた平成2年。その竜王就位式が、年明け早々の1月9日、東京大手町の読売新聞本社で行われた。

 当日は、棋士、関係者など200人を超す参会者があって盛況。

 席上、谷川竜王は「一番やりたかった羽生竜王と戦えて良かった。ただ、次には当たりたくありません(笑)」とユーモラスな謝辞を述べた。

 竜王、王位、王座の三冠を制した谷川。平成3年の主役を務めるのは間違いない。

 この日、お祝いに駆けつけた中原誠名人とともに、頂点に立つ二人が他の棋士の目標となって、平成3年の将棋界も動いていく。

 ますます面白い戦いが見られることを期待したい。

将棋マガジン同じ号のグラビアより。撮影は弦巻勝さん。

* * * * *

「ただ、次には当たりたくありません(笑)」は

「ただ、もう当たりたくありません(笑)」とは

意味が異なるでの、秀逸なジョークとなっている。

* * * * *

歴史もその通りの方向に動いている。

次期(1991年)は森下卓六段(当時)が挑戦者で谷川浩司竜王(当時)の防衛。

翌々年(1992年)が羽生善治二冠(当時)が挑戦者で、3勝4敗で谷川竜王が敗れてしまう。

1992年の竜王戦七番勝負が行われる前に谷川竜王の結婚披露宴があり、羽生二冠も出席している。

本当に2年後のことはわからないものだ。

谷川浩司竜王(当時)の披露宴と羽生善治二冠(当時)

 

郷田真隆四段(当時)の格調の高い名手

近代将棋1990年5月号、撮影は弦巻勝さん。

将棋マガジン1991年5月号、「公式棋戦の動き 棋聖戦」より。

 このところの棋聖戦は、若手の活躍が目立っている。具体的に名を出せば屋敷伸之。納得していただけたと思う。

 郷田四段も、期待される一人である。

 前期、挑戦者決定戦まで駒を進めた実績、近況の成績の良さなど、成長著しいからだ。

 1回戦の対淡路戦では、その力底知れぬものを感じ取れる手順を見た。

 今、▲8四角成(1図)としたところ。

 1図で、普通は敵陣に飛車を打ち下ろしておいて、それから、というものだが、郷田の指し手は△5三金寄。4一飛を捌こうとする、遠大なる構想だ。

 これに淡路は▲6三歩と、と金攻めに出るが、△4五飛▲6二歩成△4二金▲6三と△4三金寄▲5三歩△5六成桂▲5二歩成に△4九飛成(2図)と飛車の成り込みを成功させて、郷田が勝っている。

 △5三金寄。非凡である。

* * * * *

慌てず、騒がず、堂々と王道を行く4筋の飛車。

モーセの歩みとともに海が割れる、そのようなシーンを見たような思いにさせられる。

郷田真隆四段(当時)20歳、の絶妙な構想。

* * * * *

別の格調高い名手→郷田真隆九段の格調の高い名手

 

「棋士の奥さんは、なぜ旦那が死ぬと若返るのだろう」

将棋マガジン1991年7月号、河口俊彦六段(当時)の「対局日誌」より。

 4月30日、名古屋で「板谷一門祝勝会」が開催された。

 石田・小林がそろってA級に上がり、杉本が四段になったのを祝うのだが、もう一つ、板谷大先生(四郎九段)の健勝を祝す意味もあったろう。

 あまり縁のない私がおしかけたのは、石田・小林には本欄でお世話になったからである。

 会は大盛会で、何人かなつかしい方に逢うことが出来て楽しかった。ただ翌日が対局のため、ゆっくり出来なかったのは残念。

 お祝いの言葉や、食事をしながらの歓談では、自然に進九段の話が出る。亡くなってから早いもので3年になる。夫人もいらしていたが、若々しく、きれいになっていた。芹沢夫人といい棋士の奥さんは、なぜ旦那が死ぬと若返るのだろう。ちょっと複雑な気持ちになってしまう。棋士という人種は、知らず周囲を疲れさせているのではないだろうか。

(以下略)

* * * * *

棋士の奥さんになったことがないので、こればかりは何ともコメントのしようがない……

 

米長邦雄王将(当時)「先崎は、アイツはもう破門にしようかと思っていたんだが、オレと一緒に脱いだんでやめにしたよ」

将棋マガジン1990年6月号、神吉宏充五段(当時)の「へえへえ何でも書きまっせ!!」より。

 今日は関西に珍しく米長大先生が来ておられる。格下の井上との対戦なのに、なぜ大阪へ?と思ったが、名人戦の絡みで京都へ行く予定があるのでらしい。私が挨拶に行くといきなり「もう、オレのフォーカス見てくれたかい?」

「もちろんですよ。衛星放送で出そうと思ったんですけど、さすがにディレクターから止められまして」何の事かわからない方もおられるだろう。米長は王将位奪取の喜びを相撲のシコをふむ格好で表現した。それがフォーカスされたのだ。もちろん浴衣の下には何もはいていなかった。そしてその横で弟子の先崎もパンツを脱いでいる……。

 小林が「これこれ」と言いながら自分のカバンの中から、フォーカスを取り出した。「どれどれ」と井上。米長は満足そうに「先崎は、アイツはもう破門にしようかと思っていたんだが、オレと一緒に脱いだんでやめにしたよ」。トレードは当分なさそうだ。

(中略)

 谷川名人が新居を購入した事は皆さんご存知だろうか?地元の神戸は六甲アイランドに新築マンションを買った。まだ完成していないが、赤や青や、原色を使った派手な壁で、ちょっと見は幼稚園のようにも思える。(そんな事はない!と谷川)

 間取りは4LDKである。なかでもリビングルームが33畳なのは驚く。「3.3畳の間違いとちゃいまっか、わしんとこなんか」とボヤく井上。東も「めっちゃいいとこやなあ。僕のとこもマンションやけど、環境がスゴイで」

「ええんですか?」

「そらな、1階がパチンコ屋で2階にサラ金があんねん。強盗が入りやすそうやし、なかなかやろ」

 谷川名人のマンションは、完成したら見に行こうと思っとります。ほんでリビングで絶対スモウをとったんねん。(ワシも行く・井上談)

(以下略)

* * * * *

米長邦雄九段と内藤國雄九段の間で、それぞれの弟子の先崎学五段(当時)と神吉宏充五段(当時)をトレードしようという話が半分冗談で持ち上がっていた。

* * * * *

「先崎は、アイツはもう破門にしようかと思っていたんだが、オレと一緒に脱いだんでやめにしたよ」

この時の打ち上げの様子は写真誌「フォーカス」に掲載された。

将棋紙誌にはもちろん脱いだ時の写真は掲載されていないが、そうなる前の打ち上げの写真は載っている。

将棋マガジン1990年6月号グラビア、撮影は弦巻勝さん。

この時の細かい状況→1990年王将戦第7局の打ち上げ