2019-04-11

読む

升田幸三実力制第四代名人「饅頭屋の息子で、おとなしい子だったが、将棋はなかなかしっかりしていた。うん、才能があった」

将棋マガジン1987年8月号、福本和生さんの「名棋士を語る 桐山清澄棋王の巻」より。 「奈良の吉野川の上流に下市町という静かな所があって、そこに避暑に出かけましてね。芝居の”義経千本桜”の舞台になった所で、名物の鮎ずしを食べながらのんびり...
タイトルとURLをコピーしました