「名人、今日のウイークリーはさすがに辛くて見ていないだろう。自分の完敗した将棋なんか見たくないものな。どうだ、見てるか見てないか、千円賭けないか」

将棋マガジン1990年8月号、神吉宏充五段(当時)の「へえへえ 何でも書きまっせ!!」より。

 6月3日の日曜日、囲碁・将棋ウイークリーのゲストは米長王将。解説は名人戦の第5局。そう、谷川名人の完敗譜である。

 番組が終わって米長王将はこう言った。「名人、今日のウイークリーはさすがに辛くて見ていないだろう。自分の完敗した将棋なんか見たくないものな。どうだ、見てるか見てないか、1000円賭けないか」

 すぐに名人の自宅にTEL。「もちろん見てましたよ」それを聞いて米長「オレの負けだ!しかしよく見てたものだなあ。これを見れるという事は、その精神力からして谷川名人の防衛しかない」そう断言した。

 それを名人に伝えると「はあ、でも名人戦の解説だけは見なかったんですけど……」

(以下略)

* * * * *

人生、気がつかないだけで、このようなことが多いのかもしれない。

 

 

 

2019年4月将棋関連新刊書籍

2019年4月の将棋関連新刊書籍。

(5月以降の新刊)