森内俊之少年(当時)「ショーギレンメー」

将棋世界1988年1月号、炬口勝弘さんの「ズームアップ・話題の棋士 森内俊之新人王」より。

①白黒のニュース映画。昭和35年、国会議事堂前の安保反対デモと警官隊との乱闘。

②昭和35年4月。第19期名人戦・東京渋谷の羽沢ガーデン。大山名人に20歳の学生、加藤一二三九段が挑戦している。

③東京・世田谷、三軒茶屋。春5月。遠くから流行歌が流れてくる 黒い花びら静かに散った あの人は帰らぬ…『京須将棋道場』と看板の出ている建物に<忌中>の紙。奥の祭壇には故人の京須行男七段(後に八段・享年46才)の写真が飾られ、親族の席には未亡人のたみ(46)、一人娘の節子(16)が並んで座っている。

(中略)

⑦万博のニュース映画。 こんにちはこんにちは…賑やかな歌の中で、ココの声をあげる俊之。

⑧東京調布、アパートの一室。若い母が片隅で乳飲子をあやしている。生後1ヵ月。テレビには三島由紀夫の演説姿が何度も映る。食い入るように見つめる父親。昭和45年秋、11月。

⑨昭和54年7月7日。神奈川県川崎市郊外の田園都市みたけ台の一軒家。昼下がり、白い短パン姿の少年俊之(横浜市立みたけ台小3年、8歳)が子供用自転車に乗ろうとしている。近所から友達がその姿を見て声をかける。友達「俊クン、どこ行くの?」少年はサドルにパッとまたがり、誇らしげに、そして大きな声で叫ぶ。俊之「ショーギ、ショーギ、レンメー」友達「え?どこ?」俊之「ショーギ、レンメー」自転車、遠ざかっていく。光る銀輪、蝉の声。

(中略)

⑫同じ居間。ただし10年の歳月が流れ、ピアノの上には、かつてはなかった大きな「王将」の飾り駒が置かれている。部屋にはシャレた花瓶に切り花が活けられていてあたりに住む人の床しさ、気品が漂う。晩秋の昼下がり。髪の毛がモジャモジャな貧相な中年記者が、祖母・はな(73)と母・節子(43)にインタビューしている。

節子「あの子が将棋連盟に初めて行った日のことは、私、今でもよーく憶えているんです。3年生の7月7日だったんです。私、この日の事、きっと忘れないだろうなと思って、よく憶えているんです。なにしろ将棋に熱中しちゃってましてね、習いに行くっていうのがそれはもう嬉しくって。土曜日だったんですけど、学校から、もう飛ぶようにして帰ってきましてね。その日はオバアちゃんと渋谷駅で待ち合わせてたんです。母が一足先に出かけていて、渋谷で一緒にご飯食べて、それから連盟の土曜教室に行くことになってたものですから。私、家の中で聞いておりましたんですが、「ショーギレンメー」ってそれは大っきな声を出してね、それにあんな嬉しそうな声聞いたの初めてなんでね、なんか、もしかしたらあの子、将棋の世界に行っちゃうのかなと思って、今日の日にち憶えておこう、なんて思ったものでした」

 節子の目にうっすらと涙が滲んでくる。

(中略)

節子「それまでは、絵やピアノ、それからポニー牧場の乗馬とか、いろんなところに出していたんですが、いつも、なんか馴染まないで、つまんなさそうな顔して帰ってきてたもんで……。この人、いったい何をアレしたらほんと目が生き生きするのか、喜ぶのか……。それが本当に将棋に熱中するようになってその稽古に行く日は嬉しそうでしたので……」

記者「やはり血なんじゃないですか。オジイさんがプロ棋士だったから、やはり環境的にも…」

祖母「いえ、主人は35年に亡くなり、あの子が生まれたのは45年。10年も経っていましたし、道場も辞め、盤も駒も棋書なんかもほとんど処分して残っておりませんでしたし…。ええ、勿論道場を開いておりました頃には、私も手伝っておりましたが、まったく駒の動かし方も知りませんし、ただお客さんにお茶をお出しするぐらいでして」

母「ごく普通の家庭でした。ただあの子が将棋を知る前に、オジイちゃんが将棋指しだったってこと、ちょっと話したことがあった程度で、ほとんど環境としては将棋に縁がなかったですね。まさか自分の子が、父のようにプロになるなんて夢にも思いませんでした」

(中略)

記者「駒の動かし方はお父さんから教わったと聞きましたが、お父さんはなんですか大内棋道会に入っていらっしゃるとか、本当はお強いんでしょう?」

父「いえいえ、ほんの駒の動かし方を知っている程度でして。私は、小学校の頃に、兄がやっておりまして、ひと通り覚えたんですが、熱中したこともなくて…。大内さんとは、たまたま私の勤め先の近所に大内さんが住んでいて、それで知り合ったような訳でして」

母「主人は若い頃、弁護士さんの書生をしておりまして。そちらの弁護士さんと大内さんのお父さんと仲がよくて、それで大内さんもしょっちゅういらっしゃってたんです。(笑いながら)私、主人とお見合いしました時も、たまたま大内さんを共通に知っているということでまとまったようなぐらいで……」父親の職業は司法書士、行政書士。現在渋谷区役所近くのビルに事務所を持っていて、毎日通勤している。どちらかと言えば、子息と同じく口数の少ない方だが、子供の幼少期、将棋以前の頃を振り返り、懐かしそうに語り始める。

⑭俊之、幼稚園の頃。部屋いっぱいにブロックの玩具を広げている。くっつけたりはずしたり夢中になっている。

「レゴと言いましたか、あれが好きでね、乗り物を作り、線路を部屋中にバーと広げまして、もう開けても暮れても、そればっかりでした」

⑮俊之小学校3年の夏休み。東京駅新幹線ホーム。父親の郷里、奈良へ向かう一家。ベンチに座った瞬間、少年はカバンの中から小さな折りたたみ式の磁石盤を素早く取り出し、目を輝かせて「お父さん、やろう」。父親は苦笑しながらも付き合う。

父「とにかく好きなことをやると楽しそうで、そればっかりやるんですね。やりだしたら止まらない。子供連れの旅行の時はいつもそうでした。ちょっと休憩しようと言っても”イヤダ”と言ってね。そういうところありました」

⑯東京千駄ヶ谷の将棋会館。土曜教室で対局中の子供たち。その中に俊之の姿も見える。講師は京須門下の準棋士・工藤浩平五段。

母「とにかく将棋を指したがりましたね。毎日毎日。たまたま母のところに、父が亡くなりましても将棋世界を毎月送っていただいていたので、それが何冊かありまして、こんなものあるわよ、と渡しましたらね、何冊もこう畳の上に並べまして、何時間でも分かっているかどうか、とにかくあっちこっちと頁を繰っては、かわるがわる見ているんです。あんまり熱心なものですから、工藤先生のところへお電話して、近くでちゃんと教えてくれるところないかしら?そしたら、自分が連盟で教えているから、そちらへいらっしゃい。その初めての日が、最初にお話しました7月7日だったのです。それからは、工藤先生のところの支部、西東京支部にも入れていただいたり。ほんとに工藤先生にはずいぶんお世話になりました。家に泊めて下さったり、青森への将棋旅行なんかにも連れて行っていただいたり。ほんと、工藤先生に育てていただいたようなものです」

⑰太陽がギラギラと照っている。昭和56年夏。神奈川県藤沢市の駅前。デパート、藤沢さいか屋には「将棋まつり」の垂れ幕が下がっている。会場では小学生将棋大会の決勝戦が終わりに近い。対局する二人の少年。ともに昭和45年生まれの小学5年生。羽生少年が投了。ちょっと内気な森内少年、優勝ではにかんでいる。羽生9月27日、森内10月10日生まれ。ともに天秤座。この翌日、また別の将棋大会の会場で二人は会う。

⑱東京渋谷のNHKスタジオ。翌年の昭和57年春3月。煌々と輝くライトの下で小学生名人を争う少年達、その中に俊之、羽生の二人の顔も。片隅で、京須門下だった北山和佑(道場経営者)が、かたずをのんで見守っている。俊之は3位で涙を呑み、一方、羽生は優勝。羽生にはフラッシュの雨。

⑲千駄ヶ谷・将棋会館、同年秋10月。俊之、すでに小学6年生になっている。2階の研修室は、さながら学習塾のおもむき。短パン少年の姿もちらほら。刈り上げた髪から、大きめの特徴のある耳が突き出している。奨励会入会試験の会場である。答案用紙を配る現役奨励会員の姿が大きく見える。

⑳明日の名人を夢見て集まった受験者は関東だけで71人。うち合格は17人。5年後の現在、晴れてプロ四段になれた者とは裏腹に夢破れて去っていった仲間も少なくない。なお関西ではやはり天才の誉れ高い佐藤康光がこの年、受験していた。

将棋世界同じ号、1982年奨励会試験風景。撮影は炬口勝弘さん。

※受験者へのアンケート調査

森内俊之(12歳・神奈川・6級・勝浦)
〔受験は〕はじめて
〔アマチュア大会の成績は〕………
〔勉強方法は〕将棋道場(渋谷将棋センター)、連盟の土曜教室、詰将棋を解く
〔学校での得意科目は?〕算数
〔将棋以外の趣味は?〕なし
〔受験の動機は?〕プロになりたい

羽生善治(12歳・東京・6級・二上)
〔受験は〕はじめて
〔アマチュア大会の成績は〕57年小学生名人
〔勉強方法は〕将棋道場(八王子将棋クラブ)、詰将棋を解く
〔学校での得意科目は?〕算数
〔将棋以外の趣味は?〕なし
〔受験の動機は?〕プロになりたいから

中川大輔(14歳・宮城・6級・米長)
〔受験は〕はじめて
〔アマチュア大会の成績は〕第7回中学生名人戦優勝
〔勉強方法は〕将棋道場(東北将棋道場)、詰将棋を解く(詰むや詰まざるや)
〔学校での得意科目は?〕美術
〔将棋以外の趣味は?〕なし
〔受験の動機は?〕べつになし

郷田真隆(11歳・東京・6級・大友)
〔受験は〕はじめて
〔アマチュア大会の成績は〕勝負どきに弱く、あまり良い成績をおさめていない。
〔勉強方法は〕将棋道場(練馬将棋道場)、棋書(将棋大観)

(つづく)

* * * * *

映画かドラマの脚本のような構成で書かれている。

森内俊之九段の祖父である京須行男八段が亡くなる頃から話が始まっている。

* * * * *

「遠くから流行歌が流れてくる 黒い花びら静かに散った あの人は帰らぬ…」

これは、第1回日本レコード大賞を受賞した水原弘さんの「黒い花びら」の出だし。

ちなみに水原弘さんというと、昭和の頃のアース製薬の殺虫剤「ハイアース」のホーロー看板に出ている人だ。(もう一人は由美かおるさん)

古いホーロー看板3ハイアース・水原弘・大塚企業物・非売品

* * * * *

ここには書かれていないが、森内九段の師匠の勝浦修九段は、奨励会時代に京須家に下宿していた。

勝浦修九段「子どもを弟子にしてくれませんか、と頼まれたんですよ。その子どもが小学生の森内くんでした」

* * * * *

「レゴと言いましたか、あれが好きでね、乗り物を作り、線路を部屋中にバーと広げまして、もう開けても暮れても、そればっかりでした」

森内九段は鉄道ファンだが、この頃からその萌芽を見ることができる。

森内俊之名人の乗り間違い

* * * * *

奨励会受験者へのアンケート調査、将棋以外の趣味を持っていないという回答がほとんど。

小学生高学年の段階では、やはり将棋一筋、趣味が分散していては奨励会合格は難しいのかもしれない。

* * * * *

中川大輔6級(当時)の得意科目が美術なのはとても意外だ。

郷田真隆6級(当時)の『将棋大観』、格調の高さはこの本などの影響もあったのかもしれない。

将棋大観 (プレミアムブックス版)

郷田真隆二段(当時)奨励会時代最後の香落ち上手局

将棋世界1988年3月号、駒野茂さんの「関東奨励会レポート」より。

将棋世界同じ号掲載の写真。

 香落ち。駒落ち将棋の中で、一番難解であり、複雑なもの。奨励会はこの難問を完破して、上に昇って行かなければならない。

 今月は、この香落ち戦を採り上げてみる。

 香落ち下手を持った場合、戦型としては急戦策と穴熊にする指し方がある。他にも相振り飛車にするのもあるが、現状では先の二大戦型だ。上手は、△3五歩と歩を伸ばした三間飛車。あるいは△1四歩と端を突いての四間飛車。これが主流だ。

 郷田二段-岡崎初段戦で、岡崎が引き角から1筋突破を目論んだのに対し、郷田は軽く受け流そうと△2五歩(1図)と突いた所。

 香落ちで一番難しいと言われているのは、下手が仕掛けた直後だ。

 実戦では▲1四歩。岡崎はこう打てば△1二歩と受けてくれるものと思っていた。ところが郷田に△4四角と上がられて、1筋の飛、香が重いことに気付く。 

 この▲1四歩では、▲7七銀と上がるのが最善手。両者も局後この意見。攻めの途中で受けるのは、何となくおかしいようだが、こう指すと上手の指し方が、非常に難しい。たとえば、端(△9四歩)あるいは△4四角なら、▲7七銀の方が得をしている手と言えるからだ。それに、譜が進んで△6四桂と先手で打たれる手も防いでいる。

 こうした、相手の手を殺しながら、細かく指し進めて行くのが、香落ち将棋の難しさなのである。

 2図。

2図以下の指し手
△4三馬▲7六歩△同香▲7七歩△8六桂▲6八玉△7七香成▲同角△7六桂▲7九玉△4八と上▲4一飛△6一金(3図)

 ▲6二銀成として、岡崎は勝ったと思ったらしい。その気分を吹っ飛ばした、郷田の次の手が素晴らしかった。

 △4三馬! これが下手からの▲7二銀成△同玉▲4二飛△6二金▲8二金△6一玉▲4四飛成として、上手玉が詰めろになる順を消しながら、逆に、△8七馬以下の詰みを見せた絶妙手であった。

 岡崎は▲7六歩と突いて、必死に粘ろうとするが、郷田の打った△6一金がまたシブイ受け。これで絶対詰まない形にして、下手玉をじわじわと寄せて行く。こう指されては、岡崎に術はなかった。

 この一番を制した郷田は、次の愛二段戦にも勝ち、三段昇段を決めた。三段リーグに入ると、もう香落ち戦はない。この対岡崎戦が、郷田新三段にとって、最後の香落ち戦になったのである。

* * * * *

郷田真隆三段(当時)の、振り飛車らしい指し回しが印象的な一局。

居飛車党の奨励会員でも、香落ち上手では振り飛車を指さなければならず、そのような部分は本当に苦労をしたはずだ。

* * * * *

雑誌企画やイベントでのお好み対局で香落ちが指されることはまずないと思うので、郷田九段にとっては、この対局以来、香落ち上手は指していない可能性が高い。

 

「指導対局でプロ棋士に勝てるタイプの人とは?」

将棋世界1988年11月号、小野修一六段(当時)の「受け方教えます」より。

 私も今まで数多くの指導対局の経験がありますが、アマの方でもプロに強い人とそうでもない人、まるっきりだめな人があるようです。

 プロ棋士に勝てるタイプの人とは?その特徴は次の通りです。

①手合割りをカラく見積もる人
 自分の棋力も考えないで、見栄で手合を上げて平手や角落ち(アマとしては四段の上)で万が一、一発入れば周囲に自慢しようなどと考えずに、手合をワンランク落として頭を下げしっかり指す人。

②定跡を大事にする人
 オレは力が強いなどとうぬぼれずに、駒落ちのハンデを最大限利用する人。

③将棋の厚い人
 これは技術的なことですが、厚い形を利して読み合いの勝負のみに頼らずに保険をかけるように厚みを生かす人。

④財布の厚い人
 むろん見せびらかすだけではなく、対局が終わったら「先生、銀座のクラブへ行きましょう。綺麗な子がいますよ」と厚みを生かす。これであなたの勝率はグンと上がることはまず間違いありません。

(以下略)

* * * * *

④は半分以上冗談にしても、非常に参考になる話だ。

④が、いかにも昭和風なのが、味わい深い。

 

将棋史に残る名手・絶妙手(江戸時代編)

将棋世界1987年7月号、内藤國雄九段の「自在流スラスラ上達塾」より。

 さて、今回は史上に残る名手というものを取り上げてみたい。

 歌でいえば懐メロの名曲といった所であろうか。

<宗看魚釣りの一局>

 4図は伊藤看寿(手前側)対大橋宗与の一戦。

 1749年というから凡そ240年前の対戦である。

 手合は現在では見られない右香落。

 4図では誰もが▲8四とを考えるであろう。一見それが当然の一手に見える。

4図以下の指し手
▲6九歩△3三角▲8四と(5図)

 しかし天才看寿はそう指さなかった。

 ▲6九歩と打ったのである。

 この勝負を自宅で案じていた兄の伊藤宗看名人は弟の指し手▲6九歩の報を聞くとさっさと釣りに出かけてしまった。

 後は聞く必要がないというわけである。

 流石は名人の炯眼というべきか。

 物語としては出来すぎている感じもするが事実この▲6九歩は鮮やかな名手で、これで心配なしと胸をなで下ろした宗看の気持ちがよく分かるのである。

 さて4図で直ちに▲8四ととするとどうなるか。

 ▲8四と△同銀▲同歩△8八歩成で以下―
①▲同角は△同角成▲同飛△7九角にて
②▲同飛は△9六歩にて

いずれも下手が苦しくなる。

 ▲6九歩は①の方の手順の△7九角による飛金両取りを未然に防いでいるのである。

 ▲6九歩に対する△3三角は気がきかないようだが、もっといい手はとなると見当たらない。消費時間の記録は残っていないが、きっと宗与は対策に苦慮したに違いない。

 

 5図の後は
△8四同銀▲同歩△9六歩▲8六角△8八歩成▲9六飛△8七と(好手)と進んでいく。

 宗与も上手の貫禄を見せて最善を尽くすが名手▲6九歩の前にわずかに届かず看寿の軍門に下ったのであった。

 尚、伊藤看寿はこの時四段。兄宗看(七世名人)の後をついで名人になる予定であったが夭折してしまった。しかし実力を買われて死後に名人位を贈られている。

<宗看の角捨て>

 6図は▲8四歩突きに△同歩と応じた局面。宗看の指した次の一手を考えていただきたい。(便宜上図面は逆)

 手前側伊藤宗看対大橋宗桂の御城将棋で手合は左香落(宗看が上手)、1816年に指されたものである。同じ宗看という名でもこちらは六代目、先程の対局から凡そ70年の歳月が流れている。

 さて6図であるが宗看の方は歩切れ、▲8四同銀△8三歩▲7五銀と一歩を手中におさめて良しとしそうな局面であるが、鬼宗看と云われた程の人、そんな生ぬるい指し方では満足しなかった。

6図以下の指し手
▲9五角△同香▲8六飛(7図)

 次の一手は何と香の筋に角がとび出す▲9五角。そして△同香の一手に▲8六飛。

 邪魔になっているものは何でも捨てる詰将棋のような味が感じられる。

 7図になってみると後手の裸玉はピンチにおちいっている。あっという間に救いようのない状態になっている。

 7図で△9三角と受ける手はどうか。

 それは落ち着いて▲9六歩と突かれる。以下、歩が9五、9四と進んでくるのを防ぐことが出来ず宗桂のジリ貧となる。

 実戦譜は7図以下次のように進んでいく。

△6三銀▲8四銀△7一玉▲8二歩△6二玉▲8一歩成△7四銀▲6六桂△6三銀▲9五銀△7五角▲8二飛成

 以下数手で宗看の勝ちとなる。

 鬼宗看の面目躍如たる角捨てであった。

<天野の遠角>

 愈々棋聖宗歩の登場である。

 8図は天野宗歩対伊藤宗印の対局。

 1856年に行われたもので、これも御城将棋。御城将棋は江戸時代にあっては最も重要な対局であり力も入っており従って名局、好局が多い。

 本局も棋史に残る名局の一つと云える。

 さて8図、後手の△4四同銀は次に△5四飛と歩を払う準備である。

 これで△5四飛の時の▲8二角の筋が消されている。たとえば8図以下

▲5七銀右△5四飛▲8二角△5五角▲同角成△同銀▲8二角△6四角▲同角成△同銀▲8二角△7三角

 △4四同銀が遠くの▲8二角を消しているという意味がお分かりいただけたであろう。

 ただ先手としては△5四飛に▲8二角が打てなくても形勢を損じるというわけではない。

 充分互角に指せているのだが、宗歩は優勢になるチャンスを逃さない。

 8図の次の一手は▲1八角。

 これが天野の遠角として棋史に残る名角なのである。どうしてこれがそれ程の名手なのか、簡単に説明することは難しい、多分に感覚的な問題であるからだ。

 8図で▲1八角のあと10数手進んだのが9図である。後手は目の上のたんこぶである5四歩を外す事が出来ず模様の取り方に苦労している。

 9図以下、宗歩は▲4五銀とぶつけ熱戦の末押し切った。

 ▲1八角に始まる構想が見事で、棋聖宗歩にとっても生涯を代表する一局となったものである。

* * * * *

4図からの<宗看魚釣りの一局>と8図からの<天野の遠角>は有名だが、6図からの<宗看の角捨て>は初めて知る手だった。

* * * * *

<宗看魚釣りの一局>の▲6九歩は、御利益がわかりやすい。

その反面、<天野の遠角>▲1八角は御利益的にはすぐにわかりにくい。すぐにではなく、しばらく経ってからでもわかりにくい。

そういう意味では玄人好みの一手ということができるのだろう。

* * * * *

個人的には<宗看の角捨て>▲9五角が、一番痛快で好感度が高い。

振り飛車党が喜ぶような手だと思う。

 

2019年7月将棋関連新刊書籍

2019年7月の将棋関連新刊書籍。

〔8月以降の新刊〕