2019-11-04

読む

「17歳、高校3年生にしてタイトル戦に登場してくるとは、まったくもって”お化け屋敷”である」

近代将棋1990年2月号、林葉直子女流王将(当時)の「直子の将棋エアロビクス」より。  事実、私はことのほか恐怖映画が好きである。ただし、同じ恐怖でも残酷ものはイヤだ。  外国映画なら吸血鬼ものがいい。日本映画なら、番町皿屋敷や四谷怪談な...
タイトルとURLをコピーしました