2019-11-07

読む

塚田正夫名誉十段「あんた、その虎の巻がどれくらいの量になると思う?どう考えても丸ビルが5つはいる」

近代将棋1990年2月号、野山知敬さんの「私の好きな一冊『棋士・その世界』」より。  私が定跡をやっと覚えだしたのが高校1年の頃。雑誌の初段コースを2年もかかって卒業し手にしたのが高2の終わり頃。この本はその頃の私に将棋のプロの存在を教え...
タイトルとURLをコピーしました