羽生善治前竜王(当時)の無冠返上を決めた▲4四角

将棋世界1991年5月号、沼春雄五段(当時)の第16期棋王戦五番勝負第4局〔羽生善治前竜王-南芳一棋王〕観戦記「一流の証明」より。

将棋世界同じ号、棋王位奪取を決めた直後。撮影は弦巻勝さん。

 南芳一棋王に羽生善治前竜王が挑戦した第16期棋王戦五番勝負は、公開対局となった第1局に逆転勝ちを収めた羽生が連勝し、南をカド番に追い込んだ。

 羽生も竜王戦での敗退は相当な痛手だったと思われるが、すぐに立ち直って次のターゲットをこの棋王戦にしぼり、五番勝負に姿を現すあたり、さすが並の新鋭ではない。

 ただ新潟での第3局ではカド番を意識したのだろう、途中からの指し手が伸びなかった。

(中略)

 第4局は3月18日に行われた。

 この間、南は米長に3連勝して王将位復位を決めるなど、冬に強い地蔵流の本領を発揮し始めていた。

 第4局羽生負けで2勝2敗となっては南に追い上げの利が残る。

 羽生にとっては背水の陣であった。

 本局は対局場所が東京将棋会館という事もあって、控え室は中原名人、米長九段、高橋九段、塚田八段ら多数の棋士達が詰めかけていた。

(中略)

5図以下の指し手
▲7二飛△3二歩▲4四角(6図)

 5図で平凡な▲7二飛△3二歩▲7六飛成は△5五角▲7七歩△2八角成で先手駒損の上△3八飛などが残って先手がいけない。

 といって後手からは△5五角や△6七銀など厳しい手が多い。

 控え室でも、勝負は最終局か、という雰囲気になってきたが、そんな時、中原名人が”角を出る手がある”と言った。

 えっ、と皆が色めき立つ。この角が使えては完全に逆転だ。

 そして変化を調べている時にモニターテレビに▲4四角が映し出され”ヤッター”と騒然となった。

 6図は前の▲5四歩の効果で次に▲3一銀△同玉▲4二金△同銀▲同飛成△同玉▲5三歩成とする詰めろとなっているし、△4四同銀は▲3四桂△同金▲3一銀でこれも詰む。

 そして後手からの△5五角も消え、適当な手がない。

 絶妙の▲4四角。

 まさにミラクルの名にふさわしい終盤術であった。

(中略)

 南にとって痛恨の失着というべきなのだろうが、おそらく南は6図の▲4四角がよほどショックだったのだろう。

 そして南も羽生の終盤力を信用したため、ここではあきらめが先に立ち、勝ち筋を読む気力がわかなかったのだ。

 しかし南ほどの者の信用を得られるとは。

 まさに羽生にとって一流の証明といえるだろう。

 ともあれ不調といわれた平成2年度だったが、冬に強い南を相手の棋王獲得は立派の一言である。

 来期の羽生の成長と活躍が楽しみである。

「最近では珍しく、ハブニラミもとんだ」とキャプションがついている。将棋世界同じ号、撮影は弦巻勝さん。

* * * * *

6図の▲4四角が、あまりにも鮮やかだ。

このような手が出ると、ドラマのクライマックスを迎えたような雰囲気になる。

* * * * *

羽生善治前竜王(当時)は、3ヵ月3週間で無冠を返上。

この日以来、2018年12月までの27年9ヵ月間、羽生九段はタイトルを絶え間なく保持し続けることになる。

* * * * *

羽生七冠誕生へのスパートは、この翌々期、1992年度から始まる。

1992年度獲得…王座、竜王
1993年度獲得…棋聖、王位、(竜王失冠)
1994年度獲得…名人、(竜王復位)
1995年度獲得…王将

 

タイトルとURLをコピーしました