2020-08-14

読む

羽生善治四冠(当時)「もし、私が挑戦者になっていなければ2ヵ月も対局がなくなるところだった」

将棋マガジン1994年7月号、羽生善治四冠(当時)の「今月のハブの眼」より。  4月、5月は棋士にとってオフシーズンで、対局も少なく、のんびりすることが多い。  私もその例にもれず、毎年、1週間~10日間ぐらいの旅行をしている。今年...
タイトルとURLをコピーしました