2020-09-04

読む

鈴木大介新四段(当時)「ああ、これで一生、大好きな将棋を指していけるんだな」

将棋世界1994年11月号、鈴木大介四段(当時)の四段昇段の記「プレッシャーとの戦い」より。  またいつもと同じ夢を見た。決まって、僕が将棋に負ける夢だ。  奨励会の仲間や、もうプロ棋士になった先輩がささやく。「大介は将棋も...
タイトルとURLをコピーしました