2021-01-11

読む

郷田真隆六段(当時)「この頃の対局では、遅刻や、或いは時間ぎりぎりに入室したりということが多い自分自身を律する意味で、和服で臨んだ」

将棋世界1996年5月号、郷田真隆六段(当時)の昇級者喜びの声〔C級1組→B級2組〕「ベストを尽くすこと」より。  C級1組での順位戦も今期で3期目。  前2期はいずれも8勝2敗で、昇級戦線には絡んだものの今一歩届かなかった...
タイトルとURLをコピーしました