藤井猛六段(当時)「同じ人に3連覇されてはいけないと頑張りました。これまでの新人王は大体独身でしたが、私は結婚してからなり、照れくさい気がします」

将棋世界1997年2月号、「インフォメーション」より。

 第27回新人王戦で、2連覇中の丸山忠久六段を破って初優勝した藤井猛六段の表彰式が11月26日、東京・新宿区の「日本青年館」で行われた。表彰式は囲碁の新人王の高尾紳路五段と同時に行われ、囲碁・将棋界から約80人が出席した。

 藤井六段は「同じ人に3連覇されてはいけないと頑張りました。これまでの新人王は大体独身でしたが、私は結婚してからなり、照れくさい気がします」と語った。

新人王戦表彰式。近代将棋1997年2月号より。

* * * * *

将棋世界1997年1月号、藤井猛六段(当時)の自戦解説の第27回新人王戦決勝三番勝負第3局〔対 丸山忠久六段〕「ホッとした優勝」より。

―棋戦優勝は初めてですね。IBM杯や全日プロは準優勝はありますが。

藤井 準優勝男かな、と自分でも思っていたので、優勝できてホッとしています(笑)。新人王戦は年齢制限があるので、それまでに1回は優勝したいと思ってましたので、本当によかったです。

新人王戦第3局。将棋世界1997年1月号より、撮影は中野英伴さん。

新人王戦第3局。将棋世界1997年1月号より、撮影は中野英伴さん。

* * * * *

「同じ人に3連覇されてはいけないと頑張りました」

この気合いが効いたかのように、藤井猛六段(当時)は、翌年の1997年、更には1999年にも優勝して、新人王戦で3回の優勝を手にしている。

新人王戦での歴代最高優勝回数は3回で、藤井猛九段以外には、森安秀光九段と森内俊之九段。

* * * * *

「これまでの新人王は大体独身でしたが、私は結婚してからなり、照れくさい気がします」

既婚の新人王という視点が面白い。

厳密には調べてはいないが、藤井猛六段が、初の既婚者新人王だった可能性が非常に高い。

その後の既婚者新人王は、2002年の木村一基九段と2005年の渡辺明名人。

* * * * *

タイトル戦になってからの叡王は、歴代独身。

誰が初の既婚者叡王になるか、という観戦の仕方もありそうだ。

タイトルとURLをコピーしました