「棋士の登山は一緒に下山しない」

将棋世界2005年1月号、河口俊彦七段(当時)の「新・対局日誌」より。

 3階の事務室に寄ると、居合わせた西村九段に「薬師岳へ行ったそうだね」と声をかけられた。

「僕も、飛騨側から入り、大縦走で行ったことがある。40年も昔の話だがね」

 そうして山の話をしばらく楽しんだのだが、そういえば、先日、王座戦の観戦で天童へ行った折、帰りに「月山」へ寄る、と言ったら、立ち会いで来ていた大内九段が「若い頃、スキーで登ったんだが、下りでルートを間違え、遭難しそうになったことがある」と、しばらく憶い出話をしていた。

 昔はみんなでよく山へ登ったものだが、組み合わせはどうであっても、みんながそろって下山したことはなかった。そういったところが将棋指しらしい。

(以下略)

* * * * *

2人で登った場合にはさすがに一緒に下山するけれども、例えば5人位で行った時には1人以上一緒に降りてこない人がいる、というような雰囲気なのだろう。

登頂するまでは一緒で、下山はそれぞれマイペースだったとも考えられる。あるいは、隣の山をハシゴするような人もいた可能性もある。

どちらにしても、棋士らしい展開。

ただし、あくまでこれは昔の話なので、現在は違うかもしれない。

* * * * *

私の知人でほとんどの週末には山登りに行っていた人がいた。

彼は山へ行かない休日にはトレーニングを欠かさなかった。

ある時、大きなリュックサックに重い石を何個も入れ、近所の小学校の校庭の砂場に小さな山を作って、そこで何度も上り下りを繰り返していた。

しかし、リュックサックがあまりに重かったのか、何回目かで体のバランスを崩し転んでしまい、足を痛めてしまった(アキレス腱が切れていた)。

起き上がれないので、校庭で遊んでいる小学生に助けを求めようとしたが、こっちを見ているだけで誰も近寄ってこなかったという。

たしかに小学生の気持ちはわかる。大きなリュックサックを背負って砂場に倒れている人を見れば、相当怪しいアブない人だと思うのが普通である。

見舞いに行った時にこの話を聞いて、笑いをこらえるのが大変だった。

 

コメントを残す