「アマ列伝」カテゴリーアーカイブ

小池重明アマ名人(当時)が紹介する王手将棋、二手指し将棋、つい立て将棋、ココセ将棋

近代将棋1982年10月号、小池重明アマ名人(当時)の連載随筆「将棋と酒」より。

色々な将棋

 何時も平手で指している方へ、楽しくそして少し勉強にもなる将棋を紹介したい。

○王手将棋

 名前の通り、先に王手をした方が勝ち。これは実戦にはあまり役にたたない。せいぜい四十手前後で終わるから、ちょいとした息抜きには面白いかもしれない。A図▲3五桂で後手は王手が受からず敗け、玉の囲い方にポイントがある。

○二手指し将棋

 これがむつかしい、双方一度に二手ずつ指すのだが、王手をしてすぐ取るわけにはいかない。相手が二手指しても受からなくすれば良いわけだが、仲々うまくいかない。一時間この将棋を指し三時間頭の痛いのが直らなかったことがある。皆様も気をつけて下さい。

○つい立て将棋

 この将棋は一人審判がいるので三人いないと出来ない。一時は連盟でも流行し、アマチュアのつい立て将棋大会も行なわれたことがある。方法は将棋盤を横に二面並べ間につい立てを置く。相手の指し手がわからないようにするためである。まず自分の前の盤に駒を並べる、(自陣の駒のみ)すると双方自分の駒しか盤上にない。そして一手づつ後は普通の将棋のルールと同じ、B図▲2一飛成は反則、▲5一竜も同じ、▲7八玉とはいけない、このように相手の駒がどこに有るのかわからないので反則をすることがある。このような場合審判がその旨告げ、反則を7回おかすと敗けになるのである。取れた駒は審判が渡す。記憶力が問われる。相手の王様がどこにいるかわからないのも楽しいもんだ。原則として入玉は出来ないものとする。

○ココセ将棋

 一局のうち、どこでも好きな所で相手の指し手を命令出来る、ここにこい、ここにせい、がココセになったものとおもわれる(いいかげん)。これは平手で五分の力だと六枚落ち位のハンデがある。C1図▲3五桂と打つから△2二角と上がれ、

C2図▲6三歩成から△7一玉と寄れ、

C3図▲6九玉と寄るから△4八竜と入れ

といった具合である。王手をかけるのは駄目、出来ない。この将棋のコツはぎりぎりまでココセの権利を残しておくことだ。反対側は二重三重の攻めで行くことがコツ。

(つづく)

* * * * *

小池重明アマ名人(当時)が紹介する変則将棋。

今日の記事で掲載しているものは、実戦の役には全く立たない変則将棋。もちろん実力アップにもつながらない。

逆に言えば、二手指し将棋以外は気楽に楽しめるものばかり。

* * * * *

王手将棋は、中田功七段が将棋世界で連載講座を書いていた。奥が深い。

* * * * *

二手指し将棋は、かなり頭を使いそうなので、本当に疲れそう。同じ頭を使うなら、もっと違うことに頭を使いたい気持ちになりそうだ。

* * * * *

つい立て将棋は、「将棋クエスト」で対人型で対局できる。

初めてやってみたが、2勝8敗という戦績。

何でこんなに勝てないのだろうと思ってしまうぐらい勝てない。

コツがあるらしいが、それを心がけても勝てない。

個人的に結構落ち込んでいる。

 

小池重明読売日本一(当時)「何時になったら狼になりうるのか、一生なれないのではないか」

近代将棋1982年12月号、小池重明読売日本一(当時)の連載随筆「将棋と酒」より。

 狼は自らの力で傷をいやすという。私は酒の力を借り、友の力を借り傷をいやそうとしたが……まだ奥のほうでズキン、ズキンと脈を打っている感じだ。何時になったら狼になりうるのか一生なれないのではないか………。

 母をなくした時、やっと母の深かった愛情に気付いた。この先一生あのような深い愛とは巡りあえないのではないか……。私に残ったのは後悔ばかりである。

 しばらくそんな気持を忘れていたが、今年のアマ戦の後、日がたつにつれそんな気持になってきた。嫌な気持である。後悔がいっぱいである。本当に自分はアマ名人に向かって、力一杯頑張ったか、どこかで逃げていたのではないか……、狼はどんなときでも全力を尽くしスキを見せない。スキを見せたら最後、己が無くなることを知っているからだ。なのに私は………、これからは一局、一局が何時も最後の将棋だと思い精一杯自分を試してみたい。

 酒の旨い季節である。私の場合は一年中旨いが、ふぐ、まったけ、ぎんなん、秋はつまみが旨すぎる。つい度を過ごしてしまう。先日も悪友である日本棋院の上村七段と池袋からスタートしお決まりのコース新宿へ。きれいな女性が数人、二人で内心今日はついてる!ピッチがいつもより早い、そして焼肉を食べに、今日はひょっとするといいことがあるかも………こういう時だけはすぐ狼になれるのである。ところが、ところがそれからの記憶が全くないのである。何かよい夢を見ていたような気がする。遠くの方から声が聞こえる。段々大きな声になって耳に入ってくる。そして目がさめ、前をみると制服のおまわりさんが「大丈夫ですか?」一瞬自分の置かれている立場がよくわからない。まわりをみると車が沢山とめてある。良くみると駐車場である。車と車の間で上衣を脱ぎ寝ていたらしい。そしてまた「大丈夫ですか?」の声が聞こえる。実は110があったものですからとのこと。近くに高層ビルが見える。新宿の近くであることは間違いないらしい。ここはどこですか?「代々木ですよ」……納得がいかない、歌舞枝町で飲んでいてここは代々木。がんがんする頭と重い体をひきずりながら出た結論は、送り狼が代々木で射殺された。いやおはずかしい酒は飲み過ぎないように皆さんも気を付けましょう、それとマニキュアをした女にも……。

(以下略)

* * * * *

「母をなくした時、やっと母の深かった愛情に気付いた。この先一生あのような深い愛とは巡りあえないのではないか……。私に残ったのは後悔ばかりである」

小池重明さんとお母さんの関係を考えると、非常に心を打つ言葉だ。

* * * * *

「飲み過ぎないように皆さんも気を付けましょう、それとマニキュアをした女にも」

一転して送り狼が代々木で沈没したという話。

歌舞伎町から代々木までは歩いて20分はかかるので、きっと歌舞伎町で小池さんと女性が一緒にタクシーに乗ったのだと考えられる。

しかし、送り狼になりそうな様子の酔った小池さんを見て、女性が代々木で小池さんをタクシーから降ろした、と推理できる。

どちらにしても、酔っ払いすぎないことに越したことはない。

 

大山康晴十五世名人に指名されて谷川浩司八段(当時)が歌った唄

近代将棋1982年11月号、小池重明読売日本一(当時)の連載随筆「将棋と酒」より。

読売大会

 読売の大会で一回戦は大汗をかいた、中盤までは私の指しやすい局面だったが、終盤受けていればよいものを、詰まないのを承知で詰めにいったのである。どうしてかと聞かれても自分でもわからない、受けているとやられそうな気がしたから……、己の弱さのせいだろう………、当然のように相手玉は詰まない、きわどい筋はあるが一枚足りない、心の中は後悔でいっぱいである。一回戦でお帰りとは情ない。わざわざ近所のホテルに泊まって体調を整えたのにと、半分泣きべそである。

 残り時間は双方とも4分位、切れ負けルールといっても十分読み切れる局面だ。飛車で王手、桂合い以外は詰み、相手の持駒は角金銀桂香、少考の後桂馬を手に持った。万事休すである。ところがなかなか手を下さない。そして桂馬を駒台にもどしたのだ。次に手にした駒が香、私心の中で打て、打てと念力をかける。ところが香もまた駒台に。ああやっぱりバレチャッタか、次に持った駒が銀、次が角、もう早くしてくれーと叫けびたくなるような時間が過ぎてゆく。将棋とゆうのは本当に心臓によくない。角を手放した時私の勝ちが決まった。九分九厘死んでいたのが再び息をふきかえしたのだ。このツキが最後まで残っていたようで、出場五回目、全国大会三度目の正直で初優勝、嬉しいの一言、読売での投下資本、5回分の会費7,500円、ホテル代6,500円、計14,000円、収入53年2位40万円、56年5位5万円、57年優勝90万円、計140万円、差し引き1,386,000円の黒字、しかしどこへいっちゃったのかなあー、このお金は?

アマ戦あれこれ

 九月四日、支部名人の櫛田陽一君、秋田代表の野藤鳳優さんと大阪へ向かう。車中将棋盤を取り出しパチパチ、となりの人が面白そうな顔をしてみている。私は瞑想にふけっているというより前夜の酔眠不足を取りもどそうとしている感じ、ゲンをかついで缶ビールとカツ弁当、二人は幕の内かと思いきや、やはりカツ弁、これでは御利益もあまり期待できない。あっというまに大阪、夜将棋を指すのにチェス、クロックがほしいという、こういう時年寄りは損である。使い得だと思っているふしがある?会館に行き一階でその旨つげると皆前夜祭の会場へ行っているから駄目だとのこと、それでもしつっこく三階の事務所にいくと三人ばかり職員の人がいた。訳をはなしていると、奥から牛乳びんの底をめがねにはめこんだ人が、失礼大山会長が出ていらっしゃいました。さすが会長、話しがよくわかる。

(中略)

 前夜祭、選手の中で半数以上が見知った顔である。私も若手じゃなくなったということか、大阪の沖元二さん、いつみても血色のよい元気な人である。アマチュア界で十数年第一線で頑張っているということは大変なことであると思う。見習わなければいけないところが沢山あると感じた。さて宴たけなわ谷川八段が大山会長に指名され、北酒場を歌ういい声だ、スタイルもよい、うらやましい。そして会長が王将を、私も何か指名されそうな雰囲気である。トイレに避難、呼んでいる声が聞こえる、しめしめ助かった。薄暗い酒場で歌うならともかく、こんなに明るい場所で歌うなんて気の小さい私に出来る訳がない。板谷八段が指名されマイクを持つが歌うような感じでない。おかしいと思っていると急に、歌は小池君がやりますときた、やはり助からない日であった。一日目、緊張の日である。ここで我々アマチュアにとって朗報があった。大山会長が正式にアマ名人を三期取ったら七段の免状を出すと発表したのである。昨年あたりから聞いたことはあったが噂の域を出なかった。これで正式に決定したわけで本当に良いことだと思う。

(以下略)

* * * * *

冒頭の、読売大会の全文は、もっとも望まれる面白い自戦記の姿だと思う。

アマチュアだからこそ書ける、アマチュアならではの珠玉の自戦記。

* * * * *

「飛車で王手、桂合い以外は詰み、相手の持駒は角金銀桂香(中略)将棋とゆうのは本当に心臓によくない」

これは、長手数の詰みを読める高段者だからこその悩み。多くのアマチュアはこのような場面で心臓に影響は出ないだろう。

霊能力のある人がいろいろな霊を見てしまうのに対し、霊能力のない人が全く霊を見ることができないのと同じ関係。

* * * * *

タイトル戦の前夜祭でも棋士や関係者がカラオケで歌っていた時代。

アマ名人戦の前夜祭でカラオケの時間があっても不思議ではない。

大山康晴十五世名人が谷川浩司八段(当時)に「あなたも何か歌いなさいよ」と言ったのだろう。

断るわけには絶対にいかない。そもそも大山会長も歌うわけだし。

『北酒場』は細川たかしさんの大ヒット曲。

年配の男性ばかりの会場だからわざわざ演歌にしたのかなと最初は思ったのだが、調べてみると『北酒場』はこの半年前の1982年3月21日に発売されたばかりで、年末にはレコード大賞を受賞しているほどのヒットの真っ最中の頃。

谷川浩司八段が普通に歌いたい唄を歌っていただけなのだと理解できた。

 

小池重明アマ名人(当時)「人柄の良さ、将棋に対する情熱、アマチュアに対する深い理解と、欠点をみつけるのが困難?な素晴らしい人である」

近代将棋1982年10月号、小池重明アマ名人(当時)の連載随筆「将棋と酒」より。

 最近どうも体の調子がよくない。飲み過ぎと睡眠不足のせいだとは思うが、大きな大会前なので自重しなければと思っている。鬼の小池重明も段々人並になってきたようだ。

森雞二八段棋聖就位を祝う会

 新宿の京王プラザで行なわれた。指し込み戦以後棋聖には懇意にして頂き有難いことだと感謝している。人柄の良さ、将棋に対する情熱、アマチュアに対する深い理解と、欠点をみつけるのが困難?(へんな言いまわし)な素晴らしい人である。

 当日のメンバーがまたすごい。棋士では大山会長を初め、二上副会長、升田九段、以下、芹沢八段、加藤(博)八段、真部七段、田中(寅)六段……もう数えきれないくらいである。連盟の棋士の半数以上が来たのではないか、そんな感じである。他に俳優の長門裕之、勝呂誉さんや、関取、高等裁判所長官、etc、交友の広さと、人柄の良さのせいであろう。二百人以上はいたのではないか、また就位式以外でのこういうパーティーはめずらしいそうだが、それにしてもこの集まり。(うらやましい)。棋聖のあいさつの中で印象に残ったことがあった。それは、「今後、私は名人になるまで、こういった会は開きません」棋聖の将棋に対する情熱・熱意がムンムンと私には感じられた。こういう素晴らしい人と将棋が指せたことは私にとって大変幸せなことだとあらためて感じた。

 今期のA級は史上最強のメンバーだと私は思っている。順位戦を初め各棋戦で森旋風をおこしてもらいたいと思うのは私だけではないと思う。頑張って下さい。

大会あれこれ

 あと数日で読売の大会がある。昨年はハデにV宣言をしたものの結果は……思い出したくもない。昨年の二の舞いはしないよう頑張るつもりだが……、こればっかりは相手のいることなので蓋を開けてみないとわからない。一度百万円の手触わりを味わってみたいものだ。

 大会前は何時もそうだが気持が落ちつかぬ。全局穴熊でいこうか……、否、美濃囲いの方が良いか、相手が振ってきたら居飛車穴熊か、いや途中向い飛車で急戦にされたらどうしようか、それなら相振りにするか………、こんな具合いに迷いに迷うのである。そして大会当日、えっーい、もうどうにでもなれっーと開き直るのである。盤の前に座るまで本当に心落ちつかぬ。ナイーブな私だから無理からぬところか?

 今年も会場は武蔵小杉ということなので仲間数人と前日から会場近くに宿を取り、コンディションをととのえるつもりだが、吉と出るか凶と出るか……、吉と出ろ、吉と出ろ、吉と出ろ。いやお見苦しいところを……。【編集部注既報のとおり読売日本一決定戦は小池さんの優勝。今ごろ、喜びを噛みしめていることでしょう】

 読売がすむと神津島で森八段等プロ三人(四段以上)と日暮里研究会とのオープン戦が二泊三日で行なわれる、こちらの方は将棋、酒、つりと楽しみが多い。

 アマ側は内田昭吉、金子タカシ両読売日本一、櫛田陽一支部名人、それに私というメンバーだが、皆張り切っているので楽しみである。本誌でその模様を報告しますので期待しないで待ってて下さい。

 そして九月四日からはアマ名人戦、待ちに待ったと言いたいが……、来てもらいたくない日でもある。(こちらが本音)

 気の重いことがある。最近会う人、会う人皆言うことが同じだ、「三連覇頑張って下さい」、段々気が重くなってくる。笑ってごまかしてはいるが……。悔いのない将棋を指したいと思っている。神のみが結果を知っているわけだが……、聞きたいものだ神様に。

 最近二度ばかり大阪で将棋を指したが、どうも成績が良くない。その大阪で今年はアマ戦が開かれるのもいやな感じだ。女流プロの応援が期待出来ないのも心配の一つだ。その上今年は予選からの出場ときている。しかしこの方は一敗しても二勝すれば本戦に残れるので初戦敗けやすい体質の私にはプラス材料かもしれない。日暮里研究会の櫛田陽一君と一緒に大阪へ行くが、(彼も代表)どちらかが取れたら楽しいと思う、乞うご期待。

(以下略)

* * * * *

指し込み三番勝負(角落ち、香落ち、平手)で小池重明氏に敗れた森雞二八段(当時)だが、一点のわだかまりもなく、勝負の後は懇意にしていたことがわかる。

森雞二九段らしい懐の深さと明るさ。

* * * * *

森雞二棋聖就位を祝う会は、就位式とは別の会。発起人がたくさんいたのだろう。

「今後、私は名人になるまで、こういった会は開きません」

が格好いい。

* * * * *

昨年の11月11日、日本青年館ホテルで「森雞二九段のプロ棋士五十周年を祝う会」が開催されている。

そういう意味では、この会は超法規的な特別な会と言えるだろう。

弟弟子の郷田真隆九段が中心となって諸々の準備が行われた。

「森雞二九段のプロ棋士五十周年を祝う会」に参加する

* * * * *

読売日本一決定戦は現在のアマ竜王戦。

この期のアマ名人戦、小池重明氏は1勝1敗同士の対戦に勝って予選通過(2戦目に敗れている)。しかし、決勝トーナメント1回戦で敗退してしまう。

櫛田陽一少年は2連勝で予選通過、決勝トーナメント準決勝で敗れる。

 

小池重明アマ名人(当時)「どうも弱った、私のことを真剣師だと思っている人がいるからだ」

近代将棋1982年9月号、小池重明アマ名人(当時)の連載随筆「将棋と酒」より。

 どうも弱った、私のことを真剣師だと思っている人がいるからだ。将棋だけで生活しているから多分賭け将棋でもして食べているのだろう……、だから真剣師である。こんな論理であろう。私は賭け将棋は好きだし、相手に真剣を望まれて断ったことは一度もない。しかし私の方から声をかけたことはあまりない(少しはあるということか?)賭けない将棋だって大好きなのである。ようするに将棋が大好きなのだ。アマ名人になってからは、おかげさまであちらこちらから声をかけられ、呼ばれていくことがある。将棋道場は毎月定期的に3ヵ所よばれている。将棋スナックが1ヵ所、本誌の原稿、その他である。これが私の収入源である。こんな訳でありますから私のことを誤解していらっしゃる方は考えなおしていただくよう。どうしても私と真剣をなさりたい方は編集部迄ご連絡下されば折返しご返事を差し上げますから……?

* * * * *

強いということが知れ渡って有名になってしまうと、真剣そのものの機会が減ってしまうもの。

あまりにも有名な真剣師だと、場が立たなくなってしまう。

* * * * *

昔、職場の上司が「森君、賭け将棋をやろう」と言ってきたことがあった。

飲みに行くのはいつものことなので、たまには変わったことをしようということから、このような展開となった。

「やめたほうがいいですよ」

と言ったのだが、「いや、やろう」。

上司の初手は▲7八銀。

それを見て私は「やっぱり賭けるのはやめましょうよ」。

「いや、大丈夫だから。やろうやろう」と上司。

1局目は当然のことながら私の勝ち。

私「2局目以降は賭けるのやめましょう」

上司「いや、賭けよう。久し振りの将棋だったから今のは調子が出なかったけど、次は違うから」

2局目も当然のことながら私の勝ち。

私「3局目以降は賭けるのやめましょう」

上司「俺をそんなに弱いと思ってるわけ?続けよう」

結局、8局指して私の全勝に終わった。

上司はかなり落ち込んでいた。これは8,000円というお金の問題よりも、全敗のショックが大きかったようだ。

その8,000円で二人で飲みに行くことになるわけだが、いつも陽気な上司も、その夜は少し元気がなかった。

* * * * *

後日、上司からその時の話を聞いた別の上司がやってきて、次のような話をしてくれた。

「全部勝っちゃったんだって? ダメだなあ、そういうときは少し負けてあげないと。そうすれば彼を何度もカモにすることができたのに」

なるほど、これがそのような道の極意なのかと目からウロコが落ちるような思いだった。

たしかに、二人で飲んだとはいえ8,000円を巻き上げてしまった上司からは、二度と賭け将棋の誘いはなかった。

* * * * *

真剣師はこの辺りはしっかりしていて、初めてやる人には少し負けるようなこともしていたようだ。

お客さんを継続的につなぎとめておくには必要な技だ。

しかし、小池重明さんのように有名になってしまうと、このような小技も使えなくなる。

辛いところだ。