「アマ列伝」カテゴリーアーカイブ

グランドチャンピオン戦の前の徹夜麻雀

近代将棋1983年5月号、小池重明読売日本一(当時)の連載随筆「将棋と酒」より。

 3月19日(土)何故か新宿の歌舞伎町で麻雀を打っている。御一人様でも出来ますというのが看板のブー麻雀である。打ち始めてからほぼ24時間経つ、明日はグランドチャンピオン戦があるというのにこんな事していい訳がない。午前1時半隅にあるソファーで横になる。

 3月20日(日)7時起床、大会は9時からだからまだ少し時間がある。昨日の負けを取り返すべくまた仲間に入る、バカヅキである。1日の負けを1時間半で取り返す、これはツイているひょっとしたら今日明日の大会も……などと相変わらずの極楽トンボである。9時ぎりぎりに会場である将棋会館に着く。

 今回のメンバーはアマ名人・宮沢巧、朝日名人・加部康晴、アマ王座・横山公望、赤旗名人・中藤誠、アマ王将・谷川俊昭、全日本オープン・野山知敬、レーティング・松田隆、読売日本一・小池重明の8人である。下馬評では谷川、加部、ついでに小池という名前があがっていたが……。

 9時10分対局開始、第1戦の相手は松田氏。序盤から中盤指し易い将棋だったが図にのっていったのが悪く、7七桂で負けかな?と思っていたら松田氏これを見逃し何とか勝たしてもらう。2局目横山氏中盤から終盤の入り口まで私の方が良かった筈だが……、局面はA図、

 ここで△6四飛では▲4二桂成以下詰まされる。△4一金打と受けても▲4二桂成△同金▲5二金でやはり負け、重苦しい時間が過ぎていく、20分の長考で△5五歩、▲同馬は△3三桂がピッタリ。しかし詰まされそうであるが、横山氏の持時間にも助けられ何とか2戦目通過。3局目谷川氏馬作らせ戦法で向かったが、角を打たされ桂損となり、必敗形いい処なく敗れさる。1日目が終わった。谷川氏一人が3連勝、あと2戦残しているが、1勝1敗なら優勝という感じになってきた(同率決戦なし)。例によって皆で飲みに行く、代々木から新宿、日暮里と、そして連盟で泊まる事になっていた数人も何故か私と一緒に寝る、午前2時就寝。

3月21日(月)7時半起床、皆で近所の喫茶店へ行く。450円でコーヒー、ホットドッグ、ゆで卵、スープは何時も感じることだが安い。連盟着9時、今日は10時対局開始である。皆想い想いに横になったり、本を読んでいたり独特の雰囲気を醸し出している。定刻開始、私は中藤氏と難解な中盤を乗り切ったが、寄せでぐずりおかしくなっている。

 中藤氏指そうと想っていた手を変更、これが良くなかったようで何とか3勝目。感想戦でわかったことだが、氏の方が私より良く読んでいたようだ。隣の谷川、加部戦が本日のハイライト、矢倉から凄絶な寄せ合いとなり、終盤加部氏間違い谷川氏の勝ちとなる。これで谷川氏の優勝が決まる。最終局加部氏との対戦、中盤良かったのが終盤大差、参った参ったである。今回の対局で気づいた事は中盤迄良くなると後がゆるむということであった。序盤巧者の私には終盤の力がもう少し必要だと痛感した?谷川君おめでとう、2位は加部君、3位は私がかろうじて入った。まあ勝ち越せたことを幸せと想わなければいけないか。

 今日は新宿のジンギス汗で打ち上げと決まっている。せいぜい飲んで食べて気を晴らさねばノイローゼになりそうである。明日は研究会なのでまた同じ顔ぶれが揃いそうである。何時まで続くぬかるみぞ……

(以下略)

* * * * *

グランドチャンピオン戦は、日本アマチュア将棋連盟主催のアマチュアタイトル保持者によるトーナメント戦。

* * * * *

24時間麻雀をやって、雀荘で寝て、起きてからまた麻雀を打つ。

対局前にはなかなかできないことだ。

対局が始まるまでのわずかな時間でも麻雀を打つところが特にすごい。

* * * * *

450円でコーヒー、ホットドッグ、ゆで卵、スープ。

家で食べてもそうは思わないのだけれども、喫茶店でホットドッグを食べると、なぜか少し幸せな気分になることができる。

バターたっぷりの厚切りのトーストも同じような位置づけだ。

昭和の喫茶店の定番のナポリタンは、家と喫茶店では感動にあまり差はない。

ゆで卵は、微妙でなんとも言えない。

 

「将棋の旅」の大酒豪

近代将棋1983年4月号、小池重明読売日本一(当時)の連載随筆「酒と将棋」より。

 今回酒友(失礼)である七條兼三氏の御厚意で長崎、雲仙将棋の旅にお供させて頂いた。もう何度もこういう旅行に参加している七條氏は旅慣れている。こんな具合である。

「船の中の飲み屋はたしか11時頃で閉まる。酒を用意して持っていこう」。一升か二升だと思っていたら原酒の一升徳久利4本である。「これだけ持って行けば大丈夫だろう」、ぎょっ、である。これでは九州に着く前に私の体がこわれそうである。2月10日午後5時半乗船6時出航である。何故か七條氏と同じ船室である。嫌な予感がする?まだ船が動かないうちから酒盛りである。やっと動きだしたと思ったらもう一升徳久利が横になっている。「オレ生きて東京に帰れるのかな?」船の中じゃ逃げる訳にもいかないし、一ヶ所あるとすれば真冬の海の中、これはずいぶん寒そうだ……。そうこうしているうちに2本目が空になった。もう駄目、一瞬のスキをみつけ逃げ出す。酒の酔いと船の揺れとで足元がフラフラする。いや船は揺れてなかったかもしれない。娯楽室で大山会長達の麻雀を見学、それも終わり残るは私一人、今部屋に戻るとまだ七條氏がおきていそうだ。そのままゴロリと横になる。2~3時間たち目が覚めるとかけた覚えのない毛布がかかっている。いるんですねー、優しい人が。きっと女性に違いないなどと気楽なことを考え部屋に戻ると七條氏はぐっすり、1日目無事通過。

 2日目関西、四国班と合流、大田学氏の顔も見える。広島の高木達夫氏も元気な姿を見せる。このときは真夜中に高木氏の襲撃があるなどとは夢にも思っていなかった。早速七條、高木両氏と私の3人で酒盛りである。これで用意した原酒四升すべて空になる。おつぎはウイスキーである。体の状態が段々悪くなってくるのが自分でもわかる。早く陸に上がりたいと思う。夜8時頃まで3人で飲み散会となる。布団に倒れ込むようにして寝る。

 午前2時頃起こされる。ねぼけまなこでみると両氏が飲んでいる。高木氏曰く「小池君、起きて一緒に飲もうや」。ウイスキー1本の他に缶ビール30本程空になる。再びダウン。翌朝気がついてみたらパジャマの上に背広を着てバスに乗っていた。自分で乗った記憶がまったくない。どなたかにご迷惑をかけたようで……。船の中での損害、買ったばかりのカーデガンとプレゼントに貰ったライター。助けてくれー、饅頭恐いじゃないが酒恐いよー。後はもうバスの中で昏々と眠り続け死人と同じ。グラバー邸記憶がないよー。もう酒やめた!次の日一日だけでした。お粗末。

* * * * *

七條兼三さんは秋葉原ラジオ会館の設立者であり社長、高木達夫さんは飯干晃一著『仁義なき戦い』にも名前が出てくる元・テキヤの親分(この頃は引退してからかなりの年数が経っている)。

二人とも将棋界の大旦那で、将棋会館建設時など大きな支援があった。

近代将棋1998年6月号、湯川博士さんの「アマ強豪伝 七條兼三 その2」の中で掲載された写真。左から、高木達夫さん、最後の真剣師・大田学さん、湯川恵子さん、七條兼三さん。撮影は湯川博士さん。

* * * * *

小池重明さんが「長崎、雲仙将棋の旅」と書いているのは「第3回名将戦まつり 大山十五世名人と将棋の旅」のこと。

旅行の日程等は以下の通り。(近代将棋に掲載された広告)

行きはフェリーで帰りは飛行機。

2月10日の将棋会館集合15:30、出発16:00のワクワク感がたまらない。

当時の将棋世界には、そのレポートが載っている。

船で行く3泊4日「大山十五世名人と将棋の旅」

 

この2年後の1985年の旅についても書かれた記事がある。

大山十五世名人と将棋の旅

* * * * *

このような個性的な酒豪が乗船しているかいないかは別としても、今の時代にこのような旅があっても面白いだろう。

 

小池重明アマ名人(当時)が紹介する王手将棋、二手指し将棋、つい立て将棋、ココセ将棋

近代将棋1982年10月号、小池重明アマ名人(当時)の連載随筆「将棋と酒」より。

色々な将棋

 何時も平手で指している方へ、楽しくそして少し勉強にもなる将棋を紹介したい。

○王手将棋

 名前の通り、先に王手をした方が勝ち。これは実戦にはあまり役にたたない。せいぜい四十手前後で終わるから、ちょいとした息抜きには面白いかもしれない。A図▲3五桂で後手は王手が受からず敗け、玉の囲い方にポイントがある。

○二手指し将棋

 これがむつかしい、双方一度に二手ずつ指すのだが、王手をしてすぐ取るわけにはいかない。相手が二手指しても受からなくすれば良いわけだが、仲々うまくいかない。一時間この将棋を指し三時間頭の痛いのが直らなかったことがある。皆様も気をつけて下さい。

○つい立て将棋

 この将棋は一人審判がいるので三人いないと出来ない。一時は連盟でも流行し、アマチュアのつい立て将棋大会も行なわれたことがある。方法は将棋盤を横に二面並べ間につい立てを置く。相手の指し手がわからないようにするためである。まず自分の前の盤に駒を並べる、(自陣の駒のみ)すると双方自分の駒しか盤上にない。そして一手づつ後は普通の将棋のルールと同じ、B図▲2一飛成は反則、▲5一竜も同じ、▲7八玉とはいけない、このように相手の駒がどこに有るのかわからないので反則をすることがある。このような場合審判がその旨告げ、反則を7回おかすと敗けになるのである。取れた駒は審判が渡す。記憶力が問われる。相手の王様がどこにいるかわからないのも楽しいもんだ。原則として入玉は出来ないものとする。

○ココセ将棋

 一局のうち、どこでも好きな所で相手の指し手を命令出来る、ここにこい、ここにせい、がココセになったものとおもわれる(いいかげん)。これは平手で五分の力だと六枚落ち位のハンデがある。C1図▲3五桂と打つから△2二角と上がれ、

C2図▲6三歩成から△7一玉と寄れ、

C3図▲6九玉と寄るから△4八竜と入れ

といった具合である。王手をかけるのは駄目、出来ない。この将棋のコツはぎりぎりまでココセの権利を残しておくことだ。反対側は二重三重の攻めで行くことがコツ。

(つづく)

* * * * *

小池重明アマ名人(当時)が紹介する変則将棋。

今日の記事で掲載しているものは、実戦の役には全く立たない変則将棋。もちろん実力アップにもつながらない。

逆に言えば、二手指し将棋以外は気楽に楽しめるものばかり。

* * * * *

王手将棋は、中田功七段が将棋世界で連載講座を書いていた。奥が深い。

* * * * *

二手指し将棋は、かなり頭を使いそうなので、本当に疲れそう。同じ頭を使うなら、もっと違うことに頭を使いたい気持ちになりそうだ。

* * * * *

つい立て将棋は、「将棋クエスト」で対人型で対局できる。

初めてやってみたが、2勝8敗という戦績。

何でこんなに勝てないのだろうと思ってしまうぐらい勝てない。

コツがあるらしいが、それを心がけても勝てない。

個人的に結構落ち込んでいる。

 

小池重明読売日本一(当時)「何時になったら狼になりうるのか、一生なれないのではないか」

近代将棋1982年12月号、小池重明読売日本一(当時)の連載随筆「将棋と酒」より。

 狼は自らの力で傷をいやすという。私は酒の力を借り、友の力を借り傷をいやそうとしたが……まだ奥のほうでズキン、ズキンと脈を打っている感じだ。何時になったら狼になりうるのか一生なれないのではないか………。

 母をなくした時、やっと母の深かった愛情に気付いた。この先一生あのような深い愛とは巡りあえないのではないか……。私に残ったのは後悔ばかりである。

 しばらくそんな気持を忘れていたが、今年のアマ戦の後、日がたつにつれそんな気持になってきた。嫌な気持である。後悔がいっぱいである。本当に自分はアマ名人に向かって、力一杯頑張ったか、どこかで逃げていたのではないか……、狼はどんなときでも全力を尽くしスキを見せない。スキを見せたら最後、己が無くなることを知っているからだ。なのに私は………、これからは一局、一局が何時も最後の将棋だと思い精一杯自分を試してみたい。

 酒の旨い季節である。私の場合は一年中旨いが、ふぐ、まったけ、ぎんなん、秋はつまみが旨すぎる。つい度を過ごしてしまう。先日も悪友である日本棋院の上村七段と池袋からスタートしお決まりのコース新宿へ。きれいな女性が数人、二人で内心今日はついてる!ピッチがいつもより早い、そして焼肉を食べに、今日はひょっとするといいことがあるかも………こういう時だけはすぐ狼になれるのである。ところが、ところがそれからの記憶が全くないのである。何かよい夢を見ていたような気がする。遠くの方から声が聞こえる。段々大きな声になって耳に入ってくる。そして目がさめ、前をみると制服のおまわりさんが「大丈夫ですか?」一瞬自分の置かれている立場がよくわからない。まわりをみると車が沢山とめてある。良くみると駐車場である。車と車の間で上衣を脱ぎ寝ていたらしい。そしてまた「大丈夫ですか?」の声が聞こえる。実は110があったものですからとのこと。近くに高層ビルが見える。新宿の近くであることは間違いないらしい。ここはどこですか?「代々木ですよ」……納得がいかない、歌舞枝町で飲んでいてここは代々木。がんがんする頭と重い体をひきずりながら出た結論は、送り狼が代々木で射殺された。いやおはずかしい酒は飲み過ぎないように皆さんも気を付けましょう、それとマニキュアをした女にも……。

(以下略)

* * * * *

「母をなくした時、やっと母の深かった愛情に気付いた。この先一生あのような深い愛とは巡りあえないのではないか……。私に残ったのは後悔ばかりである」

小池重明さんとお母さんの関係を考えると、非常に心を打つ言葉だ。

* * * * *

「飲み過ぎないように皆さんも気を付けましょう、それとマニキュアをした女にも」

一転して送り狼が代々木で沈没したという話。

歌舞伎町から代々木までは歩いて20分はかかるので、きっと歌舞伎町で小池さんと女性が一緒にタクシーに乗ったのだと考えられる。

しかし、送り狼になりそうな様子の酔った小池さんを見て、女性が代々木で小池さんをタクシーから降ろした、と推理できる。

どちらにしても、酔っ払いすぎないことに越したことはない。

 

大山康晴十五世名人に指名されて谷川浩司八段(当時)が歌った唄

近代将棋1982年11月号、小池重明読売日本一(当時)の連載随筆「将棋と酒」より。

読売大会

 読売の大会で一回戦は大汗をかいた、中盤までは私の指しやすい局面だったが、終盤受けていればよいものを、詰まないのを承知で詰めにいったのである。どうしてかと聞かれても自分でもわからない、受けているとやられそうな気がしたから……、己の弱さのせいだろう………、当然のように相手玉は詰まない、きわどい筋はあるが一枚足りない、心の中は後悔でいっぱいである。一回戦でお帰りとは情ない。わざわざ近所のホテルに泊まって体調を整えたのにと、半分泣きべそである。

 残り時間は双方とも4分位、切れ負けルールといっても十分読み切れる局面だ。飛車で王手、桂合い以外は詰み、相手の持駒は角金銀桂香、少考の後桂馬を手に持った。万事休すである。ところがなかなか手を下さない。そして桂馬を駒台にもどしたのだ。次に手にした駒が香、私心の中で打て、打てと念力をかける。ところが香もまた駒台に。ああやっぱりバレチャッタか、次に持った駒が銀、次が角、もう早くしてくれーと叫けびたくなるような時間が過ぎてゆく。将棋とゆうのは本当に心臓によくない。角を手放した時私の勝ちが決まった。九分九厘死んでいたのが再び息をふきかえしたのだ。このツキが最後まで残っていたようで、出場五回目、全国大会三度目の正直で初優勝、嬉しいの一言、読売での投下資本、5回分の会費7,500円、ホテル代6,500円、計14,000円、収入53年2位40万円、56年5位5万円、57年優勝90万円、計140万円、差し引き1,386,000円の黒字、しかしどこへいっちゃったのかなあー、このお金は?

アマ戦あれこれ

 九月四日、支部名人の櫛田陽一君、秋田代表の野藤鳳優さんと大阪へ向かう。車中将棋盤を取り出しパチパチ、となりの人が面白そうな顔をしてみている。私は瞑想にふけっているというより前夜の酔眠不足を取りもどそうとしている感じ、ゲンをかついで缶ビールとカツ弁当、二人は幕の内かと思いきや、やはりカツ弁、これでは御利益もあまり期待できない。あっというまに大阪、夜将棋を指すのにチェス、クロックがほしいという、こういう時年寄りは損である。使い得だと思っているふしがある?会館に行き一階でその旨つげると皆前夜祭の会場へ行っているから駄目だとのこと、それでもしつっこく三階の事務所にいくと三人ばかり職員の人がいた。訳をはなしていると、奥から牛乳びんの底をめがねにはめこんだ人が、失礼大山会長が出ていらっしゃいました。さすが会長、話しがよくわかる。

(中略)

 前夜祭、選手の中で半数以上が見知った顔である。私も若手じゃなくなったということか、大阪の沖元二さん、いつみても血色のよい元気な人である。アマチュア界で十数年第一線で頑張っているということは大変なことであると思う。見習わなければいけないところが沢山あると感じた。さて宴たけなわ谷川八段が大山会長に指名され、北酒場を歌ういい声だ、スタイルもよい、うらやましい。そして会長が王将を、私も何か指名されそうな雰囲気である。トイレに避難、呼んでいる声が聞こえる、しめしめ助かった。薄暗い酒場で歌うならともかく、こんなに明るい場所で歌うなんて気の小さい私に出来る訳がない。板谷八段が指名されマイクを持つが歌うような感じでない。おかしいと思っていると急に、歌は小池君がやりますときた、やはり助からない日であった。一日目、緊張の日である。ここで我々アマチュアにとって朗報があった。大山会長が正式にアマ名人を三期取ったら七段の免状を出すと発表したのである。昨年あたりから聞いたことはあったが噂の域を出なかった。これで正式に決定したわけで本当に良いことだと思う。

(以下略)

* * * * *

冒頭の、読売大会の全文は、もっとも望まれる面白い自戦記の姿だと思う。

アマチュアだからこそ書ける、アマチュアならではの珠玉の自戦記。

* * * * *

「飛車で王手、桂合い以外は詰み、相手の持駒は角金銀桂香(中略)将棋とゆうのは本当に心臓によくない」

これは、長手数の詰みを読める高段者だからこその悩み。多くのアマチュアはこのような場面で心臓に影響は出ないだろう。

霊能力のある人がいろいろな霊を見てしまうのに対し、霊能力のない人が全く霊を見ることができないのと同じ関係。

* * * * *

タイトル戦の前夜祭でも棋士や関係者がカラオケで歌っていた時代。

アマ名人戦の前夜祭でカラオケの時間があっても不思議ではない。

大山康晴十五世名人が谷川浩司八段(当時)に「あなたも何か歌いなさいよ」と言ったのだろう。

断るわけには絶対にいかない。そもそも大山会長も歌うわけだし。

『北酒場』は細川たかしさんの大ヒット曲。

年配の男性ばかりの会場だからわざわざ演歌にしたのかなと最初は思ったのだが、調べてみると『北酒場』はこの半年前の1982年3月21日に発売されたばかりで、年末にはレコード大賞を受賞しているほどのヒットの真っ最中の頃。

谷川浩司八段が普通に歌いたい唄を歌っていただけなのだと理解できた。