「戦法」カテゴリーアーカイブ

「藤井竜王の将棋は、序盤からすぐにでも噛み付きたがるので、居飛車党はとても困る」

将棋世界1999年12月号、高橋道雄九段の「タカミチの実戦コーナー」より。この月のテーマは短手数将棋。

第58期B級2組順位戦
平成11年9月10日 於・関西将棋会館
▲八段 田中魁秀
△竜王 藤井猛

▲7六歩△3四歩▲4八銀△4四歩▲6八玉△4二銀▲7八玉△4三銀▲2六歩△9四歩▲5八金右△4二飛▲2五歩△3三角▲7七角△7四歩(途中図)

藤井田中1

途中図以下の指し手
▲8八玉△7三桂▲9八香(1図)

藤井田中2

▲9八香=藤井システム出現後は、こうしてどんどん穴熊に囲おうとするのは、逆に目標になってしまい、やや危険と思う。

1図以下の指し手
△9五歩▲9九玉△8五桂(2図)

藤井田中3

△8五桂=とは言ってもこんな強襲見た事ない。

 藤井竜王の将棋は、序盤からすぐにでも噛み付きたがるので、居飛車党はとても困る。

2図以下の指し手
▲6六角(3図)

藤井田中4

▲6六角=8六へ出るか、8八へ引きたい。▲5五角は△8二銀▲8八銀△5四銀で、角の進退に窮する。

3図以下の指し手
△9七桂成▲同香△9六歩▲同香△同香▲8八玉△9二飛(4図)

藤井田中5

△9二飛=サーッと飛車を転回出来てしまうのが、△7二銀などと上がっていない効果。▲9三歩と打たせれば、先手の角成りが消せる上に、9六の香が楽な姿となる。

4図以下の指し手
▲9三歩△7二飛▲9五桂△8一香▲5五角△7五歩▲9一角成△4五歩(途中図)

藤井田中6

途中図以下の指し手
▲7八玉△7六歩▲6八玉△9八香成▲5九玉(5図)

藤井田中7

▲5九玉=先手は手数を費やし、せっかく9九まで行った玉を、また引き戻らざるを得なくなってしまった。

5図以下の指し手
△8九成香▲9二歩成△7五飛(6図)

藤井田中8

△7五飛=好手。軽快な感のある飛車浮き。

6図以下の指し手
▲8一と△6二銀▲7一と△同金▲8三桂不成△6一金▲7八歩△7九成香▲同金△9五飛(投了図)まで、56手で藤井竜王の勝ち

藤井田中9

△9五飛=次の飛車成が受からず、先手降参。

 それにしても、げに恐ろしきは藤井システムの破壊力よ。

——–

3図の▲6六角で、▲8六角または▲8八角とすればまた違った将棋になっていたとは言え、藤井システムの破壊力が凄い。

高橋道雄九段の「藤井竜王の将棋は、序盤からすぐにでも噛み付きたがるので、居飛車党はとても困る」は、非常に実感のこもった名言だと思う。

 

 

斜陽戦法の温故知新

将棋世界1973年7月号、二上達也八段(当時)の「甘辛教室 アマ筋とプロ筋」より。

 二枚銀といえばどんな棋形を想像されますか、A図?B図?C図?

二上1

二上2

二上3

 A図は有名な二枚銀銀多伝、B図の先手方は、香落戦などで下手方二枚銀に組むという表現があるから、あながち不当ではないようである。後手方はツノ銀中飛車の典型。

 C図の先手方は、確かに銀を二枚並べてあるが、どうも二枚銀とは言わないようだ。

 やはり私が一番ピンとくるのはD図。

二上4

 昭和初期に流行した。私自身アマ時代いくらか指したかどうか、プロになってからほとんど指した記憶はない。

 恐らく今の若い人達は、形、名称ともによく知らないのではないかと思う。

 加藤治郎八段の名著「相掛かり戦の変遷」によれば、この二枚銀戦法が出ては、金子金五郎八段をして「将棋は後手がよいものか」と歎かせたとある。

 故・花田長太郎九段(追贈)が指し初めたが、それも素人の棋譜からヒントを得たとか。

 D図は端を手抜きして中央に銀を進める構想が新機軸であった。

 3三銀が4四まで出ては端が弱くなり指しきれないとする感覚がプロにあったため、容易に気付かぬ構想だったらしい。

 D図以下、▲1四歩△同歩▲1三歩△5五歩▲1四香△2二金▲3七桂△5六歩▲5四歩△3二玉▲3五歩△5二金▲3四歩△3六歩▲同飛△2七角▲2六飛△5四角成(E図)にて後手良し。

二上5

 せっかくに端攻めが△2二金でぴったり受け止められ案外たいしたことがないのである。

 大体端攻めなんていうものは、有段者はともかく、アマ将棋には思案外であろうから、全然平気で銀を繰り出すわけだ。

 その場に対面して△2二金なども、仕方がないから指してみるかという態度であろう。

 表面の指し手は同じでも、読みが入るか入らないかが、プロとアマの大きな差に思う。

 しかしその反面プロは読み過ぎ、読み迷いの傾向がある。

 故・山田道美九段がいみじくも述懐したように、「アマの素朴な感覚を忘れていた」その恐れなきにしもあらずである。

 私が本講で述べんとするところは、アマ将棋の手直しには違いないが、一面端的な中にも良さがあることを探し出してみたいと考えている。

(以下略)

——–

D図の後手番の戦型は、対相掛かりと対矢倉の違いこそあれ、屋敷伸之九段の屋敷流二枚銀戦法に形が似ている。

二上6

屋敷流二枚銀はカニカニ銀にも似ているが、

  • カニカニ銀は居玉であること、9七角、7七桂、5八飛とするのを理想形とすること
  • 屋敷流二枚銀は、6六銀、4六銀の組み合わせのみならず、6六銀、2六銀のような組み合わせもあること

などが、屋敷流二枚銀とカニカニ銀の違い。

どちらにしても、今から43年前に二上達也九段が「恐らく今の若い人達は、形、名称ともによく知らないのではないかと思う」と書いている戦型が、現代で活躍している。もちろん形は似ていても背景にある考え方や指し方は全く違う。

——–

1973年のこの当時、相掛かり、角換わり腰掛け銀、は斜陽戦法と呼ばれ、ほとんど誰も指すことがなかった。

横歩取りは、この数年前に内藤流空中戦法が現れていたが、横歩取りも1960年代までは斜陽戦法と言われていた。

この時代は振り飛車と矢倉の時代。B図の先手の二枚銀の構えも江戸時代の古法とされている。

——–

現代は、昔、斜陽と言われていた戦法が中身を変えてメジャーな戦法となっている。

中原囲いも非常に古くからある囲い。

今後もこのような温故知新が繰り返されるのかどうか、興味深いところ。

個人的には、4手目に△4四歩と角道を止めるクラシックな振り飛車に復活してもらいたい。

 

 

悪役的存在だった振り飛車

将棋世界1995年1月号、青野照市九段の「新・鷺宮定跡」より。

 私が「鷺宮定跡」を発表して、10年余りになる。イヤ、実際に初めて指したのは五段の頃だったから、もう15年以上前から指していたことになる。

鷺宮定跡は山田定跡を進歩させたもので、特に後手番では仕掛けが不可能だった山田定跡を一歩進め、後手でも使える戦法にしたのは一つの意義だと思う。

しかし居飛車側の研究が進めば、対抗する振り飛車側の研究も進むのは当然の成り行きと言える。

昔は定跡書と言えば、居飛車を良しにする本がほとんどで、いわば振り飛車は悪役的存在であったのが、現在は振り飛車を良くする定跡書の方が多いくらいである。

それというのも、居飛車党は矢倉や腰掛銀等の相居飛車戦の研究に忙しいのか、一時は急戦で振り飛車に挑む棋士―特に若手―がいなかったのに対し、振り飛車党は着実に研究を重ね、急戦を打ち破る順を次々と発表してきたからにほかならない。

そこで今回から「新・鷺宮定跡」と称して、さらに定跡をもう一歩突っ込んで研究してみたいと思う。

振り飛車側の対策が進んでいるために、内容がやや高度になるのはある程度お許し頂きたい。

—–

私が中学生の頃まで、振り飛車側に立った本はほとんどなかった。

例えば1971年、(段位は当時)

松田茂行八段「新しい振飛車戦法」(鶴書房)
北村昌男八段「三間飛車戦法」(北辰堂)
加藤一二三八段「力戦振飛車」(大泉書店)

のような棋書があったが、これらはすべて振り飛車退治の本。

「将棋入門」のような本で紹介されている「三間飛車戦法」も、▲4五歩早仕掛けにやられてしまう三間飛車。

今から考えると、アマチュアの振り飛車党にとっては暗黒の時代だった。

この頃、振り飛車側から書かれた本は、

大山康晴名人の
「快勝 振り飛車で勝て」(池田書店)
「快勝 大山流振り飛車」(池田書店)
「将棋は四間飛車」(池田書店)
「将棋は中飛車」(池田書店)

升田幸三九段の
「升田の振り飛車」(弘文社)
「升田の中飛車」(弘文社)
「升田の向飛車」(弘文社)

だけと言っても良かった。

しかし、升田九段のシリーズは実戦譜の解説であり、また大山名人の本も、例えば居飛車5筋位取りに対する四間飛車の対策のような内容であったため、これから初段を目指そうという級位者が読んで即効性のある本では決してなかった。

——–

1971年に出版された大山康晴名人の「よくわかる振り飛車」(東京書店)が私にとっての初めての振り飛車の教科書だった。

級位者向けの内容だったのと、振り飛車側から能動的に動く(振り飛車側から攻める)戦型ばかりだったので、大好きだった三間飛車は、何度も何度も盤面に並べたものだった。

同じ年かその翌年、大野源一八段の「大野の振飛車」(弘文社)と升田幸三九段の「升田式石田流」(日本将棋連盟)が発売され、この2冊とも私にとっての宝物となった。

そういう意味では、1972年か1973年以降、振り飛車側から書かれた本が増え始めたのだと思う。

——–

私の振り飛車は、「よくわかる振り飛車」「大野の振飛車」「升田式石田流」の時代のままの昭和の振り飛車だが、今の時代でも十分に通用している。

すごい本だと思う。

 

湯川博士「奇襲大全」

11月25日に発売された湯川博士さんの「奇襲大全」が、amazonの将棋部門で1位、電子書籍が将棋部門で8位というロケットスタート。

「奇襲大全」は、もともとは週刊将棋で連載されたアマチュアが開発した奇襲戦法を取り上げたコーナーを書籍化したもので、1989年に出版されている。

そして、1999年には、平成になってから出現した奇襲を加えた「新版・奇襲大全」が刊行された。

その後、絶版になっていたが、今回は、週刊将棋には掲載されていたけれども「奇襲大全」、「新版・奇襲大全」には収録されていなかった4つの戦法を加えた形で復刊された。

目次を見てみると、戦国の武将の気風別に戦法が分類されており、より、おどろおどろさが増しているようだ。

目次(マイナビBOOKS新刊案内)

マイナビ出版の島田修二さんのブログが絶妙に面白い。

新刊案内「奇襲大全」 ~マジで使える児島流超急戦~(マイナビ将棋編集部BLOG)

——–

奇襲とはいえ、ほとんどの戦法はアマ強豪によって生み出されたもの。

ハメ手ではない、理論的にもしっかりとした何度でも使える戦法が多い。

昨晩、湯川博士さんが電話で、次のようなことを話していた。

「この間、恵子の友達のAさんと将棋をやったんだよ。そしたら負けちゃってさ…」

Aさんは湯川博士さんの奥様の湯川恵子さんの古くからの友人の女性で有段者。しかし、棋力からいえば博士さんが負けるとは珍しい。

「△3二金から△3三桂って跳ねてくるから変なことやってるなと思いながら指したんだけど、ボロボロにされて酷い目にあっちゃったよ」

「終わった後、どこでそんな指し方覚えたのって聞いたら、昔の『奇襲大全』だって言うんだよ。俺もビックリしちゃったよ」

「奇襲大全」の著者さえも負かしてしまう「奇襲大全」に載っている奇襲戦法。

かなり威力がありそうだ。

——–

2010年にこのブログで「奇襲大全」のことについて書いた記事→奇襲大全

 

奇襲大全 (マイナビ将棋文庫)

 

戦慄の名古屋戦法、悪夢の岐阜戦法

将棋世界2004年11月号、山岸浩史さんの「盤上のトリビア 第7回 『名古屋』『岐阜』という名前の戦法がある」より。

燃えた「奇襲オタク魂」

 いま私は、東京・永田町の国立国会図書館にいる。最近、ここに通ってはある棋書を閲覧し、せっせと書き写しているのだ。まるで写経である。キーボードに慣れきった右手が痛い。それでも頑張っているのは、『将棋世界』の読者にこの棋書のスゴい中身を伝えたい一心から、というのは半分ウソ。私の体内に宿る奇襲オタク魂がいやでもそうさせるのだ。

 その棋書とは日本経済新聞社から昭和29年より34年にかけて刊行された『将棋新戦法』全3巻。著者は加藤治郎八段(当時)。もちろんいまは絶版だ。

 半生記も前の棋書になぜ私は取り憑かれたのか。話はひと月前にさかのぼる。

 勤務先の企画で升田幸三について調べていた私は、升田の唯一の弟子であり、升田将棋を体系的に研究している唯一の棋士である桐谷広人六段を自宅に訪ねた。

 そこは紙でできたジャングルだった。天井から床までまったく隙間なく、棋戦や戦形ごとに分類されたスクラップブックや見たこともない古棋書が二重三重に並んでいる。それに見とれていると足元の昭和初期の将棋雑誌を踏んづけてしまったりするから油断できない。この部屋の主はどう見てもこれらの資料であり、かろうじて残った空間に座っている中年男性はその番人にしか見えない。

 これが、過去のあらゆる将棋を記憶しているといわれ「コンピュータ桐谷」の異名をとる男のデータベースなのだ。

 たとえば升田幸三が升田新手をみずから解説した、4巻セットのビデオが出てくる(なんと売れ行き不振で絶版になったそうだ)。観ると聞き手役の朝日新聞観戦記者、田村竜騎兵氏が

「升田式石田流は最初は石田式升田流だったんです。私が観戦記にそう書いたのですが、いつの間にか逆さまになった」

 なんてトリビアを披露している。

 続いて桐谷六段が掘り出したのは、茶色の変色した3冊セットの棋書だった。

「将棋好きの父が持っていた本で、私が初めて読んだ定跡書です。升田ファンになったのはこれを読んでからなんです」

 表紙を開くだけで崩壊しそうな、その『将棋新戦法』全3巻のページを恐る恐るめくると、1冊につき60から70もの、当時出現した新手・新戦法が紹介されている。加藤治郎渾身の著作だろう。

 もちろんすべてが純然たる新戦法というわけではなく、「ダンスの歩」などの造語がある著者独特のネーミングで戦法に仕立てているものもある。たとえば対中飛車の▲4六金戦法を大山康晴が用いると金は威嚇に使うだけで動かさない。そこでついた名が「大山流金看板戦法」。うまいもんだ。

 升田の名を冠した戦法はやはり群を抜いて多い。その数を数えながら目次を追っていた私の目は、だが、升田と関係ないところで釘づけになったのである。

 異様な見出しが二つあった。

「花村流名古屋戦法」

「清野流岐阜戦法」

 名古屋?岐阜?なんだこりゃあ!いかな奇襲オタクの私も、そんな名前の戦法は聞いたことがない。反射的に、私は桐谷六段に懇願していた。

「この本、コピーさせてください!」

「研究」が大変だった時代

 桐谷六段に断られてよかった。あれをバラバラにするような危険を冒さずとも、国会図書館で大概の本はコピーできる。

 はたして私の目の前に、桐谷蔵書よりもはるかに状態がいい『将棋新戦法』が運ばれてきた。胸が高鳴る。走るようにコピー受付に持っていく。ところが―。

「これは状態が悪いので、ダメです」

 ええっ。たしかによく見ると、表紙に「複写☓」のラベルが貼ってある。

 がっくりしながら、ともかく桐谷六段宅ではゆっくり見られなかった「名古屋戦法」と「岐阜戦法」のページを開く。おおっ……。ひょえー。

 迷いは消えた。書き写すまでのことだ。

 この際、最初から全部、と思って始めてみると、意外に時間がかかる。2日目に出直したときはスピードアップのため筆ペンで縦書きノートに書く工夫をしたが、こうしていると『解体新書』を筆写する幕末の蘭学医になった気分だ。

 ふと、桐谷六段の家にあった何段もの引き出し―それぞれに棋士名を書いたシールが貼られ、その棋士の棋譜がぎっしり詰め込まれている―を思い出す。

「対局前には連盟で何十枚も棋譜をコピーしたものです。コピーがない時代は手書きでした。やっぱり研究すると勝てるんです。でも、いまじゃこんなもの意味ありませんよ。パソコンさえあれば家でいくらでも見られるんですから」

 驚いている私に、桐谷六段は照れ気味にそういって笑った。かつて将棋界において「研究」とは、まぎれもなく、限られた熱心な棋士だけができる行為だったのだ。「写経」の面倒さを体験して初めて、そのことが実感できた。と同時に、「コンピュータ桐谷」という異名がいまではどこか皮肉な響きを持ってしまっていることに気づく。桐谷六段は言った。

「私の現役生活は、規定でいけばあと2年半かもしれません。引退したら、ここにある資料は全部いらなくなる。でも、捨てるのはちょっとねえ。誰かもらってくれればいいんだけど……」

花村流名古屋戦法

 ではお待ちかね(?)、コピーはまず手に入らない『将棋戦戦法』のなかでもきわめつきの、二大変態戦法をご紹介しよう。まずは「花村流名古屋戦法」から(< >内はこの本からの引用)。

 この戦法がプロ棋戦で初めて出現したのは昭和30年の第4回NHK杯、(先)花村元司八段VS大野源一八段戦だった。

<大野の振り飛車は天下一品である。

 大野「俺の振り飛車には大山でさえヒョロヒョロしているからな」(略)

 だが最近この大野の振り飛車を一度ならず二度までも、新戦法を掲げて苦杯をなめさせた男がいる。これぞ余人にあらず、東海道の鬼といわれた早指しの天才花村八段その人である>

 名古屋戦法はのっけから不穏だ。

▲7六歩△3四歩▲7八金△4四歩▲6八銀△3五歩▲5六歩△3二飛

 いきなり▲7八金とされては誰でも飛車を振りたくなる。そこを狙い撃ちするこの戦法は居飛車党の秘密兵器になりやすいかもしれない。△3二飛以下は、

▲5七銀△4二銀▲6六歩△6二玉▲6五歩△7二玉▲6七金△3六歩▲同歩△同飛▲7五歩△3五飛▲5五歩△3六歩▲4八銀上△4五歩▲3八金△8二玉▲8六歩△7二銀▲6六銀△5二金左(1図)

名古屋1

<一見、飛車を7筋に転じる相振り飛車の気配を示す。ここが大事なところらしい。(略)だが、△3六歩の時はすでに大野の振り飛車は花村の新戦法の術中に陥ってしまっているのだから二度ビックリ>

1図以下の指し手
▲2六歩△5四歩▲2五歩△3三角▲7九角△3四飛▲3五歩△4四飛▲2七金△5五歩▲3六金△8四飛▲7六金△5六歩▲5五歩△4三銀▲8五歩△4四飛▲5八玉△4二角▲6七玉△3三桂▲1六歩△5三角▲9六歩(2図)

名古屋2

<巨大な巣を張る毒グモのごとき戦法である。(略)彼の振り飛車がこんなにヒドイ目にあわされたのは、何百局指したか知らないが、本局が初めてだろう>

 ちょっとうまくいきすぎている気もするが、これだけ意味不明な手を続けられると正しく対応するのは困難だろう。6筋の位を確実に取れるのも魅力的だ。

<花村「これは名古屋戦法と呼ばれ、セミプロ時代盛んに用いたが、プロとなってからは本局が最初である>

 名古屋の真剣師、おそるべし。

清野流岐阜戦法

<対振り飛車戦法にもいろいろあるが、その中でもっとも風変わりなのは清野七段常用の玉飛接近戦法であろう。(略)清野七段が岐阜市に在住することから岐阜戦法の名がある>

 岐阜戦法の実戦例は(先)清野静男七段VS高島一岐代八段戦(共同)。

▲2六歩△3四歩▲7六歩△4四歩▲2五歩△3三角▲3八銀△4二飛▲3六歩△3二銀▲3七桂△6二玉▲4六歩△7二玉▲2九飛△8二玉▲5八金右△5二金左(3図)

 急戦調に見えるのはあくまで最初だけ。ここから岐阜戦法は超持久戦をめざす。

岐阜1

3図以下の指し手
▲4七金△7二銀▲4八玉△4三銀▲5八金△1四歩▲6六歩△1五歩▲6八銀△3二飛▲2七銀△5四歩▲5六歩△2二飛▲6五歩△2四歩▲同歩△同飛▲5七銀△2三飛▲6六銀△4二角▲9六歩△3三桂▲9五歩△5三角▲2六歩(4図)  

岐阜2

 対振り飛車の右玉なら私も大好きだが、「岐阜戦法」は駒組みの順序が幻想的だ。

<日本一といわれる攻めの高島八段もいささかもてあまし気味。(略)これでわかるように、岐阜戦法は相手の攻撃を完封する戦法である。しかし、攻めを封じただけでは負けはないが勝ちもない。勝つためには相手を攻めなければならない>

 それでも岐阜戦法はまだまだ攻めない。以下は▲3八玉~▲4八金左と固めて、5筋で一歩持つ。▲9九飛を含みに9筋から開戦したのは22手後のことだった。

 

 衝撃度では名古屋、変態度では岐阜というところか。読者にも「戦法お国自慢」があればぜひご一報ください。

——–

こんなに振り飛車が酷い目に遭うなんて、石田流と三間飛車が大好きな私にとっては、精神衛生上非常によろしくない読み物だ。

このような恐ろしい戦法があったとは…

——–

名古屋戦法は、一手一手の狙いが見えないため、振り飛車側が気が付いた時には手遅れになってしまっている状態だ。

蕎麦屋に入って卵とじうどんを注文、のんびりと食べているうちに店内の異様な空気が気になり、顔を上げてみると周りの席がその筋の怖い人だらけ、のような展開。

映画で言えば、クエンティン・タランティーノ脚本の「フロム・ダスク・ティル・ドーン」の後半のような雰囲気。

振り飛車側も対策の立てようはあっただろうが、持ち時間の短い将棋でのことなので、名古屋戦法が見事に決まった形だ。

花村元司九段しか指しこなすことのできない戦法なのではないかと思う。

——–

岐阜戦法は、陽動右玉戦法のようなイメージ。

とにかく相手からの手掛かりを全部消してしまっている。

蕎麦屋に入って卵とじうどんを注文したら、出てきたのが冷凍窒素で冷やされたカチカチに凍ったうどん。全く溶ける様子もなく、触れれば大怪我をするような超低温。仕方がないので店を出ようとすると、店主はうどんを全部食べなければ店の外には出さないと言う、ような展開。

岐阜戦法は形は対振り飛車右玉に似ているが、貫かれている戦略が清野静男八段独自のものだと思う。

——–

名古屋戦法破り、岐阜戦法破り、それぞれが発見されているのかもしれないが、どちらにしても、特に名古屋戦法を指す人が現代にほとんどいないということが、私のような振り飛車党にとってはホッとするところである。