団鬼六さん逝去

団鬼六さんが5月6日に亡くなられた。享年79歳。

謹んでご冥福をお祈り致します

作家の団鬼六さん死去 SM題材の「花と蛇」、将棋愛好

将棋ペンクラブを創設したのは河口俊彦七段と東公平さんだが、 きっかけを作ったのは団鬼六さんだった。

団鬼六さんが主宰していた将棋ジャーナルで優秀観戦記に賞金を出す企画があり、受賞したのが河口七段と東さん。河口七段と東さんは、その受賞賞金を基金として将棋ペンクラブ大賞を始めることにしたのだった。

—–

将棋ペンクラブ会報に登場した団鬼六さんより。

2008年秋号の将棋ペンクラブ大賞功労賞受賞のことば。

功労賞、有り難く頂戴仕り候

将棋ペンクラブは今年、創立二十周年を記念して、特別賞の枠を大きくしたということである。そして、功労賞としての賞を貴殿に差し上げたいといってきた。将棋ペンクラブに対しては私はこれまで何一つ役立った事をしたことはない。また将棋界に対してもこれまでおちょくるような事をしたが貢献したことは何もない。それなのに何で功労賞が頂けるのかとはなはだ疑問に思われるのだが、ふと思い起こしてみるとその昔、将棋ペンクラブを何やらお祭り気分で作り上げたのは、棋士の河口俊彦と観戦記者の東公平、そしてデカダン作家の私との三人だった。

その三人が何でケツを割って将棋ペンクラブを投げ出してしまったのか、今となっては思い出せないし、そのあと湯川博士の尽力で将棋ペンクラブが再生し、今日まで寿命を保つ事になったのか、その経緯についてもくわしくは知らなかった。湯川博士のひたむきな情念によって将棋ペンクラブは存続しているのである。功労賞というものはむしろ私から湯川博士に捧げたいくらいだ。

私事であるが、現在、末期的腎不全に陥って週三回、人工透析に通って、辛うじて生命を維持している状態、それに二十年も連載を続けた近代将棋が今年の六月で廃刊となり、精神的にもがっくりしている状態で、そんな私を元気づけるため、ペンクラブは私に功労賞進呈となったらしいが、もしそうならいらざる斟酌である。

私も今年で七十七歳の喜寿。親しかった故・大山名人や故・升田名人よりも私のほうが年長になってしまったわけで、それを祝って将棋バカさ加減に対する功労賞の授与として受け取っておきたい。有難うございました。

羽生式上達法と森内式上達法

羽生名人、森内九段とも、チェスの強豪として知られるが、二人はどのようにチェスを学んで上達していったのか。 近代将棋2004年6月号、湯川博士さんの名人戦第1局観戦記「果断の打開、吉と出る」より。

 今年の名人戦は羽生・森内という宿命のライバル、その上、成田には大いなる縁がある。

 一昨年の春、成田に住むチェス友の結婚式に、羽生・森内が招かれ揃って出席。珍しい光景に出席者は大喜び。チェスの好きな両雄だが、決して大会も遠征も一緒にはならない。

 このチェス友は成田の隣・芝山町診療所の医師で、将棋も有段者。チェスの海外遠征によく行くが、羽生さんが急に海外に行くときでも、診療所を閉めて同行する熱烈な羽生親衛隊である。森内さんとも4、5回海外試合に行っている親しい仲。

 私もこの医師も、羽生・森内の激突は楽しみだが、両方に勝たせてあげたいのが贅沢な悩みだ。

(中略)

 私は羽生、森内とはチェスを通じて、10年ほど前からつきあいがある。羽生が先に始め、すぐ森内が続いた。 覚え方は対照的で、森内は片っ端からチェス本を漁り、信じられない量を吸収してゆく。羽生は1局面をとことん研究して、読みの鍛錬と感覚を磨く。ときには、世界のトップクラスのプレーヤーが驚嘆するような読み筋を見せたこともある。 こうして二人はあっという間に日本のトップクラス、世界ではプロクラスまで伸びていった。

—————

羽生名人、森内九段とも参加していたのが朝霞チェスクラブだった。

朝霞チェスクラブは、1990年にジャック・ピノーさんが活動を開始したチェスサークル。 金曜日の夜に朝霞の公民館などで例会が開かれた。

湯川博士さんも初期から活動に参加し、朝霞チェスクラブの機関誌「チェックメイト」の編集も行っていた。

朝霞チェスクラブホームページ活動記録を見ると、羽生名人・森内九段の朝霞チェスクラブの大会での成績は次の通り。

1994年朝霞4周年記念チェス大会
Bクラス2位タイ 森内俊之

1998年新年チェス大会
Aクラス2位タイ 森内俊之

1998年クリスマスチェス大会
Aクラス2位タイ 森内俊之

1999年朝霞チェスサークル設立9周年記念大会
Aクラス優勝 森内俊之

2001年朝霞チェスサークル設立11周年記念大会
1位タイ 森内俊之

2001年クリスマスチェス大会
Aクラス優勝 羽生善治

2002年春のチェス大会
2位タイ 羽生善治 4位タイ 森内俊之

2002年朝霞チェスクラブ設立12周年記念大会
Aクラス1位 森内俊之

2003年クリスマスチェス大会
Aクラス1位 羽生善治

例会で羽生名人と森内九段が顔を合わせることはあったのかもしれないが、大会では、2002年春のチェス大会を除いて、まるで打ち合わせでもしていたかのように、二人が同時に出場することがなかった。

—————

再び近代将棋2004年6月号、湯川博士さんの名人戦第1局観戦記より。

 まだまだ羽生粘りが見られると思っていたら、突如投了。 対局室に行って感想を聞いたが、森内の声が小さく羽生も無言で、聞き手の記者も遠慮がち。しかし20分ほど本譜と関係ない局面を突ついていたら、「え、どこ」「うん、ここでね」と友達口調になった。 成田対局は、いきなりワザが決まって終わった感があるが、一発で決まる真剣勝負の恐さを十分に味わった。

—————

羽生善治名人と森内俊之九段は31年来のライバルとはいえ、31年前の子供の頃から仲の良い関係だ。 チェスの大会や海外遠征には決して同タイミングで出場しなかった二人。 趣味のチェスでまで、本業のライバルと顔を合わせたくなかったのかもしれないし、そうするためにお互い二人で事前にスケジュール調整をしていたのかもしれないし、私の中での妄想は広がるばかりだ。

 

 

名人戦第3局対局場「フェニックス・シーガイア・リゾート」

名人戦第3局は宮崎市の「フェニックス・シーガイア・リゾート」で行われる。→有料中継

また、この第3局は全国で大盤解説会が開かれる。→全国大盤解説会一覧

〔シーガイアの復活〕

シーガイアは、国のリゾート法の第一号指定を受けた「宮崎・日南海岸リゾート」の中核施設として第3セクター方式として1994年10月に全面開業した。

高層ホテルやコンベンションセンター、大型屋内遊泳施設(人工波のプール)、ゴルフ場などを備え、2000年7月にはサミット外相会合も開かれた。

しかし経営面では、1995年には386万人の利用客を集めたが、その後入場者数は減り続け、一度も黒字を出せないまま、2001年2月に、第3セクターとしては過去最大の負債3,261億円で会社更生法の適用を申請した。

そこで新たな支援企業として名乗りを上げたのが、米国の投資会社リップルウッド・ホールディングスだった。(162億円で買収)

Wikipediaによると、その後、75億円を投じてゴルフ施設と温泉施設を整備するなど、富裕層をターゲットにした経営再建を進めた事により、客単価を向上させることに成功。

韓国・中国からの観光客誘致や宣伝を積極的に行い、国内集客にもテコ入れを行うことにより、稼働率は上昇し、2006年度に初の営業利益黒字、2009年度には初の経常利益黒字化を果たしている。

〔フェニックス・シーガイア・リゾート内のレストラン〕

シーガイア内には、レストランがある施設だけでも、二つのホテル(シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート・サンホテルフェニックス)とコンベンションセンターがあり、その数だけでも相当なものになる。

対局が行われるのはコンベンションセンターにある料亭四季乃

また、コンベンションセンターに隣接しているのがシェラトン・グランデ・オーシャンリゾート。

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートのレストランと料亭四季乃に絞って昼食向きメニューを探してみたい。

料亭 四季乃

・会席弁当 4,000円~

鉄板焼 ふかみ

・宮崎牛のプルコギ風ランチ 2,500円

・ふかみ膳(特製牛すじ丼 温玉のせ) 1,500円

・ハンバーグステーキランチ 2,010円

・ステーキランチ ¥2,500

・シーフードランチ(サーモン・ホタテ・タコ) 1,900円

中国料理 藍海

・セットメニュー 1,300円~1,900円

青椒牛肉絲、鶏の葱ソース 、芝海老のマヨネーズ炒め、芝海老のチリソース、酢豚、季節野菜のガーリック炒め、牛肉の黒胡椒炒め、麻婆豆腐、春巻き 等から1~3品を選択可能

日本料理 花洛

•MOVE IT! RALLYご当地弁当 2,500円

•がんばろう宮崎!弁当 1,800円

•和風ハンバーグ膳 2,000円

•花洛ステーキ膳 1,800円

•天婦羅膳 1,800円

•天丼膳  2,000円

•天ざるそば膳 1,800円

•天ぷら うどん・そば (海老2本・野菜3品) 800円

寿司処 八潮

インターナショナルダイニング パインテラス

•ハンバーグステーキ(サラダ付き) 180g 1,800円

•チーズハンバーグステーキ 180g 2,000円

•日向鶏の香草焼きフレッシュサラダ添え 1,600円

•西米良サーモンのポワレ茸クリームソース 1,600円

•宮崎県産ポークステーキ 温野菜添え ジンジャーソース 2,000円

•宮崎県産牛ステーキ 160g 4,500円

•宮崎県産牛ステーキ 230g 6,500円

•パインテラス特製宮崎牛カレー(サラダ付き) 2,000円

•新鮮魚介カレー(サラダ付き) 1,800円

•パインテラスビーフバーガー 1,600円

•和牛カツサンドウイッチ 1,600円

•ミックスサンドウイッチ 1,200円

•クラブサンドウイッチ 1,200円

•サーモンとほうれん草のクリームパスタ 1,200円

•農園風パスタ トマトソース 1,200円

•シーフードパスタ 1,300円

•ラザニアミートソース 1,300円

〔昼食予想〕

このようにメニューが豊富なのは予想者泣かせだ…

さまざまな切り口から考察をしてみたが、なかなか難しい。

そういうわけなので、今回は理屈抜きで行ってみたい。

羽生善治名人

一日目 クラブサンドウイッチ

二日目 シーフードパスタ

森内俊之九段

一日目 チーズハンバーグステーキ

二日目 パインテラス特製宮崎牛カレー