羽生少年の自転車

羽生善治名人の初著作「ミラクル終盤術」より、18歳の羽生五段の感じ方と日常。

[第9章]先手を取る

高校生時代は自転車通学でしたが、梅雨時は雨ばかり降って困りました。

そんな時は仕方ないので傘をさしていくことにしていました。

片手運転なのでやや危ないのですが、それよりも危ないのが自転車のブレーキが利きにくくなることで、坂道でちょっと冷たい想いをしたことがありました。

—–

雨が降った日の自転車は、「乗らない」か「雨具を装着して乗る」が定跡だが、傘をさすというのはかなり大胆な手筋だ。

…というより、あまり、そのような乗り方をしている人はいないと思う。

—–

この頃、羽生少年が住んでいたのは八王子。

—–

私は一度だけ八王子に行ったことがある。

2005年12月、社会人団体リーグ戦最終日。

いつも浜松町で行われる社会人リーグは、この日、会場の都合で浅草で開催された。

終了後、メンバーで打ち上げ。

この頃のチームの主宰は船戸陽子女流二段のお父様で、打ち上げには船戸陽子女流二段も参加。

二次会はワインが美味しい店、楽しい雰囲気でかなり飲んだ。

終わったのは午前0時。

浅草から神田へ出て、中央線に乗る。

席が空いていたのがいけなかった。すぐに眠ってしまった。

目を覚ますと、そこは終点の高尾の駅。午前1時30分。

体中から血の気が引いた。

荻窪で降りるはずだったのに…

財布を見ると残りの所持金は2000円。

乗り越し料金540円を払って駅の外へ出る。

社会人リーグの日はお金をあまり使わないので、銀行などのカードは家に置いてきている。

高尾の駅前には店もあまりなく真っ暗。

「どうしよう…」

救いは一つだけあった。

翌日(夜が明けてから)は、仕事ではなく人間ドックだったのだ。睡眠不足でもどうにかなる。

このまま始発電車が走るまで待っていても凍え死ぬ恐れがあったので、荻窪方面へ歩けるだけ歩いてみようと考えた。

暗い夜道には人通りはない。冬の空の星が綺麗だった。

午前2時過ぎ、西八王子駅に到着。高尾から西八王子まで電車で3、4分だが、歩くと結構時間がかかる。

更に歩いて八王子駅に着いたのが午前3時頃。

ここまで歩くと、ファミレスに入ってコーヒーでも頼んで時間をつぶすという気分にはなれなくなる。徹底的に歩こうと思い、広い通りに沿って更に歩く。

次に目指すのは豊田だ。

そういえば1997年、終電間際の中央線に乗って、立ったまま不動の姿勢で寝てしまい、豊田駅からタクシーで帰ったことがある。荻窪まで1万円以上かかる恐ろしい距離だった。

深夜の道を歩く。ひたすら歩く。

駅が見えてきた。…中央線の豊田駅ではなく京王線の京王片倉の駅だった。午前3時40分。

さすがに、これ以上進んでも道に迷うだけだと思い八王子駅へ引き返すことにした。

八王子駅、午前4時20分。

駅が開いていた。

始発は4時30分頃、あまり待たずに電車に乗ることができた。

家に帰って少しだけ眠って、午前9時30分に人間ドックへ。

—–

前の晩遅くまで酒を飲んで、3時間歩いて、ほとんど睡眠をとらずの状態での人間ドック。

とんでもない検査結果が出ても仕方がないと覚悟していたが、結果は不思議と良好だった。

特筆すべきは中性脂肪で、例年は正常値をやや上回る値だったのに、この時は正常値をやや下回るほどに減っていた。

もっとも、これはこの日だけだったようで、翌年の検査では元の数値に戻っていた。

—–

中央線の終電は三鷹止まり。

三鷹よりも東京駅寄りに住んでいる人が酔っ払って中央線に乗る時は、終電の2、3本前に乗るよりも、思い切って終電に乗ってしまうほうがリスクが少ないというのが、この時の教訓だった。

将棋関連書籍Amazon売上TOP10(4月30日)

将棋世界は明後日発売。

将棋世界 2011年 06月号 [雑誌]将棋世界 2011年 06月号 [雑誌]
価格:¥ 750(税込)
発売日:2011-05-02

[Amazonでの将棋関連書籍売上TOP10]

ハチワンダイバー 19 (ヤングジャンプコミックス)ハチワンダイバー 19 (ヤングジャンプコミックス)
価格:¥ 540(税込)
発売日:2011-03-19
大局観  自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)大局観 自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)
価格:¥ 760(税込)
発売日:2011-02-10
決断力 (角川oneテーマ21)決断力 (角川oneテーマ21)
価格:¥ 720(税込)
発売日:2005-07
40歳からの適応力 (扶桑社新書)40歳からの適応力 (扶桑社新書)
価格:¥ 777(税込)
発売日:2011-03-25
どうぶつしょうぎのほんどうぶつしょうぎのほん
価格:¥ 800(税込)
発売日:2010-07-13
3月のライオン 5 (ジェッツコミックス)3月のライオン 5 (ジェッツコミックス)
価格:¥ 510(税込)
発売日:2010-11-26
ダークゾーンダークゾーン
価格:¥ 1,890(税込)
発売日:2011-02-11
四間飛車穴熊の急所 (最強将棋21)四間飛車穴熊の急所 (最強将棋21)
価格:¥ 1,470(税込)
発売日:2011-04
広瀬流四間飛車穴熊勝局集広瀬流四間飛車穴熊勝局集
価格:¥ 2,520(税込)
発売日:2011-04-13
久保の石田流久保の石田流
価格:¥ 1,575(税込)
発売日:2011-03-24

羽生少年の電車

羽生善治名人の初著作「ミラクル終盤術」より、18歳の羽生五段の感じ方と日常。

[第12章]受けの筋

雨ばかり降り、じめじめとして、嫌な日は外ではスポーツは出来ませんから、室内競技の将棋を指すにはもってこいかもしれません。

先日、電車に乗っていると、隣に座っている人から話しかけられました。

その人は将棋と囲碁、両方やられる人なのですが、その人が言うには、将棋は激しいので、指していると心臓が苦しくなる。だから、比較的に穏やかな囲碁の方へ行った。

僕は成程そうかなあと思いました。将棋と囲碁で囲碁の方が人気があるのは、これも理由の一つなのかもしれません。

—–

電車で羽生五段に話しかけた人は、羽生五段を羽生五段と認識して話しかけたのだろう。

レジャー白書では将棋人口が囲碁人口よりも多い時代が以前から続いているが、1990年代中盤までは、将棋よりも囲碁の方が人気があるという雰囲気だった。

—–

私は子供の頃、有名人は電車やバスには乗らないものだと思い込んでいた。だからプロ棋士も当然、電車やバスには乗らないものだと思っていた。

しかし、大人になってくるに従って、世の中はそういうものではないということが分かってくるようになる。

—–

電車に乗ってビックリしたことが二度ある。

—–

1984年頃だったと思う。

朝、やや混んだ地下鉄に乗って間もなく、前に立っている女性がキリッと振り向いて、「この人チカンです」と私の方へ向かって指差した。

青い背広を着た男がスルスルと横歩きで車内を逃げていくのが見えた。

何も知らない周りの人が見たら、私が痴漢だと思うだろう。

その時は、奇跡的に、ホームでバッタリ会った同じ職場の女性と一緒に乗っていたので、何事もなかったかのごとく同僚の女性と世間話をすることによって、”私は痴漢ではない”という無言のメッセージを周りに送り続けたのだった。

—–

大学4年の4月、心の中で憧れていた女子大生と会う用事ができたのだが、彼女は「私の家に来てよ」と言う。

一度だけ、「お茶を飲んでいかない?」と言われて彼女の部屋で紅茶を飲んだことがある。

それ以上でもそれ以下でもなく、紅茶を飲んだだけ。

だから、彼女の家は知っていた。

土曜日の昼間、部屋を訪ねていく。

「わざわざ来てもらってごめんね」

彼女は洗濯をしていた。

下着のようなものが見えたので目を逸らす。

しかし、女性の下着には見えない。

私は怪訝そうな顔をしてしまったのだろう。

「あ、これ従兄弟の下着なの」

彼女の従兄弟の話は何度か聞いたことがある。

従兄弟と仲が良すぎるのではないかと感じたことは何度かあった。

その日は本を返すだけだったので、内心かなりショックを受けながら彼女の家を後にした。

それから5ヵ月後の9月の夕方、地下鉄に乗ったら、席に座っている女性が手を振ってきた。

彼女だった。

あれから連絡を取っていなかった。

「久し振り。奇遇だね」

「そうよね。あっ、紹介するわ。私の従兄弟」

彼女の隣には、彼女とお揃いのオーバーオールを着た男性が座っていた。

「ど、、、どうも、、はじめまして」

いつもハマトラな子だったのにオーバーオールでお揃い…

「これから後楽園遊園地に行くの」

隣に座っている従兄弟と言われている男性は、かなり私の顔に似ていた。

嬉しいような、何かを失ってしまったような、微妙な感情…

それから世間話をして私は乗り換えの駅で降りた。

「彼は絶対に従兄弟なんかじゃないんだ」

イソップ物語のカラスのような心境になって、自分にそう言い聞かせた。

「祭りはここまで。オレが終わりにしてやるぜ」

近代将棋2005年12月号、池崎和記さんの「関西つれづれ日記」より。

-----

 朝、B級2組順位戦の内藤-杉本戦と桐山-畠山戦の対局風景をカメラに収めてから控え室にいくと橋本五段がいた。「やあ、ハッシー(橋本さんのこと)、ずいぶん早い出勤だけ」と声をかけると「東京から帰ってきたところなんです」という。

 3日前、東京で竜王戦3組の野月-橋本戦があった。昇級決勝戦の決勝だ。その大勝負を制して(4年連続の昇級決定!)凱旋してきたわけだが、東京では親しい棋士たちと飲みにいって(本人は「たかられた」と言っているが)大盤振る舞いをしてきたらしい。気前がいいんだね。

 そのハッシーが神妙な顔で「週刊将棋で大口をたたき過ぎました」というので、僕は吹き出してしまった。

 その記事は読んだ。10月に天野高志アマとの平手戦(週刊将棋の企画)があるが、ハッシーは同紙で「祭りはここまで。オレが終わりにしてやるぜ」とコメントしているのだ。

 プロレスラーみたいでおかしいが、リップサービスではあっても勝利宣言には違いない。でも天野さんの強さはハッシーも昔からよく知っているから「ちょっと言いすぎた」と反省しているのである。活字になってから弱気になるところがかわいい。

 そのハッシーを誘って喫茶店でモーニングコーヒー。ここでも面白い話を聞いた。

 その1。最近、東京の某若手(実名は書けません)が恋に目覚めた。

 その2。先日、関西将棋会館で女性ファンを対象とした将棋イベントがあり、山崎六段と一緒に出席したハッシーは、ライバルが女性に恐ろしくモテるので、大変なショックを受けた(そうな)。

「山崎君にだけは負けることはないと思ってたけど、手合い違いでした。ショックで、僕はその後、公式戦で2連敗しました」。

 笑わせてくれるハッシーである。

-----

ここに出てくる週刊将棋アマプロ平手戦で、橋本五段(当時)は天野アマに敗れてしまった。

週刊将棋には、橋本五段の自戦記が載った。前の晩に酒を飲んだこと、アマに敗れた苦悩などが率直に表現された非常に面白い文章だった。

この自戦記は2006年の将棋ペンクラブ大賞観戦記部門の候補作となり、最終選考会で討議された。

高田宏さん(作家)は橋本五段の作品を観戦記部門の佳作として推したが、田辺忠幸さんが反対した。プロがアマに敗れた自戦記などありえないという田辺さんの強い信念のもとの反対だった。

観戦記部門では他の作品が選ばれることになる。

一般部門。候補作が複数あったが大賞・佳作に該当する作品は無し。

ここで、さっきの橋本五段の自戦記を一般部門佳作にしては、という案が持ち上がった。

橋本五段の自戦記は、棋譜の解説よりも心理描写に重きを置いたもので、読み物に近い作品でもあった。

田辺さんも、一般部門の作品としてなら佳作に異存なし、という意見。

そのような経緯で、橋本五段の自戦記は、2006年将棋ペンクラブ大賞一般部門佳作を受賞することとなった。

-----

2002年頃だったと思う。新宿の酒場に入っていくと、隣の席で金髪の青年がカラオケで歌っていた。感情がこもったシャウト系の歌い方だった。

歌が終わると、青年は私に「うるさくてすみませんでした」と言って頭を下げた。

私は大音量の歌はまったく気になっていなかったのだが、なんと礼儀正しく清々しい青年だろうと、とてもほのぼのとした気持ちになった。

後で店の人が、その青年は橋本崇載四段であると教えてくれた。

花村元司九段-加藤一二三九段戦での「ポン!」

花村元司九段-加藤一二三九段戦でのアクシデントなど。

近代将棋1999年1月号、泉正樹七段の「21世紀の初段をめざせ」より。

 すさみきった麻雀生活は飽きることがなかったが、棋士の先生方から「麻雀強いらしいな、だけどそんなことばっかりやってたら四段になれんぞ、少しは勉強しろよ」。温かい叱咤を受けることがしばしばあった。

雀荘通いは相変わらず続いたが、実はその分、記録係はよくやった。練習で将棋を指すことは皆無に等しかったが、戦場の空気は人一倍吸っている自負はあった。

20年も前は愛煙家の先生が半分以上だったので、ひどい時は部屋の中が煙幕状態。昼休みが終わり、ウトウトし始めると途端にプ~ンと鼻の中に”イガラっぽい”&甘い薫り。すでにヘビースモーカーだった野獣少年は「ウン、このドギツイ香りはショートピースだ。きっと丸田先生が吸ってるんだな」。そんな予想をして目をさますが、「ありゃ、いけネェ間違えた、花村先生だったか」。外れることが多々あった。

それにしても、あの丸切りのピースの葉っぱを口につけないで吸う丸田先生の芸にはみとれた。やはり”小太刀の名手”よろしく細かいさばきは芸術品。達人の風格を感じずにはいられなかった。

本誌「初中級一口講座」であなじみの五十嵐先生もピース派だったが、時たま口についた葉っぱを取る仕草をやっていたからカッコよさは丸田先生に及ばなかった。

花村先生に至っては、たえず葉っぱが口についていても気にしてないようで、これぞ本物のタバコ吸いと思わせるのだが、お茶といっしょに飲んでしまい、むせて葉っぱが出てきたなんてことがひんぱんにあったから非常に愛嬌のある先生だった。将棋も大ポカで頭をかかえたかと思うと、直後驚愕の鬼手や奇手で敵を青白くさせたりと、とにかく記録係を楽しませてくれたのでした。

親しかった植山さん(六段)や依田さん(五段)その他数人と吸い方の研究をしたが、葉っぱを口につけないで吸える人は一人もいなかった。そんな訳で悪童連中も丸切りだけは年季と鍛え画必要と断念するしかなく、代わりにショートホープやハイライトが幅をきかせていたようだ。

必然的に遅刻も多く奨励会を不戦敗する失態もあり”奨励会ブラックリスト”の上位に名を連ねていた。

花村-加藤(一二三)戦の時にはとんでもない冷や汗ものの失態もあった。初手から20手ぐらいが1時間程で進んだが、突如加藤先生の手がピタッと止まり午前早々長考に入るポーズ。眠気と長考は相互関係にあるので20分もすると襲ってきたが、目をパチクリさせて必死にこらえていた。

しかし、30分を過ぎると遂に睡魔に負けてしまい安息のねむりについてしまった。

そしてその数分の後、加藤先生お得意の高い駒音、「ビシッ!」。瞬間私は何を想ったか「ポン!」という奇声を発していた。

これには棋界の元祖ギャンブラーともいうべき”東海の鬼”もツルツルの額をなでなでしながら「しょんないナ~」独特の口ぐせで注意をうながすのであった。

さすがに、駒音に対して麻雀の食いをやらかしたのは後にも先にもこれっきりだが、猛進君の頭の中はパイでギッシリ、駒音がパイ音にきこえるのも無理からぬ所だったのです。

こういうように、記録中にいねむりやタバコのケムリに意識をそそいだりと将棋そっちのけの怠慢ぶりが身に付いていたのです。

徹マンを止めず、つらいから記録を代わってもらうこともしばしばあった。だいたいそういうときは三村さん(二段で退会)に泣きを入れた。

三村さんは連盟から徒歩3分のところに住んでいたので朝9時に電話してもゆうゆう間に合う。奨励会員の間では格好のピンチヒッターであった。

三村さんは、とにかく酒好きの人で、一人でも必ず連盟近くのスナックで毎晩のように飲んでいた。当然、量もけっこう飲むのですが、そのわりにあまり酔っ払ったところは見たことがない。時計の長い方の針が一回りもすると訳が解らなくなってしまう野獣とはエライ違いだ。ただ、このあいだ(といっても2年位前)飲んだ時には「おれも随分弱くなった」と心底嘆いていたが…。

2度3度と気軽に記録を代わってもらっていたが、その次の時だったか電話すると、「おれはいいけどさ、マサキおまえ自分のことだろ。少しは自分で責任もてよ。おれみたいな人間が言うのもおかしいけどさ」といって結局その時も代わってくれたのです。

このときを境に記録前日には徹夜はさけるようになり、遅刻ぐせも徐々に直っていった。

棋士になり18年経つが、対局での遅刻は2度だけなので全く人間というのは変われるものですネ。言いたくないことを伝えてくれた三村さんに感謝しなくてはいけない。また飲みましょう。記憶に残る程度にですけどネ…。

二段でくすぶり続けて1年以上経った頃だったろうか。突然天狗道場がツブれた。正直いってこれは我が人生にとって幸運の一つであった。麻雀をやる回数が激減する訳だからで、本腰を入れて将棋の勉強をするきっかけとなったのは紛れもない事実。半年後にはようやく三段に、そしてまた半年後には遂に四段に昇段した。運がよかったの一語に尽きるが、環境を変えることの大切さをこのときに知ったのでした。

ここまでが麻雀地獄の第一章ですが、人間は同じことを繰り返す生き物といわれます。

この後再び、乱れに乱れた麻雀生活を展開しますが、今はあまり思い出したくないので打ち切り、笑って話せるような心境になったら書いてみたいと思います。

—–

ここに出てくる三村さんは、現在の三村亨指導棋士四段

三村亨指導棋士四段は子供指導にも定評があり、教室が開催されている土曜日には将棋会館でよくお見かけすることがある。

—–

河口俊彦七段の著書には、奨励会時代「西の谷川、東の泉」と言われていた頃があったと書かれている。

泉七段は、この文章を書いた翌年くらいに、当時の奥菜恵さんにそっくりな美人女医と恋愛結婚することになる。

泉七段の魅力、どのようなきっかけで恋愛結婚したか、などは、以下の過去のブログ記事をご覧ください。

野獣猛進流(1)

野獣猛進流(2)

野獣猛進流(番外編)

泉正樹七段の「美女と野獣の会」