今日は王位戦挑戦者決定戦

今日は、羽生善治名人と藤井猛九段による王位戦挑戦者決定戦が行われる。→中継

ところで、2年前にブログで次のようなことを書いた。

名人と王位戦挑戦者決定リーグ

要約すると、

  1. 中原誠十六世名人は、週刊新潮「気になる一手」で、王位戦挑戦者決定リーグでの対局が、名人戦で調子を上げる原動力の一つになったと書いていた。
  2. これは、名人戦が始まる前後は、通常の対局が少なくペースを作るのが難しいから。
  3. この時期、唯一あるのが王位戦挑戦者決定リーグ。
  4. 王位戦挑戦者決定リーグに出場した年は、名人戦での調子を上げやすかった。
  5. ちなみに羽生名人は今世紀、次のような年譜をたどる。

2002年

羽生四冠、1993年以来保持していた王位を失う。

2003年

王位戦挑戦者決定リーグ出場

名人獲得(1996年防衛以来7年ぶり)。

2004年

この年だけ例外で、王位戦挑戦者決定リーグに出場していたにもかかわらず、名人戦で森内九段に敗れる。しかし、この年は森内九段も王位戦挑戦者決定リーグに出場していた。

2005年

名人戦で森内名人に挑戦するが、敗れる。

前年に王位を獲得していたため、王位戦挑戦者決定リーグには出場していない。

2006年

森内名人、王位戦挑戦者決定リーグ出場。

森内名人、名人防衛。

2007年

森内名人、王位戦挑戦者決定リーグ出場。

森内名人、名人防衛。永世名人獲得。

羽生四冠、2004年以来保持していた王位を失う。

2008年

王位戦挑戦者決定リーグ出場。

永世名人獲得。

2009年

王位戦挑戦者決定リーグ出場

名人防衛

以上が2年前の記事の内容で、「王位戦挑戦者決定リーグに出場した年は名人戦で好調」という、中原十六世名人説の通りになっている、が結論だった。

—–

2010年も羽生名人は、王位戦挑戦者決定リーグに出場し、名人戦を防衛している。

今年も羽生名人は王位戦挑戦者決定リーグに出場している。

羽生名人は今期、5月15日まで1勝5敗と不調だったが、その後の、名人戦第4局、王位戦白組5回戦、王位戦白組プレーオフ、名人戦第5局、名人戦第6局、棋聖戦第1局と勝って、波に乗ってきている。

—–

年度単位で見て、1996年度(七冠獲得の年度)から先、羽生名人が、名人と王位の両方に就いていた年度はない。

もっと正確に言えば、1996年度から先、羽生名人は、名人と王位のどちらか一つだけ必ず保持していた。

名人戦第7局を来週にひかえ、今日の王位戦挑戦者決定戦。

羽生名人の名人と王位の関係、今年はどのような展開になるのか興味深いところだ。

—–

棋士別成績一覧のデータによると、羽生善治名人-藤井猛九段戦、羽生名人から見た対戦成績は、2001年度以降24勝4敗。2003年度以降では16勝1敗。

藤井九段にとっては苦手な相手ということになるが、一番勝負なので藤井九段にも大いにチャンスがあるところ。

—–

今日の昼食は、羽生名人が「親子丼」、藤井九段は「注文なし」と予想したい。

(王位戦には夕食休憩がない)

タイトルとURLをコピーしました