加藤一二三九段と木の上に登った将棋ファン

近代将棋2004年9月号、加藤一二三九段の「新手物語」より。

 第62期名人戦は、大熱戦の末に森内竜王の名人獲得で終了した。私は第2局を、NHKの衛星放送で長時間解説した。また第4局は、将棋会館の解説会を担当した。この戦いは誰が見ても苦しい将棋を、羽生名人に勝ち筋があるまでに進行したところで、羽生名人がチャンスをつかみ切れなかったのが大きく痛い一敗であった。今はインターネットで、戦いを楽しめる時代なので、解説会は80人の入りであった。時代とは言え少ないと思ったので翌日連盟の事務室で話題にしていると、小泉さん(連盟職員)が、中原名人対私の第40期名人戦(1982年)の行方が決まる辺りの解説会は、新宿の三井ひろばに、2千人ぐらいの人が集まっていて、中に木の上に登って解説を聞いていて、警官に危ないですよ、と言われた人もいたと話してくれた。

 新約聖書の中に、イエズス様がイスラエルのエリコに宣教に行ったときに、ザアカイと言う男の人が木の上に登ってイエズス様を注視しているときに、イエズス様が上を見上げて、「今日はあなたの家に泊まる」と言われた場面が描かれている。

 私が長年信仰案内講座で教えを受けている、上智大学名誉教授のネブレダ神父によると、ここは原文では、「あなたの家に泊まらなければならない」となっているそうである。イエズス様は他の個所では、人の自由にまかせられている面もあるのに、どうしてこのようにいやおうなしの強い態度を、とられたのだろう。木の上に登っても見ようとした熱心な将棋好きな人のことを聞いて、思わずザアカイの話を連想した。

—–

木に登った将棋ファンのことを聞いて聖書の話を連想するとは、さすが加藤一二三九段。

と思ったが、ザアカイの話は聖書の中でも有名な物語のようで、キリスト教の人なら、”木に登った人”といえばザアカイの話を思い出すのは自然な流れなのかもしれない。

ザアカイは徴税人で皆に嫌われていたが、木の上に登ったことにより、イエスによって救いを与えられる。

—–

私が通った幼稚園はカトリック、高校はプロテスタントだった。

家は真言宗。

しかし、このザアカイの話は全く覚えていない。

幼稚園はともかくとして、高校では毎朝礼拝があった。ザアカイの話も出てきただろうが記憶にはない。

礼拝をやる時間を利用して英単語でも覚えたほうがいいのに、と思うような生徒だったので、礼拝の時間は上の空だった。

しかし、ネットで見つけたこども合同礼拝説教 【ザアカイものがたり】を見てみると、なかなか良いことが書かれている。

説教のしかたにもよるのだろうが、高校時代の私にとってザアカイの話は、まさしく馬の耳に念仏だったことになる。

名人戦第5局対局場「宝塚ホテル」

名人戦第5局は、兵庫県宝塚市の「宝塚ホテル」で行われる。→中継(有料)

「宝塚ホテル」は、京阪神の名門ホテルとして、1926年に創業された。創業当初は阪急とは無関係だったが、数年後に阪急が施設を引き継ぎ現在に至る。

宝塚大劇場まで徒歩10分、宝塚大劇場オフィシャルホテルでもある。

大正モダンの雰囲気を残した館内には、小磯良平氏が描いた宝塚大劇場で使用されていた緞帳や、赤絨毯にスワロフスキーのシャンデリア、コロニアル風建築と、宝塚ならではの内装と外装が施されている。

〔ホテル内のレストラン〕

ホテル内のレストランと昼食向きメニューは次の通り。

仏蘭西料理 プルミエ

宮殿風に設えられた格調高い店内。

ランチはコースで¥6,006(税サ込)。

日本料理 曙

厳選された素材と季節を愛でる彩り溢れる日本料理。

京うどん御膳 ¥2,541(税サ込)

ちらし寿司御膳 ¥2,541(税サ込)

松花堂弁当 ¥3,811(税サ込)

鉄板焼 梅野 .

厳選素材をふんだんに使用し、充実したメニュー。

牛フィレステーキランチ ¥2,887(税サ込み)

バイキングレストラン ザ・ガーデン

明るい店内と窓からは緑の庭園が広がる開放的な店内。

カフェレストラン ソラレス

昔懐かしい洋食メニューから、軽食、宝塚大劇場公演記念メニュー、コース料理まで。

ビーフシチュー クラシックスタイル ¥1,700

とんかつ御膳 ¥2,000

牛フィレ肉のステーキ重 ¥1,900 .

ソラレス特製 洋風御膳 ¥2,600

帆立貝柱のソテー サラダ仕立て バルサミコ風味 ¥1,500

カニクリームコロッケ ¥1,400 .

大海老フライ サラダ添え タルタルソース ¥1,800

ハンバーグステーキ ¥1,400

牛フィレ肉のソテー ¥1,900 .

カツレツサンドウィッチ ¥1,200

ミックスサンドウィッチ ¥1,300

ミートスパゲッティ ¥1,400

フレッシュトマトと小海老のスパゲッティ ¥1,400

ビーフとキノコのピラフ ¥1,300

宝塚ホテルの焼きピラフ ¥1,300

鶏ささみとマンゴーのヘルシーチキンカレー ¥1,500

クラシカルビーフカレー ¥1,300

フォアグラマカロニグラタン ¥1,500

オムライス ¥1,300

ビーフシチュー クラシックスタイル

〔昼食予想〕

総合的に判断して、対局時のメニューは「ソラレス」のものになると思われる。

羽生名人は、ややあっさり系主体か。

森内九段は、今期名人戦で二日目にカレーで2勝をあげている。第5局もカレーである確率が高い。

予想は次の通り。

羽生善治名人

一日目 ミックスサンドウィッチまたは宝塚ホテルの焼きピラフ 

二日目 オムライス

森内俊之九段

一日目 ハンバーグステーキまたは牛フィレ肉のステーキ重

二日目 クラシカルビーフカレー

—–

宝塚大劇場オフィシャルホテルである宝塚ホテルには、レディースサロン「デューク」がある。

宝塚歌劇団OGがバーテンダーの女性専用ラウンジ(同伴の男性は入店可)。

宝塚スカイステージも放映しており、歌劇の余韻に浸りながらグラスを傾けるには最適の空間だという。

宝塚ホテルならではのサロンだ。

将棋ペンクラブ交流会の一日(2011年)

5月28日(土)に将棋ペンクラブ交流会が開催され、80名近くの方にご参加いただきました。

ご来場の皆さま、ご協力いただいた棋士の方々に厚くお礼申し上げます。

以下は日記風。(時刻は曖昧な記憶による)

9:00

千駄ヶ谷の将棋会館に到着。

受付開始は9:30から。既に会員の方お二人が到着している。

9:10

4階入口の掲示板には前の日の対局結果が。勝った棋士の名札がやや上の方にずらされている。

9:20

4階入口の掲示板が更新される。

(入口から向かって右側)

特別対局室:王位戦 羽生善治名人-村山慈明五段

高雄:将棋ペンクラブ

棋峰:将棋ペンクラブ

雲鶴:将棋ペンクラブ

(入口から向かって左側)

飛燕 駒桜  

銀沙 駒桜

(5階)

香雲 王将会

9:21

やはり、王位戦白組プレーオフ 羽生善治名人-村山慈明五段戦は特別対局室で行われる。

壁で仕切られているが、対局の邪魔にならないよう音をあまり出さないようにしなければならない。

例年とは逆の位置(特別対局室と最も遠い雲鶴)に机を並べ、受付とする。

9:30

受付開始。 受付で会費を支払う。イベントで幹事も会費を払うのが将棋ペンクラブの伝統。

交流会の開始は10:00だが、既に5名ほど来場されている。

将棋盤は35面。

9:45

手合いが付きはじめ、会員同士の対局が開始される。開会の挨拶もなく、なんとなく始まるところが将棋ペンクラブ交流会の特徴。

10:00

将棋会は、勝ち星の多い順に好きな賞品をゲットできる。

賞品は、棋士の方々からいただいた、色紙、サイン入り棋書、将棋ペンクラブで賞品用としてストックしている棋書など。

今年は、森内俊之九段、佐藤康光九段、青野照市九段、田中寅彦九段、西村一義九段、所司和晴七段、野月浩貴七段、片上大輔六段などから色紙、棋書を提供いただいた。

10:05

田中寅彦九段(常務理事)が来場。田中九段も午後から交流会に参加いただけることになる。

10:10

交流会が始まってしまうと、受付担当と手合い係担当以外の幹事は、自由行動。

将棋会で将棋をするもよし(ただし賞品はもらえない)、誰かと話をしているもよし、ボケッしているもよし。

10:20

そういうわけで、私はTwitterがきっかけで交流会に来ていただくことになった女性のサポートに今日は徹しようと心に決め、4階のエレベータ前でタバコを吸うことにした。

今回、来場予定の女性は、次の方々。

とのさん(東京)

プロフィール:NON STYLE・ロザンのライブや、最近は将棋の大盤解説にも行く人間。生で色々見るのが好きなのです。基本絡まれると喜びます。現在二枚落ちお試し中。

京さん(東京)

プロフィール:この頃将棋にはまったぺーぺーです。

mayさん(京都)

プロフィール:お笑い好きな将棋の初心者。無意識に三浦八段を目で追ってしまう体質。お笑いではラーメンズ、キングオブコメディなどが好み。つぶやきの八割は将棋ですのでお気をつけください。

まるぺけさん(愛知県)

プロフィール:まるぺけです。軽挙妄動将棋ファン。好きなものをミーハーな視点でアクティブにつぶやきます。ファンアート手描きブログは開店休業中。

なまさん(関東)

プロフィール:なまものもえです。shogiです。きもちわるい発言が多いです。

がぶりんこさん(東京)

プロフィール:バレーボールと落語と将棋と走ることに埋もれて暮らしたい。バレーは順天堂大学、落語は菊之丞師匠、将棋は三浦八段、走ることはウルトラマラソンが贔屓。相撲も1歳から好きで、キップのいいスピード相撲が好み。そして好きな飲み物はホッピーです。

ひーちゃん(名古屋)

プロフィール:くう・のむ・あそぶ。最近は将棋。

ひーちゃんのお友達(東京)

そしてtwitter界からは、次の男性の方々。

@osa_mako =おさまこさん(東京)→日本将棋連盟ツイッター支部

@ametsugu_naoe  =直江雨続さん(関東)→直江雨続の嵐を呼ぶブログ

@tiger391682  =たいがーさん(横浜)→「玲瓏」羽生善治データベース

10:25

対局室から出てきた羽生善治名人と湯川博士さんがすれ違う。

湯川さんが羽生名人に「今日は音を立てないようにしますから」。

羽生名人「あ、大丈夫ですよ」。

10:30

羽生名人がエレベータから降りてくる。手に持つビニール袋には箱入りの扇子が入っている。1階の売店で買ってきたものなのだろう。

11:00

船戸陽子女流二段が来場。さっそく指導対局が始まる。希望者が多く、三面がすぐに埋まる。

11:10

雨にもかかわらず出足が良く、参加者は40名を越える勢い。

11:20

アニメから抜け出てきたような可愛い雰囲気の女性が来場。

受付を済ませて早速手合いがついた。

twitterの流れを見て、とのさんであることを知る。

(とのさんは夕方からコンサートへ行くため、夕方前に退席)

11:40

昼食用に、おにぎり100個、ワッフル、バナナ、お茶が用意される。

好きな時に食べることができる。

12:00

田中寅彦九段、谷川治恵女流五段、斎田晴子女流四段が来場。指導対局が開始される。希望者が多く、六面がすぐに埋まる。

12:20

まるぺけさん、ひーちゃん、ひーちゃんのお友達が来場。

まるぺけさんは、王将戦第1局中継担当の時に青葉記者が述べていた通り、フェルメールの絵画「真珠の耳飾りの少女」そっくりな方だった。すぐに分かった。

ひーちゃんさんは、優しい天女のような雰囲気。

ひーちゃんさんのお友達は、都会的でクールな若手女優の雰囲気。

12:40

三浦弘行八段が、階段で4階へ上がってきた。

三浦八段も将棋ペンクラブ会員。仕事の打ち合わせがあるが、夕方、少しの時間、交流会へ顔を出していただけるという。今回参加の女性に三浦八段ファンが多いのでインパクトは大きい。

13:00

米長邦雄会長が来場。挨拶の言葉をいただく。

会場には60名を超える来場者。

13:40

京さんとmayさんが来場。

京さんは、笑顔が素敵な明るく快活な雰囲気。

mayさんは、湯川恵子さん曰く、10年以上前の高橋和女流三段に似た雰囲気。

mayさんには、満月の京銘菓「阿闍梨餅」をいただく。

14:00

最終選考委員の西上心太さん来場。

14:15

なまさん来場。

なまさんは、やはり王将戦第1局中継担当の時に青葉記者が述べていた通り、梨沙帆さんにそっくり。すぐにわかった。

なまさんには、豊島屋の鳩サブレーをいただく。

14:30

後藤元気さんが来場。

15:00

将棋ペンクラブ会長の木村晋介弁護士が来場。

一局将棋を指してから懇親会で飲むのが手筋。

15:10

バトルロイヤル風間さん来場。

バトルさんも一局指してから派。

15:20

まるぺけさんとひーちゃんさんが、指導対局を2局終えたばかり。手合いが付くのは15:30までで、指導対局は満席なので、私が駒落ち二面指しを指すことにした。

今日初めての将棋、生まれて始めての二面指し上手。

生まれて初めてなので二局とも敗れてしまった。

お二人とも、これから棋力はどんどん伸びるだろう。

15:50

窪田義行六段来場。

今回参加の女性には窪田六段ファンも多い。

15:55

山田史生さん来場。

16:00

表彰式開始。勝ち星の多い順に好きな賞品を選ぶことができる。

例年なら、それぞれ自己紹介が行われるが、今年は隣室で対局が行われているので、自己紹介と拍手は省略。

16:10

バレーボールの練習を終えて、がぶりんこさん来場。

がぶりんこさんは、野球漫画の野球部人気マネージャーの雰囲気。

16:30

机が並べられて懇親会が開始。銘酒の差し入れも多い。

船戸女流二段は、明日のLPSA女性将棋の日イベントの準備のため、ここで退席。

17:10

今年は、交流会初参加の女性には、バトルロイヤル風間さんに似顔絵を描いてもらえる特典が付いている。

なまさんが17:30過ぎには帰らなければならないということで、なまさんの似顔絵開始。

なまさんはバトルさんの漫画の大ファンで、持参した天才将棋帝国―バトルロイヤル主義にサインをしてもらっていた。

なまさんは、数十分後に三浦八段が「今日は梨沙帆さんが来ているんですね」と間違ってしまうほど、梨沙帆さんに顔が似ている。

17:20

三浦弘行八段が来場。色紙を3枚持ってきていただいたようだ。

17:21

三浦八段ファンの女性陣は、後方の席に座っている。三浦八段は受付近くの前方に立っているところ。

今日はほとんどブラブラしていた私の、最も大事な仕事がこれから始まる。

17:22

三浦八段に「今日は三浦八段ファンの女性が全国から複数参加していますので、ぜひ後方の席へお越しください」と話す。

そして、事務局の星野さんから三浦八段の3枚の色紙を受け取り、三浦八段を後方の席へご案内する。

17:23

三浦八段の大ファンであるmayさんの隣の座布団が空いていたので、三浦八段にはそこにお座りいただく。

同じく三浦八段の大ファンである京さん、がぶりんこさんも傍に座っている。

mayさんは緊張していたかもしれないが、三浦八段と会話を交わしていた。

また、おさまこさん、直江雨続さん、たいがーさんなども会話に加わる。

17:45

三浦八段退席後、三浦八段の3枚の色紙をmayさん、がぶりんこさん、京さんに渡す。京さんは同じ色紙「忍」を既に持っているということで、その色紙はひーちゃんさんへ。

17:47

今日はほとんどブラブラしていた私の、最も大事なもう一つの仕事。中ほどに座っている窪田義行六段を、後方の席にお連れすることだ。

17:48

窪田六段を後方の席にお連れする。

窪田六段ファンは、まるぺけさん、mayさん、がぶりんこさん。

18:00

王位戦を観戦に来ていた勝又清和六段が来場。

18:10

バトルさんの似顔絵は腕がしなるような勢いで進行中。

来場していた女性陣の似顔絵の二巡目に入る。

二巡目は、最初よりもデフォルメが入り、よりマンガチックになってくる。

18:30

特別対局室での対局の関係もあり、例年よりも早い時刻で懇親会は終了。

後片付け開始。

19:00

千駄ヶ谷の居酒屋で二次会開始。

人数が多かったため、田中寅彦九段、バトルロイヤル風間さん、野球部人気マネージャー風のがぶりんこさん、都会的でクールな若手女優風のひーちゃんさんのお友達、私は、本隊と少し離れた席に座る。

mayさん、まるぺけさん、ひーちゃんさんは、おさまこさん、直江雨続さん、たいがーさんなどと渋谷のカラオケへ行ったということだった。京さんは、風邪気味で帰られたとのこと。

20:00

都会的でクールな若手女優風のひーちゃんさんのお友達は、twitterはやっていないが、このブログを見ていただいているという。そういうことを聞くと、ブログをやっていて本当に良かったと思う。

21:30

二次会は散会。

複数の女性が新宿の「あり」が気になっているということで、田中寅彦九段、バトルロイヤル風間さん、がぶりんこさん、ひーちゃんさんのお友達、編集者で林家正蔵を男前にしたようなFさんと、新宿へ。

22:30

mayさん、まるぺけさん、ひーちゃんさんが「あり」に合流。楽しく飲む。

02:00

三次会散会。

02:10

そういえば、あまり食べていなかったのでもう一軒行こうということになり、まるぺけさん、ひーちゃんさん、ひーちゃんさんのお友達、Fさんと一緒に、歌舞伎町の上海家庭料理店「上海小吃」へ。

04:30

四次会散会。

とても楽しい一日だった。

それとともに、このように素敵な女性が複数、プロ棋士や将棋に興味を持ってくれているということは、とても素晴らしいことだと強く感じた。

棋士ジュークボックス

日曜日のひと時を音楽で。

2008年将棋年鑑の棋士名鑑より「好きな曲」を抜粋。

(それぞれ曲名をクリックすると、Youtubeへリンクされ、曲をお聴きいただくことができます)

佐藤康光九段… 美しく青きドナウ

中原誠十六世名人… モーツァルト クラリネット協奏曲

谷川浩司九段… マーラー5番第4楽章

森内俊之九段… 竹内まりや 人生の扉

加藤一二三九段… モーツァルト レクイエム ドボルザーク 交響曲第8番

桐山清澄九段… 河島英五 時代おくれ

森けい二九段… サライ

高橋道雄九段… J-POP、アニメand特撮

田中寅彦九段… 1970年代の音楽

郷田真隆九段… もしもピアノがひけたなら

森下卓九段… 中森明菜 デザイヤ 

前田祐司八段… 山本リンダ どうにもとまらない

三浦弘行八段… 戦場のメリークリスマス

久保利明二冠… 浜田省吾 MONEY

滝誠一郎七段… 昭和の演歌

泉正樹七段… エルトン・ジョン

中川大輔七段… 007のテーマ

北浜健介七段… 平原綾香 誓い

神吉宏充七段… サザンオールスターズ全般

中座真七段… 愛しき日々

高田尚平六段… ブルーススプリングスティーン 白鳥英美子 ゼア・イズ・ア・シップ

阿久津主税七段… GLAY 生きてく強さ

窪田義行六段… DMC

片上大輔六段… 気分上々

戸辺誠六段… ケツメイシ 夏の思い出

豊島将之六段… 宇多田ヒカル Beautiful World

山本真也五段… ワインレッドの心

佐々木慎五段… 浜崎あゆみ

中村太地五段… 絢香 I believe

瀬川晶司四段… コブクロ ここにしか咲かない花

稲葉陽五段… オレンジレンジ 

矢内理絵子女流四段… ショパン ノクターン リスト ラ・カンパネラ

清水市代女流六段… 西洋の古典音楽

関根紀代子女流五段… 春の海

長沢千和子女流四段… アンチェンメロディー

山田久美女流三段… 沢田研二 Za・Za・Za

甲斐智美女流王位… ドビュッシーならなんでも

藤田綾女流初段… 夢見月に何思ふ

安食総子女流初段… 川嶋あいの曲

中村真梨花女流二段… 世界に一つだけの花

鈴木環那女流初段… カントリーロード (ジブリ 耳をすませば)

里見香奈女流三冠… Field of View 突然 大瀧詠一 さらばシベリア鉄道

—–

ついでに、私の好きな曲の中から何曲か。

酔っ払いながら選んだので、かなりな変化球。

Chic   I Want Your Love

THE SOS BAND Take Your Time

西村まゆ子 ひと恋初めし

「将棋ペンクラブ交流会を訪れて」の巻 2004年版

今日は将棋ペンクラブ交流会。

7年前の橋本(磯辺)真季さんによる将棋ペンクラブ交流会探訪記。

近代将棋2004年9月号、橋本(磯辺)真季さんの「橋本真季のやっぱり将棋やね!」、「将棋ペンクラブ交流会を訪れて」の巻より。

 将棋教室などでペンクラブ交流会のことを話すと、みんな口々に「いろんな方に会えて楽しそうですねぇ」と言う。だからすかさず、じゃあぜひ会員になって来年は参加して下さい。と勧誘する。

すると決まって「でも、なんの資格もないですから」という言葉が返ってくる。みんな誤解している。将棋ペンクラブと聞いて、文章を書く人の集まりだと思い込んでいるのだ。

将棋ペンクラブ会則・第3条(目的)「この会は将棋と文章を愛する人の集まりで、会員相互の親睦と将棋ジャーナリストの擁護・育成を図り、あわせて将棋の普及に寄与する」

そう、将棋ペンクラブは「将棋と文章を愛する人」の集まり。つまり対象は、この近代将棋を手にしているあなたのことであり、もっと平たく言えば将棋ファン全員のことである。

(中略)

6月19日関東交流会

午後2時、会場に着くともうすでに恒例の将棋大会は折り返し地点を過ぎていた。

この時点ですでに4局指し終えた人もいる。会場の奥では床の間を背に石橋幸緒女流三段が指導対局。次から次へと対局希望者が殺到するので休む間もない。会場はすっかり打ち解けた空気でいっぱいになっていた。

ザッと見渡して約60名、対局者に埋もれて盤が見えないほどの人である。

「毎年たくさん人が集まるから、関西みたいにリレー将棋なんかするとパニックになっちゃう。だから将棋大会。白星の多い順にあそこの賞品から好きな物が選べます。効率的でしょ」と湯川代表幹事。床の間には棋士から届いた色紙や本が所狭しと並べられていた(後になって窪田義行五段の色紙が届く。なんとご本人が墨、筆を持参、為書きをしてくださるというパフォーマンス付き。黒いエプロンをして静かに色紙に向かう窪田五段。そこだけが静寂に包まれているように思えた)。

会場には大庭美夏女流2級と娘さん、大庭美樹女流1級も来られていた。

ふと見ると、小さなお嬢ちゃんの手にはしっかり王将が握られている。

「この子、王将が大好きでずっと離さないんです」と大庭女流2級。それを聞いて「素晴らしい!将来が楽しみですね」と周りの人が口を揃えて賞賛した。

午後4時を過ぎて大会が終了した。6戦全勝の犬塚さんを始め、次々とみんな賞品を取りに行く。賞品を取ったら会場のみんなに自己紹介。それが終わると盤駒をしまって長い机をロの字に並べ、次の準備に入った。

午後4時半、宴会が始まった。テーブルにはビール、日本酒、焼酎、ワイン、そして紙皿に盛り付けられた数々のおつまみが並び、それぞれ思い思いの場所に座ってワイワイ。

途中、ペンクラブ新名誉会長、二上達也九段からのお話もあった。この後、東京の夜も2次会、3次会へと続くのであった。

(以下略)

—–

将棋ペンクラブ交流会が、「いろんな方に会えて楽しそうですねぇ」というのは本当だと思う。

交流会の2次会は、千駄ヶ谷の駅前の通り沿いの大きな居酒屋で行うのが常となっている。

3次会からはそれぞれ。

去年の記録を見ると、私は4次会まで行ったようだ。

最後の店は新宿の「あり」だったような記憶がある。