名人戦第7局対局場「常磐ホテル」

名人戦第7局は、甲府市の「常磐ホテル」で行われる。→中継(有料)

日本旅館の感性と都市型ホテルの利便性を兼備えた常盤ホテルは、皇室の利用も多く、甲府の迎賓館と呼ばれている。

また、情緒豊かな日本庭園は、米庭専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」で20位にランクされている。

新館からは富士山を、本館からは雄大な南アルプスの山々を眺めることができる。

料理は、「甲州牛」、甲州名物「あわびの煮貝」、「馬刺し」など、豊富な品揃え。

〔常磐ホテルでの昼食実績〕

常磐ホテルでのタイトル戦の昼食実績は次の通り。(将棋棋士の食事とおやつによる)

2008年名人戦第5局

羽生名人、森内九段とも、

一日目 天ざるそば、稲荷寿司

二日目 肉うどん、焼おにぎり

この対局は、森内九段が勝っている。

〔昼食予想〕

一日目も二日目も2008年の名人戦と同じメニューになる可能性もあるが、常磐ホテルではランチバイキングを行っている。

そういうわけなので、全くのフリーハンドで昼食の予想をしてみたい。

第7局は、お互いの死力を尽くした戦いとなる。

羽生名人、森内九段とも、勝率の高いメニューでの対決を期待したい。

羽生名人の高勝率メニューは、きつねうどん、天ざる、海鮮系丼、焼そば。

森内九段の高勝率メニューは、ハンバーグ、カレー、天ざる、麺類+ご飯者。

今回は、予想というよりも期待を込めての予想。

羽生善治名人

一日目 天ざる

二日目 きつねうどん

森内俊之九段

一日目 ハンバーグ

二日目 カレー

対局中必敗になると泣くこと毎回

奨励会時代の糸谷哲郎五段。

近代将棋2004年9月号、川崎大地指導棋士二段(当時)の「激闘奨励会 関西だより」より。

川崎大地指導棋士三段は森信雄七段門下で、糸谷哲郎五段の兄弟子にあたる。

兄弟子ならではの温かさに溢れる文章。

糸谷哲郎三段

 小学4年生での入会から6年で三段リーグ入りを決めた。

 二段以下での通算成績は170勝148敗で勝率は.534.ここ最近の新三段(村田・豊島)に比べると勝率ではかなり差がある。それもそのはずで糸谷は入会から2年間6級でひたすら負け続けた。降級点を取ること3回。降級の一局を凌ぐこと2回。対局中必敗になると泣くこと毎回。

 最近ではその期間に蓄えたたくましさも目に見える。特に振り飛車に対して独特の指しまわしを開発していて、まだ名前のない(本人の中ではあるのかも)戦法は児玉七段のカニカニ銀並みの個性である。

—–

近代将棋2006年6月号、故・池崎和記さんの「関西つれづれ日記」より。

(B級2組順位戦最終戦の対局が終わったあと)

 深夜、東西すべての結果を見届けてから、福崎九段、南九段、西川七段、平藤六段、本間五段(4月から六段)と飲みにいった。

(中略)

 居酒屋に入ると、糸谷新四段の話が出て、次に”反則談義”に移った。

 何年か前、糸谷君は対局中に珍妙な動作をして「反則負け」になったことがある。そのエピソードを僕が紹介したのがきっかけだ。

 珍妙な動作というのは、取った駒を相手の駒台に乗せたこと。駒がはじき飛んで、偶然、相手の駒台に落ちた、というのではない。彼はなぜか、フツーに駒を置いたのだ。前代未聞の珍事だが、これ自体は反則ではないだろう。「あ、ごめん」とでも言って、自分の駒台に戻せばいいだけのことだ。

 だが正直者の糸谷君はそれができなかった。時計を止めて、幹事に裁定をあおいだのである。結果的には、これが良くなかった。想定外の事態が起こって、幹事も対応に困った。対局者同士で処理してくれれば見ぬ振りもできるが、本人から言われたらいい加減な返事はできない。

「時計を止めたのか・・・」

「はい、僕が止めました」

 こんなやりとりがあり、結局、これを理由に反則負けの判定が下されたのである。

 局面は糸谷君が勝勢。その駒を相手に渡してもまだ優勢だった。糸谷君は大声で泣いたが、これもいまとなってはなつかしい思い出だろう。

 4月から高校3年生になり、来年は関西の大学を受験するそうだが、同門の兄弟子、安用寺五段によると糸谷君は博識で、学校の成績もかなりいいらしい。ユニークなキャラクターで、将棋もかなり変わっている(対振り飛車の右玉が特に有名)から、今後が楽しみだ。

-とまあ、こんな話を僕は居酒屋でしたのだが、この反則負けのエピソードが受けて、反則談義に移っていったのだ。

(以下略)

池崎さんは、この反則負けの場面をリアルタイムで見ていた。それほど池崎さんは、時間を惜しまず関西将棋会館に詰めていたということだ。

池崎さんは別の号でもこの時のことを書いている。奨励会幹事は井上慶太八段だった。

—–

2007年の朝日オープン将棋選手権本戦、糸谷哲郎四段-中原誠永世十段戦観戦記でも、この時の反則負けのことが取り上げられている。

対局相手は佐藤天彦1級(当時)だったことがわかる。

この観戦記は「剣」さんによるもの。「剣」は小暮克洋さんのペンネーム。

糸谷哲郎五段の個性が強く伝わってくる名観戦記だ。

—–

師匠の森信雄七段が撮った糸谷新四段の写真。師匠の思いがこもっている。

糸谷哲郎新四段 – 森信雄の写真あれこれ