本当にあった禁断の盤外戦術(2)

反則ギリギリの作戦その2。

1996年刊行の田中寅彦九段「羽生必敗の法則」より。

 対局中に笑うなどというのは不謹慎な話だが、それは対局に集中している棋士の神経をそぐからだろう。もし、爆笑がおこる、などという状況が生まれれば、棋士に対する影響は大きい。

 だいぶ前のNHK杯で、こんなことがあった。その局は途中まで何事もなかったのだが、一方の某棋士が下半身がムズかゆくなってきたのか、急に立ち上がったのである。そして、ズボンのたわみをととのえるように、ズボンのベルトの所をおさえて、腰をブルッ、ブルッと震わせた。よく中年のオジサンがやるような、あれである。

 この”パフォーマンス”にたまらなく可笑しくなったのが、記録読み上げ人であるT女流棋士。視聴者もブラウン管越しに大爆笑しただろうが、記録読み上げ人とすれば、それをグッとこらえたいところ。しかし、彼女は耐え切れず、ついに大きな声で笑いだしたのだ。

 これはいまだに、「NHK杯爆笑事件」として、私たち棋士の記憶に残っている。その爆笑ムードは、当然その相手に影響を及ぼした。なんと腰振り棋士は、そのまま優勝し、その後も、ときたま同じしぐさが見受けられる。

—–

蛸島彰子女流五段が棋譜読み上げをやっていた時代の話だ。

それにしても、記録読み上げ人が声を出して笑ってしまったのだから、相当に可笑しかったのだろう。

—–

1990年頃の話。

中野で三人(男・男・女)で飲んで、「もう一軒行こう」、ということになり、タクシーで六本木へ向かっていた時のこと。

車中では普通の会話が交わされていたのだが、赤坂見附を通り過ぎる頃、いままで一言も言葉を発しなかった無愛想な運転手さんが、急に声をあげて笑い出した。

私たちはビックリして会話を止めた。

「急に笑って申し訳ありませんでした。お客さんたちの話があまりに可笑しかったから。ずっと笑うのを耐えていたんですが、我慢できなくなっちゃって・・・」、と運転手さん。

あの時の微妙な達成感は、今になっても忘れられない。

今日から社会人将棋団体リーグ戦

今日から「社会人将棋団体リーグ戦」(東京アマチュア将棋連盟主催)が始まる。

今年は「将棋ペンクラブ」チームが4部リーグから初参加することになった。

「将棋ペンクラブ」チームは、将棋ペンクラブ幹事や会員から構成されるチーム。

私も、社会人将棋団体リーグ戦参入の話を聞いた時は「将棋ペンクラブ」チームからの参加を考えたが、今まで17年間在籍している「原宿カサブランカ」チームへの恩義と義理がある。また人数もギリギリの状況。

ということで、今回は引き続き「原宿カサブランカ」チームからの出場とした。

幹事のなかでも強豪の中野さんや犬塚さんも、今までの経緯などから所属してきたチームを抜けることができず、別チームからの参戦となる。

—–

将棋ペンクラブチームの基本姿勢は「勝敗にはこだわらず楽しく将棋を指す」。

今期の4部陥落は想定内であり、安住の地である5部、あるいは将来新設されると噂されている6部で伸び伸びと将棋を楽しむのが、当面の目標。

将棋ペンクラブチームの活躍を見守りたい。

—–

「原宿カサブランカ」は3部リーグ。

創設者は船戸陽子女流二段のお父様で、船戸陽子女流二段のご両親が13年以上前に経営していたレストラン「原宿カサブランカ」がチーム名の由来。

—–

社会人将棋団体リーグ戦は、1チーム7名の出場選手による団体戦で、10月まで5回開催される。

ところで、私は昨日飲み過ぎたのに、まだ二日酔いになっていない。

対局中に突然二日酔いが襲ってくることが考えられる。

自分の成績を心配しなければならない。

—–

なお、会場には将棋ペンクラブのブースもできます。過去の会報を配布する予定なので、興味のある方、入会したい方はお立ち寄りください。