入籍ラッシュ

今年の夏は、船戸陽子女流二段、島井咲緒里女流初段、中村桃子女流1級と、女流棋士の入籍のニュースが続いた。

→中村桃子女流1級 婚姻届を提出 (毎日新聞)

横山五段&島井女流初段 棋士同士が結婚(スポーツ報知)

所属女流棋士 入籍のご報告(LPSA)

非常におめでたいことだ。

このような、将棋界の結婚・婚約ラッシュが1995年頃にもあった。

近代将棋1995年12月号、大矢順正さんの「棋界こぼれ話」より。

 いままで二十代の男性棋士の既婚者が皆無だったのが不思議な思いもする。

 花の五十五年組と言われた高橋道雄九段、南芳一九段、島朗八段、中村修八段等は皆結婚した。一人、塚田泰明八段が独身貴族を謳歌していたが、この春に高群佐知子女流二段と婚約を発表して年貢を納めた。

 前期の順位戦でB級陥落が決まった直後のプロポーズで「なんでまた、こんな時期に・・・」と高群二段を驚かせた。

 これが将棋界の「寿ラッシュ」の火付け役となった。

 羽生善治六冠王が女優畠田理恵さんと。噂にはなっていたものの電撃婚約に周囲は驚いた。タイトル戦ラッシュの最中によくもデートする暇があったものだと感心する。塚田、高群ご両人のデートコースはディズニーランドだったと聞くが、こちらは美術館、図書館巡りだったとか。

「本当は羽生さんの家の近くの代官山周辺だった」と畠田さんがこっそり告白してくれた。

 九月に入って藤井猛六段がグループ交際していた囲碁アマ五段のお嬢さんとの婚約を明らかにした。元々は真田圭一五段が慶應大学の囲碁部の女性たちを連盟の野球部の合宿に招待したのがきっかけだったようだ。

 この三組は、みな将棋会館で両者揃って記者会見した。将棋界では連盟で婚約発表したのは真部一男八段以来ではないだろうか。騒がれた谷川浩司王将の婚約発表も婚約者は写真だけだった。

 また、三組は揃って来春挙式の予定。藤井組が三月の末、塚田組が四月の上旬だが羽生組は未だ発表されていないが、名人戦前後が有力。

「これは、三月から挙式ラッシュとなりご祝儀破産しそうだ」なんてジョークまで飛び出している。

 おめでたい話なのにそれはないよネ。

 これで寿ラッシュが終わったわけではない。春まで待てず(?)にさっさと入籍した棋士もいる。

 九月になって飛び込んできたのが依田有司五段が入籍済のニュース。

 こちらは依田五段の自宅近くで夫婦で飲食店を経営しているお嬢さんで歯科医助手。依田五段より十一歳年下というから、独身中年棋士が地団駄を踏んで悔しがりそうなお話。

「三十を過ぎて結婚は半ば諦め気味だったが一点買いで万馬券を当てた心境」とのろける。

 そして十月になってもう一組。

 ことしの三月に四段昇段した北島忠雄四段だ。昨年、三段リーグで昇段を逃した北島四段はインドに傷心旅行したときにツアーで知り合ったお嬢さんで、こちらは銀行に勤務の二歳年上の姉さん女房となる。晴れて四段昇段を果たしたことで八月に日比谷公園の噴水の前でプロポーズした。ところがその日に限って「水入らず」の二人とあって噴水の水が出ていなかったとか。

 北島四段は、春に四段昇段祝いをしてもらったばっかりとあって、またみなさんにお祝いしてもらうのは気が引ける、とあって公表を控えていた。

(中略)

 さて、五組のおめでたを紹介したが、今年はまだ二ヵ月ある。事情通の話ではまだ三組は誕生しそうだという。

—–

「まだ三組は誕生しそうだ」と書かれているが、当然のことながら、”誰が”とは明かされていない。

ところが、大矢さんがこの記事を書いた前の号で、中川大輔六段(当時)が、今から考えれば意味深なことを書いている。

中川大輔六段(当時)の近代将棋1995年11月号の「仕掛けのタイミング」より。

 今年は暗いニュースがあいついでいましたが、我が将棋界の方は明るいニュースが続いています。

 まず春先に塚田八段と女流の高群さんが婚約を発表しました。続いて羽生名人が女優の畠田理恵さんと。そして九月には後輩の藤井六段が土屋さんと婚約発表しました。

 土屋さんは「キングス」の試合によく観戦に来られていました。おにぎりやサンドイッチなどの差し入れをしながら。

 明るい女性で、なかなかしっかりしたところがあり、面倒くさがり屋の藤井君(失礼!)にはぴったり。まずはおめでとう。

 しかし、これからが大変。うっかり黒星が増えようものなら、観戦記者のだんながたに何を書かれるかわかりませんぜ。

 それにしてもこの婚約ブーム。まだ続きそうな気が・・・。

—–

中川六段は、1996年に囲碁棋士の宮崎志摩子三段(当時)と結婚する。

「まだ続きそうな気が・・・」が、今だから思うことだが、非常に力強く自信に満ちて感じられる。

南の島事件

昨日から行われている王位戦第6局の立会人は塚田泰明九段。

今日は、塚田泰明八段(当時)の有名なエピソードを。

先崎学八段の2001年に刊行されたエッセイ集「フフフの歩」より。

 四月某日-今年の春(1996年)は棋士の結婚ラッシュだったが、それも今日で打ち止めである。昼過ぎから、塚田八段と高群女流二段の結婚式が行われる。

 会場の都心のホテルに着くと、いやはや知った顔ばかりである。棋士同士のカップルなのだから、当然といえば当然だが、やはり驚いた。そのまま棋士総会ができそうである。なにしろ新郎側の主賓が大内理事で、新婦側の主賓が滝理事なのだ。

 その滝さんのスピーチが良かった。滝さんは高群の師匠である。

「高群に、付き合っている棋士がいると聞いて、驚きまして、相手を訊いたら、塚田君だというので、私は、思わずヤッタとガッツポーズが出ました」(場内爆笑)

 ようするに、塚田さんならば、悪いようにはならないということである。

 つづいて、スライド映写による『南の島事件』の暴露(といったって業界で知らない人はいないのだが)があった。

 南の島事件というのは、二人が付き合い真っ盛りの頃、沖縄に行って、台風にあって帰れなくなってしまった事件のことである。

 二人は、テレビ対局の対局者と記録係として、収録を控えていた。だが飛行機は飛ばない。二人の行動は、初期の恋人達がおおむねそうするように、隠密であった。

 進退窮まった二人は、仕方なく別々に将棋連盟に電話をした。

「高群ですけど、実は沖縄に来ていましてこれこれしかじか」

「塚田です。実は南の島にいましてこれこれしかじか」

 バレたら困るというので言葉を考えたわけだが、二人とも嘘が得意な性格ではない。すぐバレるよ。これでは。

 二人の熱愛は、親しい仲間内は感づいていた。帰って来た塚田さんに訊いた。

「一緒だったんですか?」

「いや実は・・・・・・(汗をふきふき)友達と二人で沖縄に行ったら、偶然同じ飛行機に彼女がいて、(またふきふき)向こうも女の子の友達と来ていて・・・・・・」

「泊まったホテルが同じだったと聞いていますが」

「そうなんだ、偶然同じホテルで」

 そんなに偶然が重なってたまるか。

 それにしても南の島というフレーズは見事だった。同行を認めるわけにはいかない男の苦悩と、嘘がつけない善良な性格とを見事に表わしている。

 婚約してからの二人のアツアツぶりはとどまることがない。高群さん曰く、「最近、たまに喧嘩するの」。勝手にしやがれ。

—–

南の島、たしかに魅力的な言葉だ。

私は、日本国内で行ったことのある最南端が福岡市、世界中では香港が最南端。

南の島、南太平洋、などと聞くと、自分の目を通して実際に見たことのない場所のためか、非常にエキゾチックな印象に感じられる。

—–

かなり昔は、南太平洋のことを”南海”と呼んでいた。

昔の映画でも”南海”は、タイトルによく出てきた単語だった。

私が印象に残っている映画としては、「ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘」。

映画は見なかったが、エビラのプラモデルを買った記憶がある。

ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘 [DVD]ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘 [DVD]
価格:¥ 4,725(税込)
発売日:2008-02-22

怪獣史上、唯一、食べても美味しいと思える怪獣だった。

Youtube「ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘」予告編

—–

今回初めて知ったが、東宝では「ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦 ! 南海の大怪獣」という映画も制作していたという。1970年の作品。

ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦 ! 南海の大怪獣 [DVD]ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦 ! 南海の大怪獣 [DVD]
価格:¥ 4,725(税込)
発売日:2005-06-24

ゲゾラは、カミナリイカをベースしたイカの怪獣。「ゲソ」が語源になっているのが明白だ。

ガニメは、当然、カニの怪獣。カルイシガニがモデルになっている。写真で見てもわかる通り、美味しそうなカニではない。

カメーバは、カメの怪獣。

シンプルでわかりやすい怪獣のネーミングだ。

この映画とは別に、東宝制作のTBS系「ウルトラQ」で、スダールという大ダコの怪獣も登場している。名前の由来は「酢ダコ」。

Youtube「ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦 ! 南海の大怪獣」予告編

—–

話を戻して南の島。

升田幸三実力制第4代名人が太平洋戦争の時に召集されて向かった戦地がポナペ島

ポナペ島は現在のポンペイ島で、ミクロネシア連邦の首都パリキールの所在地。

初めはスペインの植民地、1899年からはドイツが統治した。

日本が委任統治するのは第一次世界大戦後の1920年から。

スペイン、ドイツは過酷な植民地政策をとったが、日本は同化政策をとり、日本からの入植者が1万人を超える時期もあった。

太平洋戦争終了後、アメリカの信託統治領となり、1986年に独立している。

グアム島経由でしか行けないので一般的な観光地ではないようだが、本当にゆっくりとできる島なのかもしれない。

諸行無常の響きあり

昨日の社会人団体リーグ戦は、絵に描いたような味の悪い展開となった。

7月の3勝1敗に気を良くしていた私は、今月もその勢いを保つべく、昼食には7月と同じ「かきあげ丼セット」、4局目の前には7月と同じくペプシエナジーコーラ(ローヤルゼリー入り)を飲むことを決めていた。

午前の1局目は負けても(私は統計的に午前の1局目を負けることが多い)、午後の3局を全て勝てれば、というのがささやかな目標だった。

ところが・・・

1局目、終盤やや苦しい展開だったが、相手の持ち時間切れで、私の勝ち。

たまたま対局時計の秒読み音が出ないような設定になっていたことが原因で、私は継続して指しても全く問題はなかったのだが、審判裁定は相手の時間切れ負け。

申し訳ない気持ちになった。

しかし、原宿カサブランカチームは2勝5敗で負け。

昼食は予定通り「かきあげ丼セット」を注文した。

ところが、先月食べた「かきあげ丼セット」とは全く印象が異なった。

大きめの桜海老が入ったかき揚げだとばかり思っていたのだが、よく見ると、それは桜海老ではなくニンジンだった。

私はニンジンはやや苦手なほう。

実態は、ニンジンとタマネギとネギのかき揚げだったのだ。

なぜ先月、桜海老のかき揚げだと思ったのか考えてみた。先月の対局の前の日は、かなりの量の酒を飲んでいた。

翌朝起きても二日酔いには至らず、まるで1時間前まで酒を飲んでいた時のような気分。

このような状態で昼食を食べたのだから、何でも美味しく感じ、ただの水さえも玉露のような味わいに変じる。かき揚げの中の赤い物を見れば桜海老と思い込む。

ところが昨日は全くの素面。

「かきあげ丼セット」も美味しいには違いなかったが、決して私が求めるベクトルの食べ物ではなかった。

やや不吉な予感を残しながら2局目開始。

2局目は優位に立てることなく敗退。

チームも2勝5敗で負け。

不吉な予感が増幅してきたので、ペプシエナジーコーラを1局早めて飲むことにした。

ペプシエナジーコーラの味も先月と違うような感じがする。

不吉な雰囲気は更に増す。

3局目は力負け。

チームも2勝5敗で負け。

4局目はいいところなく負け。

チームも3勝4敗で負け。

この日、私は1勝3敗(チームは4連敗)の戦績だった。

かくも崩れてしまうものなのか。

負けが込むと負のスパイラルに突入する。

つくづく、将棋は気の持ちようだと感じた一日だった。

—–

東京アマチュア将棋連盟発表の最新の勝敗表によると、

原宿カサブランカは3部リーグ赤16チーム中15位・・・

将棋ペンクラブチームは4部リーグ16チーム中16位。

将棋ペンクラブチームは事前の想定通りの進行となっている。

王位戦第6局対局場「陣屋」

王位戦第6局は神奈川県秦野市の「陣屋」で行われる。→中継

「陣屋」は鶴巻温泉にある将棋界でも有名な名門旅館で、鎌倉時代は侍所別当であった和田義盛の陣地だった。

鶴巻温泉は東京近郊にあり交通至便。

金曜日の夕方18:00に新宿を出発して、旅館に19:15頃到着して、一風呂浴びて20:00から宴会という手筋が可能な温泉郷だ。

(情報番組での陣屋の紹介)


YouTube: 神奈川県 鶴巻温泉 旅館 元湯陣屋

[昼食予想]

名物の陣屋特製カレーライス(ビーフとチキンの2種類)が一日目か二日目に出されるので、一日分のみの予想となる。

2010年の王将戦での陣屋の昼食メニューは以下の通りだった。

天麩羅そば(温)

天麩羅うどん(温)

天ざるそば(冷)

天ざるうどん(冷)

天麩羅重

かつ重

両対局者の陣屋での昼食実績は、

広瀬王位は、2010年の王位戦第6局二日目昼食が天ざるそば、

羽生二冠は、2010年の王将戦で親子丼、2010年の王座戦で天ざるうどんだった。 

これらのことから、次のように予想してみたい。

広瀬章人王位

一日目 かつ重

二日目 陣屋特製カレーライス

羽生善治二冠

一日目 天ざるうどん

二日目 陣屋特製カレーライス

森下卓八段(当時)の金言

今日は社会人団体リーグ戦。

実戦感覚を戻すために将棋倶楽部24で5局ほど対局したが、勝つ時は相手の時間切れで、負ける時はトン死。良くないパターンだ。

今日は自戒の意味も込めて。

近代将棋1996年1月号、故・池崎和記さんの「福島村日記」より。

 早朝、森下八段から電話。コーヒーの誘いである。前日は順位戦の対局というのに、例によって元気。

 私は午後から所用で東京に行くことになっていた。喫茶店でそう言うと「私もきょう帰りますから一緒にどうですか」と森下さん。それまで時間はたっぷりあるので、京都でうどんを食べようということになった。祇園に森下さんのお気に入りの店があるのだ。

 そういえば森下さんとは三週間前にも京都でデート(?)して、そのときは喫茶店で二軒ハシゴした。

 それにしても彼はなぜ京都が好きなんだろう。「ひょっとして、いい人がいるのでは」とたずねると「いえいえ、それはありません」。「この間、居酒屋の主人から面白い話を聞きましてね」と、うどんを食べながら森下さんがいう。

 世の中に”なぜ、まずい店があるか”という話で、居酒屋の主人は三つ理由を挙げたという。答えは、①やる気がない、②当人がうまいと思っている、③味見がいいかげんである。

 ちなみに③は部分的な味見のことを指すらしく、三、四日に一回くらいは全部食べないとダメなんだそうだ。

 なかなか説得力のある話である。言い換えれば①情熱の欠如、②は錯覚、③は準備不足(あるいは手抜き)、ということになろう。

 私が「なるほどねェ」と言うと、森下さんは「将棋も一緒ですよね」。どうやら彼は、これを言いたかったらしい。

—–

今日の私の秘策は、昼食でミニかきあげ丼セットを注文することと、4局目の前にペプシエナジーコーラ(ローヤルゼリー入り)を飲むこと。

先月はこの取り合わせで3勝1敗の成績をあげることができたのだ。

(しかし、これでは森下九段の金言が何も活かされていない)