中村修七段(当時)「つらいス」

将棋マガジン1990年12月号、先崎学五段(当時)の第21回新人王戦決勝三番勝負第1局観戦記(森下卓六段-大野八一雄五段)観戦記「それぞれの新人王戦」より。

3:00―新宿2丁目。そば屋(注6)。

先崎 大野さん、ここのそば美味いですねえ。

大野 うん、つるつるつる。美味いねつるつるつる。修ちゃんつる。やっぱり振り飛車はつるつる。駄目かねえつるつるつる。ああ美味かった。お姉さんそば湯一杯。

中村 つらいス(注7)。

大野 やっぱり矢倉かねえゴクゴクゴク。このそば湯いい味だねえゴクゴクゴク。

中村 つらいス。

先崎 向こうは震えるから、夜中の秒読みにすれば勝てますよ。

中村 つらいス。

先崎 中村さんさっきからつらいすしか言いませんねえ。

中村 つらいス。

大野 つらいすばかりじゃなくてなんか言ってよ。その通りにするからさ。

中村 右玉なんかいいんじゃないすか。つらいス。

大野 そっかあ、右玉っていう手があったじゃない。

先崎 そうですよ。今絶好調の石田先生の得意戦法ですよ。たしかNHK杯で、石田-森内戦があって右玉で石田先生が勝ってますよ。

大野 右玉~~右玉~~(踊りだす)(注8)

中村 つらいス。

 かくして後手番における大野の戦法は決定した。

     

注6:そば芳。中原名人や羽生竜王もたまに行くといわれる伝説のそば屋。

注7:中村さんの口癖。本当につらいとは限らない。

注8:大野さんはダンスがうまい。

つづく

—–

中村修七段(当時)の「つらいス」。

将棋世界1990年5月号、鈴木輝彦七段(当時)の「上達への処方箋」より。

 中村修七段の口癖は「辛いです」で、会うと最初に言う。親しい大野五段の説では、この一言で、「こんにちは」「いい天気ですね」「「きのうは飲みすぎた」他5種類くらいを使い分けているそうだ。仲間は微妙な違いで理解するという。

森信雄七段の口癖は「冴えんなあ」だが、「冴えんなあ」も一言でいろいろな使い分けがされているという。

奥の深い世界だ。

—–

新宿二丁目の「そば芳」は、現在は存在しない。

タイトルとURLをコピーしました