月下の棋士・・・

将棋世界1993年11月号、神吉宏充五段(当時)の「対局室25時(大阪)」より。

 ところでこの棋士室には、対局中の棋士が相手の手番になると、ふらりと現れることがある。

 その間に相手が指すと、記録係が呼びに来る。

 「◯◯先生、指されました。◯◯金です」という具合に。

 この日も私と対局中の有森六段が棋士室にいた。当然私が指すと、記録の矢倉三段が有森六段を呼びに行く。

 「有森先生、指されました。同歩です」

 「同歩ぅー?」

 有森は首を傾げながら対局室に戻ってきた。しばらくして「だだだ」と笑い出す。

 「どないしたん?」

 「いや、さっき矢倉君が呼びに来てな、同歩っていいよんねん」

 「同歩って・・・そんな手どこにもないで」

 「そやからおかしいと局面見てたら、ワシが次に指す手のことやってん」

 「なんやて!や、矢倉君。キミは月下の棋士か」

—–

月下の棋士の意味は次の通り。

将棋世界1993年10月号、神吉宏充五段(当時)の「対局室25時(大阪)」より。

 ますます面白くなってきた「月下の棋士」、今度はA級順位戦で「大原巌」対「刈田升三」の記録係をかって出た氷室将介、何と!対局が始まるや否やカリカリと昼までの棋譜を書き上げた。

 「あんたらの昼までの指し手を作っておいてやったぜ」

 そう言って部屋を飛び出した将介、再び夕方に戻ってきて、投了までの棋譜を作り上げ「これが俺の実力だ!」

 まあ何というか、この発想は浮かばんかった。

(以下略)

—–

矢倉規広六段の奨励会時代の逸話は面白いものばかり。

「ヤグちゃん登場」

勝つまで止めない、勝っても止めない

もっと探してみたいと思う。

—–

有森浩三六段(当時)の「だだだ」という笑い声。

どう笑えば「だだだ」になるのだろう。

絶対に一度聞いてみたい。

タイトルとURLをコピーしました