2013-04-02

棋士のエピソード

久保利明四段(当時)の徹夜麻雀

将棋世界1993年9月号、鈴木輝彦七段(当時)の「対局室25時」より。  ところで、▲6八金引の長考中に桐谷さんが顔を見せたので、三日前の快挙を素直に申し上げた。  「大型新人の久保君に勝ったんですね」と言うと「そうなんだ。三段リー...
タイトルとURLをコピーしました