2013-04-26

インタビュー・対談

筋を通し切った棋士(中編)

将棋世界1996年6月号、鈴木輝彦七段(当時)の「棋士それぞれの地平 高島弘光八段 筋を通して生きる」より。 棋士生活34年 鈴木 棋士になってからは順調でしたか。 高島 20歳で四段になって、直ぐに結婚したんや。C2も1期で...
タイトルとURLをコピーしました