2013-04-12

読む

関西流大盤解説会

将棋マガジン1996年5月号、鹿野圭生女流初段(当時)の「タマの目」より。大盤解説会Ⅰ  ふらっと、連盟の大盤解説会をのぞいてみた。浦野新七段が一人で解説している。ふと、言葉がとぎれた時に、「なにか質問はありませんか?」と言うと、パラパラと...
タイトルとURLをコピーしました