2014-04

読む

森信雄六段(当時)と村山聖七段(当時)による指導対局

将棋世界1994年10月号、森信雄六段(当時)の「第2次全国棋士派遣プロジェクト 滋賀」より。  8月21日、大阪駅の米長前名人出題の詰将棋の大盤のところで待ち合わせて、村山聖七段と大津に向かう。何だか弟子のカバン持ちのようで妙な気分だが...
棋士のエピソード

棋士たちの坊主頭

近代将棋2006年12月号、遊駒スカ太郎さんの「関東オモシロ日記」より。  将棋界は坊主になる率の高い世界だと思う。  過去の例を挙げるとキリがなくなるのだが、剃髪の名人戦として知られる森けい二九段を筆頭に、先崎学八段、中田功七段、...
講座

羽生善治三冠を動かした長岡裕也五段の連載講座

一昨日の深夜のテレビ朝日系トーク番組『夏目と右腕』で「棋士・羽生善治の右腕×棋士・長岡裕也」が放送された。 『夏目と右腕』は、”各界のリーダーを支える右腕”と夏目三久さんが対談を行い、成功の陰に隠された裏話や普段の日常生活を紐解くこと...
読む

井上慶太六段(当時)のボヤキと嘆き

将棋世界1994年9月号、神吉宏充五段(当時)の「対局室25時 in 関西将棋会館」より。  さて、神戸組のお膝元でも今年は将棋祭りが行われた。内藤九段は講演や斎田晴子女流王将との平手戦、谷川王将は40面指し等、仲々ボリュームのある内容。こ...
講座

窪田義行四段(当時)の個性溢れる講座「相振り飛車-居振のはざまで」

将棋世界1994年7月号、窪田義行四段(当時)の16ページ講座「相振り飛車-居振のはざまで」より。  皆様は日頃「相振り」についてどうお考えですか?「振り飛車党だから当然やってるよ」なんて方もいれば「居飛車党だけど結構好きだな」「振り飛車...
タイトルとURLをコピーしました