森内俊之竜王名人の最近のタイトル戦での昼食傾向を分析する

森内俊之竜王名人の最近のタイトル戦での昼食傾向を分析してみたい。

森内竜王名人の2013年度のタイトル戦での昼食実績は次の通り。

将棋棋士の食事とおやつのデータより。一日目、二日目の順)

2013年名人戦

第1局 天丼、カレーライス ◯

第2局 天丼、ビーフカレー ◯

第3局 磯丼 ステーキカレー ●

第4局 豊後牛しゃぶしゃぶ膳、松花堂弁当 ◯

第5局 大エビフライカレー、大エビフライカレー ◯

2013年竜王戦

第1局 和牛すき焼き、カツカレー ◯

第2局 ステーキ丼、カツカレー ◯

第3局 天丼、カレーライス ●

第4局 讃岐うどん、カツカレー ◯

第5局 うな重、ビーフカレー ◯

森内竜王名人の2013年度タイトル戦での8勝2敗という成績は驚異的であり、また、カレーライス系は10局中9局で登場している。

「二日目にカレー」という森内定跡は、2012年の名人戦第5局から本格的に確立されている。(第5局、第6局の二日目にビーフカレーを連採し連勝・名人位防衛を決めている。それ以前は一日目にカレーという展開も存在する)

森内竜王名人は自著「覆す力」の中で、2013年竜王戦において、二日目の昼食はすべてカレーを選ぶことに決めていたと書いている。

理由は、カレーが好きなこと、カレーはどこで食べても美味しいこと、緊張感の高まる二日目にメニューのことであれこれ悩みたくないこと、など。

この戦略は、今期の名人戦でも継続されると見て良いだろう。

カレーについては、

カツカレー>その他のフライが乗っているカレー>ビーフカレー>カレーライス>それ以外のカレー

の注文優先度で二日目に注文されると考えたい。

森内竜王名人の一日目の昼食の分析もしてみたい。

一日目の昼食である、天丼(3回)、磯丼、ステーキ丼、うな重、豊後牛しゃぶしゃぶ、和牛すき焼き、讃岐うどん。

傾向的には、

天丼・・・3回

重めの丼・・・2回(ステーキ丼、うな重)

牛肉料理・・・2回(しゃぶしゃぶ、すき焼き)

地元の名物・・・2回(磯丼、讃岐うどん)

天丼を重めの丼に含めると「重めの丼」が5回となり、この分野が森内竜王名人の一日目昼食の主戦場となりそうだ。

ただし、しゃぶしゃぶ、すき焼きへの積極的な踏み込みも見られ、これらの牛肉料理メニューがある場合は、「重めの丼」がメニューにあったとしても、牛肉料理が優先されることも予想される。

そのように考えると、一日目の昼食については、

牛肉料理>天丼>重めの丼>地元名物

の注文優先度で一日目に注文されると考えたい。

今期名人戦の大きな見どころの一つは、森内竜王名人の”カツカレー不敗定跡”を羽生善治三冠が打ち破ることができるかどうか。

森内竜王名人のカツカレー採用回数とともに、見逃すことのできない展開となりそうだ。

     

覆す力 (小学館新書)覆す力 (小学館新書)
価格:¥ 778(税込)
発売日:2014-02-03

コメントを残す