2015-07-28

読む

非業の天才棋士

将棋世界1983年1月号、金子金五郎九段の「将棋を考える」より。  われわれプロは感覚という言葉を使う。たとえば、同じ棋力の同士の対局がすんだ後、感想戦に移ったとき「この手は自分の感覚とちがっていた」などという。大局的な意味であるが、その...
タイトルとURLをコピーしました