谷川浩司名人(当時)「感覚を破壊された」

将棋世界1984年10月号、谷川浩司名人(当時)の連載自戦記〔第23期十段戦リーグ 対福崎文吾七段〕「感覚を破壊された」より。

対局前日

 甲子園球場へ。阪神-巨人戦を観に行く。読売テレビのゲストとして、村山実さんとお喋りをさせてもらった。

 だが、試合の方は2-5で負け。将棋マガジンで対談をして、大ファンになってしまった掛布選手が、7・9回のチャンスに、角投手に何れも三振をいうブレーキ。

 それでなくても暑い夜。4時間試合の末の惜敗に、不快指数がまた上がってしまった。

当日朝

 電車の中の1時間は、いつもの居眠りタイムだったが、連盟に着いて、事務所で「大事な一番ですね」などと言われるうちに、気合いが乗ってきた。

 3勝1敗同士。十段リーグは10局指しなので、まだ折り返し地点だが、一応第1位決定戦である。

 2週間ぶりの対局。仕事もあまり忙しくなく、休養は十分である。

 福崎さんも、初めてのリーグ入り、トップ棋士との対戦も多くなり、将棋が変わったかと楽しみな一番であった。

(中略)

 玉を囲って、ホッとした途端、▲1八香!

谷川福崎1

2図以下の指し手
△7三銀▲6七銀△7五歩(3図)

挑発

 それにしても、ここで▲1八香と上がるとはどういう神経をしているのだろう。一旦は▲6七銀とするところである。

 2図までの消費は58分。気合いも十分で、全ての変化を読み切る意気込みだった。

 が、この挑発のような▲1八香に、理性を失ってしまう。理屈ではない。意地でも△7三銀である。

 そして、昼休を挟んで53分。自信を持って△7五歩と仕掛けた。

 △7五歩に▲同歩なら、△8四銀▲7八飛△7五銀▲6八角△7四歩から、△6四歩を狙う。とにかく、取ってくれれば何とかなる、と思っていた。

谷川福崎2

3図以下の指し手
▲6八金△7六歩▲同銀△8六歩▲同歩△7四銀(4図)

成功か

 速攻に不意を衝かれたようだったが、福崎さん、▲6八金は独特の受けだった。

 これで、△7六歩▲同銀△8四銀は、▲6五歩△同角成▲同金で潰れない。

 この辺りは、流石に指し慣れている感じである。穴熊に組むまでは、少々形が悪くても我慢するのである。

 こちらとしては、何とか銀を7四に進めたい。が、すぐに△7四銀は、▲7五歩△同銀▲7六歩で追い返されてしまう。

 △7六歩▲同銀△8六歩▲同歩△7四銀が自慢の手順。一歩損の代償を、好形に求めた。

 もちろん、▲7五歩なら△同銀▲同銀△7六歩である。

谷川福崎3

4図以下の指し手
▲1九玉△7二飛▲6七金△7五歩▲8七銀△3三角▲2八銀△2二玉▲3九金△3二銀▲3六歩△4四歩(5図)

一段落

▲7五歩と打てない、となれば、無視して▲1九玉。これでは△7五銀とは出にくい。

 ここで△7二飛は、△7五銀を見せて、▲6七金△7五歩▲8七銀を強要。ここまで金銀をソッポに向ければ作戦成功、と見たものである。

 ただ、一段落すると穴熊に組まれてしまうので、固さ負けしないよう、こちらも左美濃に組んだ。

谷川福崎4

5図以下の指し手
▲5七金△4三金▲4六金△7六歩▲同銀△7五銀▲6七銀△7六銀▲同銀△同飛(6図)

損な交換

 ▲5七金~▲4六金。筋悪ではあるが、実戦的な指し方である。福崎さんの穴熊は、3枚ついているよりも、2枚で、飛が3八に居る形が多い。とにかく、戦いになればこっちのもの、と見ているようだ。

 この手に、意識過剰になってしまった。△2四歩▲5八飛△5二飛とじっくり指して、穴熊の弱点である1・2筋を伸ばせる展開にすべきだった。

 △7六歩▲同銀△7五銀は、狙い筋ではあったが、これでは△7五歩▲8七銀と押さえ込んだ手が生きてこない。そして、歩切れが痛いのである。

谷川福崎5

6図以下の指し手
▲3五歩△同歩▲3八飛△4五銀▲3五金△3四歩▲4五金△同歩(7図)

3筋の戦い

 ▲3五歩△同歩▲3八飛は当然の展開である。▲6七銀などは気合いが悪く、△7七飛成▲同桂△7九角と勝負しても大変である。

 こちらの方も、3筋を死守せねばならない。▲3五金~▲3四歩と押さえられては必敗である。よって△4五銀。

 こうして金銀を交換して、狙いは△6七金である。この金が間に合って駒得できれば、絶対に勝てる。

谷川福崎6

7図以下の指し手
▲2五銀△4四金打▲6五歩(8図)

辛抱

 ▲2五銀。全くうるさくやってくるものである。もっとも、攻めるとすれば、これしかないが―。

 34分、長考した。気分としては△6七金▲3四銀△同金▲同飛△7七金▲4四銀△同角▲同飛△4三銀打と攻め合いたかったが、飛と金があまりにも重すぎる。ここはやはり辛抱であろう。

 ここで、しつこく▲2六銀かとも思ったが、福崎さんは▲6五歩と強気である。

谷川福崎7

8図以下の指し手
△7三桂▲4四角△同角▲3四銀△同金▲同飛△9九角成▲7七歩△8六飛(9図)

予定だが

 夕休直後の8図。

 最初は、△5六飛のつもりだった。以下、▲5三歩△同金▲3四銀△同金▲同飛△7七角成▲同桂△3三歩▲3八飛△4四角(D図)の変化が一例。が、これとて良しとは言えない。まだまだ、苦労が続きそうである。

谷川福崎11

 考えているうちに、頑張る気が薄れてきた。「角を切られても大したことないよ」

 本譜の順は、△7三桂からの予定で、これで寄りなし、とみていた。

 判っていれば、▲3四飛に△4三銀打と頑張る手も知っていたのだが―。

谷川福崎8

9図以下の指し手
▲3二飛成△同金▲3三歩△同玉▲3五銀(10図)

異常感覚か

 ここは長考される、と思い、席を立った。が、手洗いからもどってみると、局面が動いているようである。

 が、一瞬何が起こったのか、判らなかった。

 ▲3二飛成!こういう手を、どうして思い付くのだろう。福崎さんにしてみれば、次に△3三香と打たれると困るから、当然の一手かもしれないが―。

 ▲3二飛成に△同玉は、▲4四銀△4三銀▲3三歩△同桂▲2一銀ぐらいで寄り筋。

 △同金に▲3三歩。ここに歩が利くのが痛かった。△同桂は▲4一銀、△同金は▲3四歩―。

 △3三同玉に▲3五銀。いわゆる、待ち駒である。先手玉は、絶対に詰めろがかからない。

谷川福崎9

10図以下の指し手
△3八歩▲4四金△4二玉▲5三金打△3一玉▲3三歩△同桂▲同金△同金▲4二銀 (投了図)

まで、85手で福崎七段の勝ち

福崎ショック

 ▲3三歩と打たれて、全てを悟った。

 自玉に受けがないことを。

 10図。△5三銀は、▲3四金△4二玉▲3三歩△同桂▲4四銀△同銀▲同金△5三銀▲5一銀で一手一手となる。

 この形は、△7三桂の一手が全く利いていない。嫌気がさしてしまった。が、本譜は少し粘りが足りなかったようだが―。

 投了図以下は、△3二玉は▲3四歩、△2二玉は▲3四桂、簡単である。

谷川福崎10

 福崎将棋は全く変わっていなかった。というより、前にも増して、「怪しく」なっていた。

 終局後、気を静めるために、仲間と飲みに行った。彼が、呆れたように言った。

「まるで、狂犬病だ」

 棋聖戦での米長ショックに続いて、今度は福崎ショック。全く、将棋がおかしくなってしまいそうである。

——–

非常に有名な一局の自戦記。

現役プロ棋士データブック2016 【下】た~わ行(将棋世界2016年2月号別冊付録)の福崎文吾九段の項では、

84年の十段リーグ、対谷川浩司戦で指した▲3二飛成という一着が話題となった。穴熊の堅さを頼みに大駒を叩き切る猛攻だが、当時名人の谷川は「感覚を破壊された」と本誌の自戦記に書いている。現代将棋では当然の一着とされているが、時代を先取りした福崎の感覚に皆が感心した。

と書かれている。

——–

▲3二飛成が現代将棋では当然の一着と言われても、私には一生思いつかない手だと思う。

そういう意味では、3月6日に行われた棋王戦第3局、渡辺明棋王-佐藤天彦八段戦(渡辺棋王の勝ち)。A図から渡辺明棋王は△5二歩と指しているが、ここに至るまでも銀損をしたりしている。代償にと金を作る方針であることはわかるものの、振り飛車穴熊-居飛穴ではない居飛車戦、ではなく、相穴熊戦でのこのような指し方に、私は本当にビックリした。

現代将棋の最先端の感覚と言って良いのだろう。

厳密にはA図では渡辺棋王が有利ではない局面だったようだが、とにかくいろいろなことに感心させられた日だった。

谷川福崎12

 

「谷川浩司名人(当時)「感覚を破壊された」」への4件のフィードバック

  1. へぇ~! この将棋、序盤は急戦だったんですね。
    飛車切りの手よりもビックリ。

    1. 福崎七段(当時)独自の指し回しが急戦を誘った形ですね。妖しくてとてもいいです。

  2. 一歩と引き換えに隠居させた銀を、さらにもう一歩渡して捌かせるなんて。

    1. たしかに勿体無い感じがしますね。相手の駒を無力化させることよりも自分の駒の働きを重視したのでしょうね。

コメントを残す