いにしえの将棋界三奇人

将棋世界1981年1月号、能智映さんの「棋士の楽しみ―(酒)」より。

 ありきたりの表現だが、将棋指したちは”勝っては呑み、また負けては呑む”のである。

 いつか、ある棋士に自省も含めて「あんまり呑むと、肝臓がやられちゃうんだってね。お互いに、ほどほどにしなくちゃあ」と生意気な忠告をしたら、その男、グイッとグラスをあおって、興ざめ顔でこういったものだ。

「ばか、肝臓がぶっこわれるのが怖くて酒が呑めるか。もし肝臓じゃないところがやられて死にそうになり、その時”もっと呑んどけば―”と悔やんだりしたら損じゃないか」

 その心意気、まさに「米汁呑了居士」の名を与えてよいかも知れない。

「しかし、もともと将棋界には酒豪はいないよ」というのは加藤治郎名誉九段。

「塚田(故正夫名誉十段)だって、升田(幸三九段)だって、よく呑んだけど、酒豪というほどの酒じゃないよ。ただ、昔の将棋指しは無茶をして面白かったとはいえるけどね」

 ひと昔前、将棋界には”三奇人”というのがいたという。今ナンバー1の芹沢博文八段でさえ「あの三人はすごかった。呑む量はたいしたことがないにしても、奇抜さという点ではケタはずれだった」と脱帽するのである。

 20年ほど前早逝した金高清吉七段。

「これはすごかった。バスで隣に乗り合わせても、まったく気付かぬほど酔っていたものね」と加藤名誉九段は苦笑する。

 ともかく、付き合いのいい人だったらしい。―先年亡くなった故・梶一郎八段が酔って道路に寝ていると、「先輩、先輩!」と一応は起こしながら、「先輩が寝ているのに、おれが起きてちゃ悪いからな」と、その横で大イビキをかいていたというのだ。

 一昨年に亡くなった清野静男八段は「面倒見のいい人だった」と芹沢八段は回想する。

―金が入ると、若い者(今の中堅)を連れて、よく上野あたりのキャバレーを呑み歩いていたという。呑みすぎてスッカンピンになり、新潟の自宅へ帰れなくなった、というちょっぴりあわれな話が今も残っている。

”三奇人”の中でただ一人健在の間宮純一(久夢斉=退会)六段は、自由人であった。

―彼が持つ「玉」は三段目から四段目と常に上へ上へと目指した。「玉が安全なのは敵陣である」というのが持論だ。

 いわゆる理論家なのか、当時流行のエジソン・バンドを額にしめて対局にのぞんでいた。エジソン・バンドとは、額の部分にブリキカンがあり、その中へ水を入れて冷やす、というごく原始的な健康器械である。だが、この間宮氏、これをただ平凡には使わなかった。冷水のかわりに酒を入れ、将棋が中盤になったころ、「失礼!」といって、人肌にあったまった酒をグイッと呑み干し、「さあさあ」とまた盤に向かったというから相当なサムライだ。

「これらはまだおとなしい関東の話。大阪じゃあ、もっとすごい話があるはずだよ」と芹沢八段。

 故・松浦卓造八段が巨体にものをいわせて、五寸もの碁盤を片手で持ち上げて「さあ、くるなら、こい!」とやった話は有名だし、本間爽悦八段が怒りに燃えて、ステッキを振り上げたという武勇伝も聞かぬではない。

「升田九段以下、松浦、本間両八段、野村慶虎七段……と話題に事欠かない先輩たちがそろっていたからね」と東京の棋士たちは大阪の往時をしのぶ。

——–

「先輩が起きているのに、おれが寝てちゃ悪いからな」というならよくあることだが、「先輩が寝ているのに、おれが起きてちゃ悪いからな」はなかなか斬新な考え方だ。

——–

昔のキャバレーは、現代に即して言えば、生バンドが入って演奏するステージ、プロのダンサーによるショー、客とホステスが踊れるダンスホールがあるキャバクラ、といった形態。

当時の姿をそのまま残しているのが、1931年創業の銀座の老舗キャバレー「白いばら」。

私も何度か行ったことがあるが、昭和30年代の小林旭主演の日活無国籍映画のエキストラになったような気分になれるのも嬉しい。

銀座「白いばら」公式ホームページ

——–

頭寒足熱の原則に則ったエジソン・バンド。

頭が重くて気になって仕方がなかったのではないかと思うのだが、それにも増すメリットがあったということだろう。

現代の冷えピタでは、間宮純一六段のニーズを満たすことはできない。

——–

清野静男八段→稀代のプレイボーイ棋士

間宮純一六段→入玉の鬼、間宮久夢斎六段

松浦卓造八段→豪傑列伝(1)

 

 

昔の棋士の前職

藤沢桓夫さんの『将棋百話』(1974年)より。

 約80名を数える現役棋士のほとんどは、小学校を卒業する前後に、先輩棋士のだれかの弟子となり、将棋連盟の「少年棋士養成所」ともいうべき「奨励会」に参加し、ここで技を磨いて昇段の道を進んだ人たちばかりと言ってよい。なかには、早大卒の木村義徳七段や、A級の関根茂八段のように、はじめ東京都の農林関係の公務員で、かたわら「奨励会」にも参加していたのが、将棋が強くなりすぎて、プロになってしまった棋士もいるが、こういう変り種は他に見当らなくなった。

 ところが、明治・大正から昭和にかけて活躍した棋士たち、その殆どは故人となっているが、彼らには前職を持っていた者、中年からプロ入りした者が多い。関西だけ振り返ってみても、阪田三吉名人・王将は若いころ堺の魚屋その他奉公先きを転々、苦労しているし、村上真一八段は海員だったし、神田辰之助九段は尼崎の八百屋で、郵便配達をしていたこともあり、上田三三七段は天満で人力車の帳場(後に運送業)を営んでいたし、内藤國雄九段の師匠の藤内金吾八段は島之内のメリヤス屋の大将だった。彼らは将棋が三度の飯よりも好きで、そして強すぎたため、いつか本職を捨て、家人の反対を押し切ってプロになった。

 当時は棋士という名称もなく、収入の少ない彼らは「将棋指し」と呼ばれ、「将棋指しは親の死に目にも会えぬ」という格言があったくらいで、世人は「将棋指し」を極道商売のあぶれ者視していたといっても過言ではなく、現在の「奨励会」の少年たちが両親の了解を条件にプロを志しているのと比べると、隔世の感がある。

 棋士の社会的地位が向上安定し、それが立派に職業として認められるようになったのは、大新聞がそれぞれに将棋欄を常設し、大掛りなタイトル戦を行うようになった、その結果と断じてよいだろう。

——–

よくよく考えてみると、新聞・雑誌・テレビ・ラジオのマスコミ4媒体のうち、明治時代に存在したのは新聞のみ。

新聞に載ることが現在よりもはるかに大きな意味を持っていた時代だ。

棋士の棋譜が新聞に掲載されるようになったことが、棋士という職業にとっての歴史的なブレークスルーであったことがわかる。

 

 

将棋関連書籍amazonベストセラーTOP30(2016年7月30日)

amazonでの将棋関連書籍ベストセラーTOP30。

 

 

「報道陣がいなくなってガランとした控え室では弟弟子が顔をクシャクシャにして泣き笑いの表情を見せていた」」

将棋世界1979年12月号、能智映さん(三社連合記者)の「米長ついに王位を握る ―王位戦七番勝負をふり返って―」より。

 この王位戦に闘志をたぎらせていた米長邦雄棋王が、10月13日深夜、ついに王位を獲得した。45年の七段時代、11期王位戦で当時の大山康晴王位に挑戦してから4度目、とうとう宿願をはたし、棋王に加えて二冠王となった。しかも中原誠名人には8度目の挑戦でようやく一矢をむくいたのだ。

 くわしい事を書く前に、米長新王位誕生の翌日、14日の北海道新聞の大はしゃぎの見出しをご披露しよう。

 まず一面、顔写真入りの四段見出しだ。

「新王位に米長棋王」「”中原四冠”の一角を崩す」、さらに談話の見出しとして、米長「辛抱していてよかった」、中原「力いっぱい指し満足」と続いている。

 そして〔関連記事23面〕となるのだが、この社会面も華やかだ。

「笑顔も”さわやか流”」という三段の大きな写真がつき、見出しは七段だ。「意地の”矢倉”花開く―米長王位誕生」「四度目の挑戦で宿願」、さらにサイドに四段組みで「八局目での決着」、そして下の方には米長の師・佐瀬勇次八段の談話の見出しとして「逆転とは驚いた」とある。

 まさに、山盛りいっぱい。「これでもか!」という感じだが、まだある。翌日の朝刊の「クローズアップ」の欄には、また米長がにこやかな笑顔を見せて「新王位となった米長邦雄」という人物紹介だ。

 全部で何行になるのか、多すぎて数える気にもならないが、とにかく社会面のほぼ半分を埋めつくしているから二百行に近い数字だろう。その中で、ちょっと面白い状況描写があるので紹介しておこう。ただし、この部分は私の筆ではなく、東京新聞のIデスクじきじきのものだ。

「投了後の対局室、米長は、つめかけた報道陣のフラッシュの中で、淡々とした表情で、中原とこの一局を検討する盤面に向かった。報道陣がいなくなってガランとした控え室では弟弟子が顔をクシャクシャにして泣き笑いの表情を見せていた」

 たしかに控え室に、そんな顔の男がチンと座っていた。沼春雄四段だ。実情はこうだ。外で一杯やっていたのだが、気になるので対局場の「虎の門福田家」までやってきた。そして兄弟子の勝利を見る。しかし、少々匂う(アルコールが)ので対局室には入れない。

―うれしいのだが、一人ぽっちで寂しくもあったのである。

(以下略)

——–

「報道陣がいなくなってガランとした控え室では弟弟子が顔をクシャクシャにして泣き笑いの表情を見せていた」

の文章を朝刊で読んで、 健気な弟弟子の姿に涙が込み上げてくる方も多かったに違いない。

ところが、実際には、能智さんが書いているような事情があった。

対局場の「福田家」は、数々の名勝負が行われた東京・紀尾井町にあった割烹旅館(1995年から料亭となっている)。

沼春雄四段(当時)は、千駄ヶ谷あるいは新宿で飲んでいるうちに対局の様子が気になり、福田家へ向かったのだろう。

顔をクシャクシャにして泣き笑いの表情を見せていたのは、酔っ払いながら感激していたからそのような表情になった可能性も高く、それはそれで非常にいい話なのだが、記事から受ける印象とのギャップがとても面白い。

——–

沼春雄七段は、佐瀬勇次名誉九段が亡くなって以来、奨励会時代の木村一基八段の実質上の師匠となっていた。

木村八段が王位を獲得したら、この時と同じような表情の沼七段を見ることができるかもしれない。

そうなれば、かなり感動的だと思う。

木村一基四段(当時)「あの恥ずかしく悔しい思いは、今も忘れることができない」

 

 

 

今の時代では信じられない王位戦の風景

将棋世界1979年9月号、能智映さん(三社連合記者)の「王位戦はじまる」より。

 前年に引き続いて、中原誠王位が金沢で第1局をものにした。挑戦者は前期の大山康晴十五世名人に代わって米長邦雄棋王。手の解説は別にあるのでさけるが、7月17、18日の第20期王位戦七番勝負第1局は、中原の完勝譜であった。

 まず別表の「中原-米長の過去の戦績」を見てほしい。近年、米長が善戦しているが、やはり中原の堅城はいまだ崩し得ない。

 それは、春の名人戦を含めて、過去七度中原に挑戦しながら、一度としてタイトルを奪い取ったことがないことにも現れている。

 八度目の挑戦。米長は過去を忘れて「なにもかも白紙」といい、中原は「気分を新たにして”無心”で戦う」と宣言した。

(中略)

 対局の前日、立会人の加藤治郎名誉九段、芹沢博文八段を含めた一行は羽田空港で落ち合った。ほかに名古屋から大盤解説の板谷進む八段、記録係の中田章道四段がかけつけてくれるはずである。

▲…飛行機のダイヤの1時間前に、三社連合の大坪事務局長と私は羽田に着いたが、もうすでに加藤、芹沢、米長の三氏は顔をそろえている。45分前に中原王位が現れ「早すぎたので食事をしていました」という。用心深い人だ。でも、それでひとまず安心。

△…ちょうど王位戦と日程を合わせるように、金沢では坂東玉三郎の「天守物語」の公演がある。同じ北陸中日新聞の主催だ。「玉三郎、ヒマがあったら将棋を見にくればいいのに」と芹沢八段、「将棋できるのかね」と米長棋王。これに名解答が出た。駄ジャレの名人加藤名誉九段だ。「玉三郎は娼伎はできても、娼妓はできないよ!」

▲…前夜祭は江川昇金沢市長の音頭で乾杯したあと、なごやかに進んだが、潮時を見て芹沢、米長が消える。一方、加藤、中原もつらなって二次会。ともに「最後は250円のラーメンを食ってしめくくった」というのは、いかにも将棋指しらしくていい。

* * *

 対局場は、日本海岸で一番高いビルという「金沢スカイホテル」の15階、孔雀の間である。床の間には京都・天龍寺の牧翁管長が揮毫した「別無工夫」(べつにくふうなし)の掛け軸がかかっている。―これがあとで話題となるので覚えておいていただきたい。盤と駒は板谷八段所蔵のもので、「盤駒合わせて350万円はする」と米長が値踏みする。振り駒で中原の先番、名人戦に続いて相矢倉である。

△…対局が始まってから1時間、午前10時には早くも32手が指されている。昼食時には41手。「もう封じ手にして遊びに出ようや」と芹沢八段がふざけるほど早い進行だ。

▲…昼食後再開、さっきまで羽織はかま姿だった米長が、ポロシャツ姿で登場する。「昼の食事が遅れたので―」と、すぐに着替えに部屋へ帰ったが、いつもながらハラハラさせる米長だ。

△…午後の進行は遅い。「もう、戦わずして封じ手か」と話していたら、5時過ぎに中原が4五歩と仕掛ける。「思い切って行った」と局後に中原、控え室の板谷八段は「中原は決然としているね」としきりに感心。

▲…指し掛ければ、あとはなごやか。まず芹沢八段が「おなかが痛い」とかいって宴席を抜け出せば、米長もすぐあとを追う。加藤名誉九段、板谷八段は「歌謡コンクールをやってくる」と席を立つ。残った中原、マージャンのメンバーもなく、記者たちとテレビの野球の観戦。「中原の静」「米長の動」はっきりとしている。

* * *

 東に近く卯辰山、西に遠く白山が見渡せる。室内は冷房が効いているが、むし暑そうな曇り日だ。中原がスズメ刺しに出たのに対し、米長は勢いよく9筋に歩を連打する。局後に米長が「どこかで短気をおこしてしまった」と語っているのは、このあたりか。

△…11時過ぎ、突如女性の観戦者が現れる。案内してきた板谷八段「米長さんの知り合いの方です」、ところが米長「いや、芹沢さんの知っている人でしょ!」。中原は例によって「フッフフ」と笑っている。

▲…いま一人、女性が控え室の芹沢八段をたずねてきた。「富山の友人」という。「石田八段と結婚したらいいと思うが」というが、それは二人のお好み次第。昼食時に和食堂の「京たる」に行くと、あの百戦錬磨の芹沢八段が、二人の女性を相手に大汗をかいている。これを見て加藤名誉九段、なぐさめ顔に「能智さん、もてんほうがいい」。

* * *

 サービス精神旺盛な米長は、大事な局面でも観戦者を喜ばせようと気を遣う。長考の最中、ぐっと私をにらんで「能智さんは、戦いがはじまると、楽しそうな顔になるなあ」とひとり愉快そう。しかし、局面は米長苦戦。米長の着物の胸ははだけ、髪はざんばらと額に落ちている。中原が2五歩とした時点で控え室では「中原有利」の声。

△…18階のホール「トップ・オブ・金沢」では、板谷が130人のお客さんを前に名解説。「米長は端を攻めたが、たいしたことなさそうですね」。

▲…3時のオヤツの時間が近づいてきた。中原は「ケーキと紅茶」、黙りこくっている米長に「どうします?」ときくと、「それどころじゃないよ」とつっけんどん。出されたおしぼりにすら手をのばそうとしない。

* * *

 夕食時がきた。両対局者は自室での食事だ。中原は、舌平目のボンファムにサラダ、コンソメを注文して夜戦にそなえるが、米長は「終わったら何か食べられるんでしょ」といってエビ雑炊だけ。

 また控え室の面々はだれも「夕食はパスだね」と。早く終わると読んでいるのだ。話は自然と将棋へと進む。

板谷「ヨネさんらしくなく、珍しくわるい将棋だね」

加藤「中原は用心がいいねえ、盤の左下の自分の陣地ばっかり見ているよ」

板谷「中原側の駒で出動したのは桂と香だけ。逆に米長の桂と香はそっくり残っている形だ」

芹沢「斥候を出したら、大将の首を取ってきた、という感じだね」

 対局室の重苦しい空気とは逆に、控え室は言いたい放題、もう勝負の行方を決めてしまっているのだ。

△…7時再開、米長が何かうたっている。「ヘイ、ヘイ、ホー、与作よ―」ときいた。控え室のもどって、これを伝えると、芹沢八段「あれば、無策よ―、とうたっているんだよ」と冷淡だ。

▲…米長は、人が入ってくるとふざける。時に私の顔をにらんでは、ハナの下をグーンとのばして例のオランウータンの顔だ。しかし、それも束の間、思考に入ると袴の中の足の指が小きざみにふるえているのがわかる。

* * *

 両者、少考が続く。米長の8八香に、中原は「ウン」といって天井の片すみを見やる。局後「一瞬、おかしくしたかと思った」という一手だ。だが、同銀、6九銀のあと、ほとんど時間を使わずに7七金寄、「これで勝ち将棋になった」という手だ。米長は扇子で頭をごしごしかいて最後の長考に入る。

△…中原が手洗いに立った間に、また米長の歌、「泣きたくなっちゃったー」。

▲…113手目、中原が4三角成とする。なんと、これが初めの大駒の成りだ。(中略)9時51分、米長が「負けましたね」と小さく頭をさげる。いつの間にか、控え室に入っていた芹沢八段が、「ひっくり返るかと思ったよ」と大声で語りかける。大差といわれていた将棋だが、米長は、いつの間にか”いま一歩”のところまで追い上げていたのだ。

△…中原の駒で動かなかったのは8七の歩だけ、米長の方は両方の桂だけという大乱戦だった。

▲…感想をきくと米長、じっと掛け軸をにらんで「”別に工夫なし”がいけなかった。アッハッハー」。

* * *

 感想戦のあと、中華料理で打ち上げ。

 中原は浴衣に着替えて、すっかりくつろいでいるが、米長は背広姿でグラスをあける。その心、「さあさあ、夜の街へとび出そう」というわけだ。

 その気持を察した芹沢八段、「さあ、いきましょう」と何人かを誘って席を立つ。行く先は「片町」だ。

 その後、米長がいつ帰ってきたかは知らない。翌朝、目覚めると「米長さんの荷物は空港に運んでおいてください」という言伝てがあった。相変わらず忙しい男だ。

 小松発、11時50分。時間がつまってきて、加藤名誉九段が「ほんとにくるのかねえ」と心配しているところへ、「わり、わり、わり」と米長がとび込んできた。芹沢、板谷の両八段は、「棋士総会に出席する」といって、一番の便で帰ってしまった。

 帰りは両対局者に加藤名誉九段、そして私の小集団。機中、米長はずっと目をとじ続けている。西宮「はり半」での第2局の構想を練っているのか―。

 酷暑の中、この楽しい人たちとの旅はまだまだ続く。

——–

挑戦者が米長邦雄棋王(当時)、立会いの一人が芹沢博文八段(当時)という、超個性豊かな二人の組み合わせにより、昭和のタイトル戦の雰囲気が更に色濃く出ている。

一日目の夜に、対局者(米長棋王)が本格的に夜の街に遊びに出かけていること、二日目に訳ありの女性が控え室に訪ねてくるところ、二日目の午後でも対局室で対局者が会話をしていること、挑戦者がオランウータンの顔真似をしていること、挑戦者が終盤に歌を唄うこと、など、現在では想像もつかないようなことが普通にあった時代だ。

——–

「別無工夫」は、天龍寺を開山した夢窓疎石が書いた仮名法語『夢中問答』に出てくる禅の世界の言葉。

『夢中問答』は、夢窓疎石が足利尊氏の弟、足利直義の質問に答える形の禅問答集で、「別無工夫」は足利直義の「万事の中に工夫をなす人あり、工夫の中に万事をなす人ありと申すは、何とかはれることやらむ(「万事の中で工夫する人と、工夫の中で万事を行う人とはどう違うのですか?」)」の質問に一言で答えたものだという。

禅問答なので、私にとっては質問さえ解釈が難しく、詳しい解説は次のサイトに書かれている。

別無工夫『夢中問答』(實相寺 公式サイト)

——–

大駒や金駒が出動することなく、桂と香と歩だけ優勢となったことを、「斥候を出したら、大将の首を取ってきた、という感じだね」と語る芹沢博文八段の表現が上手い。