将棋の虫

近代将棋2001年8月号、青野照市九段の「実戦!青野塾」より。

 今期A級へは、承知のとおり藤井猛竜王と三浦弘行新八段が昇級した。最近のB級1組は、前期にB級2組から昇級したばかりの若手が連続昇級することがほとんどだが、今回のように二人とも連続昇級というのは滅多にないことである。

 しかも二人は、西村一義九段門の同門で、さらに群馬県出身という同郷。B級1組の最終日の日には、群馬の地元紙が深夜遅くまで対局室に上がる入り口で待っていたが、さぞかし長時間待った甲斐があったろう。

 さてこの二人のうち、藤井は竜王位の3期目となり、かなり棋風や将棋観が知られてきたが、三浦のほうは、羽生の七冠独占を崩し棋聖位を奪取したことでは有名だが、その棋風や人間性などはあまり知られていない。

 それは彼が、ほとんど研究会などには入らず、一人で黙々と研究するタイプだということにもよる。したがって人となりは私など世代も違うからそうわかるわけはないが、将棋を見て、指して感じたことを書いてみようと思う。

「三浦将棋を探る」と言っても、私自身は彼と4局しか指していない。最初に1勝したのみである。

 初めての対局は、平成7年の王将戦だった。彼がまだ五段のときである。

 将棋は私は先番で、角換わりから珍しくも早繰り銀戦法となり、結果的には私の完勝となった。したがって将棋の内容からはあまり記憶に残るものはなかった。

 ところがその対局から2、3週間して将棋会館へ出向くと、3階の事務室で突然彼が私に声をかけてきた。

「この間の将棋、端を受けた手がちょっとおかしかったです」

 挨拶もせずに、いきなりこんな調子である。普通なら、何て失礼な男だと思うところだが、目を見るといたって真剣である。

 その瞬間、この男は本当に”将棋の虫”だなと感じ、逆に好意を覚えたから、我ながら不思議だったなという思いがいつまでも残っていた。

(以下略)

——–

三浦弘行九段にとって今年は、春にA級に1年で復帰して秋には竜王戦挑戦を決めるという快調な流れだったが、10月に入って、考えられないような濡れ衣を着せられることになる。

濡れ衣という言葉は生ぬるい。正確な用語の使い方ではないが、まさしく冤罪。憶測だけでマスコミなどから犯罪者並みの扱いを受けた。

一昨日(12月27日)の三浦弘行九段の会見を見て、本当に悔しかっただろうな、とにかく疑いが晴れて良かった、今までよく我慢してきた、と強く思った。

名誉回復や金銭的損失、機会損失の補償はこれから。

まだまだ大変なことが続くと思うが、一日も早く、三浦弘行九段が以前のように思う存分将棋に打ち込める日が来てほしい。

——–

このブログは集計してみると、三浦弘行九段に関連する記事が羽生世代の棋士に次いで多い。

微力ではあるが、三浦弘行九段がいかに素晴らしい棋士で、いかに魅力的な棋士か、今後も書いていくとともに、過去のブログ記事も活用しながら、このブログに来られた方にお伝えできればと思っている。

 

 

「将棋の虫」への16件のフィードバック

  1. 青野先生・・・
    そんな将棋の虫を、どうして信じてあげられなかったんですか・・・

    1. Taketsugu Kitamuraさん

      ありがとうございます。よろしくお願いいたします。

  2. 青野さんは、三浦さんが休場してくれればいちばん被害が軽くすむと思った、という主旨の説明をしましたが

    果たしてそうだったのでしょうか

    三浦さんの受けた被害は許し難い

    そして連盟、さらには将棋そのものへのファンの信頼とかイメージも、計り知れないダメージを受けていると思います

    元々の対応そのものもそうですが、第三者調査委員会の報告が出た後でも、誠意を尽くしているとは到底言い難い連盟の対応を見ていると、連盟や将棋の信頼へのダメージは現在も継続、拡大中です

    さらに、一部の棋士を除いて、多くの棋士が、同僚に降りかかったこのような異常な重大事態に対し、結論が出た今でさえ、なんのコメントもしない

    まるで何事もなかったかのように将棋の話など書いてる棋士のブログなどを見ると、どういう神経をしてるんだと非常に白けた気持ちになります

    素晴らしい記事をありがとうございます
    これからも頑張ってください

    1. 指さないファンさん

      こちらこそありがとうございます。
      今まで築き上げてきた歴史が短期間で台無しになってしまう恐れもあるほどの非常事態がここ数日の流れかと思います。早く元通りの姿に戻ってほしいものです。

  3. 群馬に住む一将棋ファンです。
    「挑戦者変更」発表以来ずっと悔しい気持ちでおりました。
    第三者委員会の調査が出るまでは・・・と思っていましたが、今はとても残念な思いでいっぱいです。
    将棋指しが将棋を指せない辛さは、誰よりも棋士の方々が一番よくわかっているでしょうに・・・。
    本当に残念でなりません。

    1. motoさん

      ほんとうに残念な出来事です。私が今回の竜王戦で昼食予想記事を書かなかったのも、挑戦者変更への納得できない気持ちからでした。早く正常な形に戻ってほしいものです。

  4. 青野九段は記者会見でも、三浦九段の主張(休場は連盟側に指示された)を否定していましたね。
    大変残念です

    1. 三風党さん

      「竜王戦が開催されないことになった」と常務会で発言があったことについては否定されていない(肯定もされていないようですが)と思いますので、この辺も含めこれから明らかになっていくのでしょうね。

  5. ここにある三浦先生のエピソードひとつひとつが10/12以降の私の心の支えでした
    本当にありがとうございました

    1. ちーさん

      こちらこそありがとうございます。とても嬉しいです。

  6. 三浦九段の名誉回復のため、連盟は全力を尽くして頂きたいと切に願っております。第三者委員会報告に目を通さず、ネットニュースやワイドショーだけ見た人々--普段将棋に関心のない人の大多数はそうではないでしょうか--にもはっきり伝わるように、これは冤罪であったと明言して欲しい。
    会長の、迷惑をかけて申し訳なかったの言葉に、そこまでしか口にできない何らかの力が働いているようにも感じています。
    三浦九段のご家族や近しい方々にとっては、本当に辛い日々だったでしょう。もっと穏やかな安らかな気持ちで新年を迎えられる結末を、年内に見届けたかったです。

    1. 上州将棋まつり参加者歳変更希望さん

      上州将棋まつりへの三浦九段参加、2017年カレンダーの刷り直しは三浦九段名誉回復のための「いろはのい」だと思うのですが、なかなかそうはならないものなのですね。

  7. このブログで自分が将棋から遠ざかっていた1998年以降の記事を読むたびに、不思議な気持ちがしています。いまからするともったいない気がしないでもないですが、当時は将棋と連盟に関するものすべてが汚らわしくみえて不快で、新聞の観戦記をよむこともありませんでした。子どもの頃から尊敬し憧れた中原さんですが、それ以降それとしては並べたことはありません。将棋をふたたび好きだといえるようになるまで、15年近くがかかりましたし、中原さんの将棋を並べられるようになるまではさらにもう少し時間がかかりました。それでもいまは将棋を好きになったこと自体は後悔していませんし、自分にとっての空白を埋めてくださる将棋ペンクラブログに深く感謝しています。
    いま傷ついている方がみな再び安らかな気持ちに満ち足りて過ごせる日々のくることを祈ってやみません。

    1. Brittyさん

      今回の事件は組織的なものであるだけに、後遺症はかなり広範囲で大きいのではないかと危惧をしています。なんらかの早急なリカバリー策が年明け早々にでも必要な状況かと思います。

コメントを残す