花村元司九段と陣屋とバースデーケーキ

将棋世界1981年1月号、読売新聞の山田史生さんの第19期十段戦(中原誠十段-加藤一二三九段)盤側記「まれに見る好勝負」より。

 加藤先勝のあとをうけた第2局は、11月18、19日、神奈川県秦野市鶴巻温泉の「陣屋」にて。

 前日の17日、加藤九段、立会人の花村元司九段ら関係者は小田急ロマンスカーで本厚木まで行き、ここへ「陣屋」のマイクロバスに迎えに来てもらって対局場入り。

 中原十段と副立会人の下平幸男七段は、小田急沿線の住人であるため、直接対局場参集。

 あけて18日、日光がさんさんとふりそそぐ、暑いぐらいの日和りである。

 対局前の雑談で中原十段「今日から弟子が家にくるんですよ」という。奨励会に6級で入会した宮城県出身の佐藤秀司君である。中学1年の13歳。

「まだ1回しか指したことがないし、何ともいえません。でも田舎にいちゃダメなことは確かですから」という。同郷の初の弟子。しかも内弟子とあって、自分のこと以上に気づかっている。

(中略)

 進行の遅いせいもあって、一日目は控え室も比較的のんびりしている。そんな控え室に、午後3時、大きなケーキが運ばれてきた。ケーキの上にチョコレートで”花村先生おたんじょう日おめでとう”と書かれている特製品。

 前夜、会食の時「明日は私の誕生日だ。63歳のね」と花村九段がいったのを「陣屋」の若奥さんが聞いていて、用意してくれたのだ。

 ともされたろうそくの火を花村九段が吹き消し、リボンのついたナイフでカットすると、パチパチと拍手。花村九段、ごきげんである。もちろん対局者にも一切れずつ届けた。

 第1局の「玉荘」もそうだったが、このように何事も気を利かし、すぐ反応を示してくれる宿というものはうれしいものだ。宿自体の心意気が感じられる。特に、なじみの宿で、主人やおかみさんとかが、陣頭指揮してくれる所はやりやすい。まかせっきりで安心していられる。

(以下略)

——–

東海の鬼・花村元司九段とケーキ、というとイメージ的に正反対の世界のように思えるが、花村九段は下戸で、その代わりにコーヒーが大好き。

コーヒーとケーキは相性が良いので、バースデーケーキのプレゼントは陣屋の絶妙手だったと言えるだろう。

——–

7年前に、酒豪に見える下戸の有名人・棋士というブログ記事を書いている。棋士の代表格はもちろん花村元司九段。女流棋士では山田久美女流四段。

酒豪に見える下戸の有名人・棋士

ごく最近の例では、酒豪に見えるトランプ次期大統領が、酒もタバコも生まれてから一度も経験していないということが伝えられている。

 

 

対局延期となったタイトル戦

将棋世界1981年1月号、読売新聞の山田史生さんの第19期十段戦(中原誠十段-加藤一二三九段)盤側記「まれに見る好勝負」より。

 いよいよあすから十段戦七番勝負の第1局。前日から泊まりこみとなるので、ボストンバッグに着替えや洗面用具、原稿用紙などをつめこんで、やや引き締まった気持ちで家を出ようと思っていた10月27日の午前、将棋連盟副会長の丸田祐三九段から電話が入った。

「中原十段のお父さんが危篤です。中原さんは2、3日前から病院につめ切りで、ろくに寝ていない。対局を延期するようとりはからいたいのですが」という。

 どうしたものか、と考えて間もなく、その電話で「今、亡くなられました」の続報。

 一親等の死亡は、連盟規約にもあるし、実際問題、平静な気持ちで将棋が闘えるわけはなく、一も二もなく延期で措置をとることになった。

 挑戦者の加藤九段にしても、第1局に備え万全の心づもりをしていたであろう。それがはぐらかされたわけだが、当の中原十段にしてみれば、はるかに深刻だ。

 長男ではないが、同居していた父親だし、一ばんの当事者として、お通夜、葬式などの采配をふるわなければならない。

 そして、父・亀之助さんは、中原が小学生時代、将棋を指すことに対する、最初の、そして最大の理解者であった。将棋界の第一人者中原が今日あるのは、一に亀之助さんの存在ゆえといえよう。

 その心の痛手は想像に余りある。さらに後日聞けば、母・ませ子さんも背骨を折って入院中とのこと。高いタナの品物を取ろうとして、椅子から落ちたのだそうだ。亡くなった亀之助さんは、毎日看病にいっていたというから、その疲れもあったのかもしれない。

 母は入院、父は急死、これはもう、コンディションとしては最悪である。

 対局は第2局に予定してあった11月6、7日をそのまま第1局にあてることにしたが、果たして中原は、心の痛手、体の疲労から立ち直って登場してくるのであろうか―。

 なお対局延期について、各対局場には、日程変更その他でいろいろご協力を願ったが、一ばん大変だったのは、第1局の対局場、東京・千駄ヶ谷の「玉荘」と、前夜祭会場の「十千萬」であった。

 当日になってのキャンセルは、迷惑にきまりきっているが、「玉荘」「十千萬」双方の社長である内田文雄さんは、うらみがましいそぶりは毛ほども見せず、逆に「大事な対局を前に、まことにご愁傷さまです。延期の気づかいはご無用です。葬儀には花輪をぜひ並べさせてください」と、ありがたい限りの態度をとっていただいた。ここで一言、触れておきたい。

 それにしてもタイトル戦一日目の出来事であったらどうしたものであろうか。本人に知らせないわけにはいかないし、知らせた以上、対局は続けられないだろう。途中、棄権負けということも考えられる。せめて前日であったのが不幸中の幸いであった。

 さて第1局の前日の11月5日夕。中原は、心中は知らず、外見は思ったより元気な顔色で「玉荘」へ現れた。

 だれかれに「いろいろありがとうございました」と頭を下げてはいたが、いつも通りの平静、温厚な中原であった。

 第1局終了後、少し聞きにくいことだが、私は中原に「指している最中、お父さんのことを思い出しませんでしたか」と聞いてみた。

 中原は「将棋を考えている間は思い出しませんでした」と答えてから、ややあって「でも、急でしたからね」と、そえた。

 それは、年中考えていたのでは将棋は指せないが、ふと我に返ったり、休憩中、自室で寝転んだりしている時は、当然父のことがあれこれ胸中に去来したことであろう。

 1年も2年も寝込んだあとの死去なら、心の準備もだんだん出来ていくだろうが、亀之助さんの場合は、ほんの4、5日の間の急死だったのだから―。

 立会人は萩原淳九段と加藤博二八段、記録係は鈴木英春三段。

 長老の萩原九段は話好き。それに中原十段の気持ちを引き立てようとする意味と、険しくなりがちな対局場の空気を柔げようとの意図も含んでいるのだろう。昼食のあとの再開直後など、ユーモアのある発言を時々する。

「加藤さん、あんたは感心やなあ。背広できちんと正座では、くたびれるやろ。よう肥えとるけど80キロはあるか」

 加藤、苦笑しつつ「ええ、ありますが、座るのは大丈夫ですよ」の返事に、中原も吹き出しそうになり、口をおさえる。

 またある時は「加藤という名前は、将棋連盟で一ばん多いな」といい出したりする。

 そういえば、この加藤一二三九段と今回、副立会いをつとめている加藤博二八段をはじめ、加藤治郎名誉九段、加藤恵三七段と4人もいる。

 加藤、「平凡ですからね」とあいづちをうてば、観戦記担当の山本武雄八段も「電話帳見たらオレと同姓同名がずらりと並んでいるのでいやになっちゃうよ」といったりで、しばし名前談義が行われたりする。

 若い立会人ではこうはいかない。棋界の長老萩原九段ならではの、独特の空気づくりなのである。

(以下略)

——–

中原誠十六世名人は、お父様が亡くなったことが気持ちの上で影響があったのだろう。この十段戦第1局は敗れ、また七番勝負も1勝4敗となり十段位を失ってしまう。

——–

中原十六世名人は、1982年には名人、王位を失い、1970年に十段を獲得して以来、12年ぶりの無冠転落となった。

この時、中原十六世名人はとても優しい人柄で、お父様が亡くなったことが不調の遠因なのではないか、と書いた週刊誌もあったほど。

——–

日本経済新聞の「私の履歴書」で中原十六世名人は、加藤一二三九段との激闘を繰り広げた名人戦で名人位を失って、そのショックで同時期に行われていた王位戦でも負けてしまったと振り返っている。

——–

1982年の十段戦で加藤一二三十段(当時)にリベンジを果たし、中原十六世名人の無冠は3ヵ月で返上されることになる。

また、中原十六世名人は、2年以内の名人奪還を目標として、棋風の改造に取り組み始めた。

中原十六世名人ほどの実力と実績なら、タイトル失冠は時の運、また頑張って取り直せばいい、と考えても不思議ではないし、それで十分だと思うのだが、棋風改造にまで踏み込むところが名人の名人たるところ。

本当に凄いことだと思う。

 

 

奨励会入会試験問題(1980年版)

将棋世界1980年12月号、「公開!奨励会試験」より。

 今年度の関東奨励会の入会試験は10月の7、8日および16日に将棋会館で行われましたが、この問題は7日に出された筆記試験です。第一問の知識問題は常識のテストで比較的易しいのですが、第二問の詰将棋や第三問の次の一手などはかなりハイレベルな問題になっています。ちなみに受験者59名中100点満点は1名。平均は55.5点でした。制限時間は60分です。あなたもチャレンジしてください。

第一問 知識問題

1,歴代永世名人の名前を書きなさい。(10点)

十一世名人( 伊藤宗印 )
十二世(       )
十三世(       )
十四世(       )
十五世(       )
十六世(       )

2.(  )内をうめて格言を完成させなさい。(10点)

(  )接近すべからず。遠見の(   )。金底の(   )。(   )歩のえじき。(   )歩ともせよ。

第二問 詰将棋(その1…10点  その2…15点)

次の詰将棋を解きなさい。

1980%e8%a9%b0%e5%b0%86%e6%a3%8b%ef%bc%91

1980%e8%a9%b0%e5%b0%86%e6%a3%8b2

第三問 次の一手(共に先手の手番 その1…10点  その2…15点)

1980%e6%ac%a1%e3%81%ae%e4%b8%80%e6%89%8b1

1980%e6%ac%a1%e3%81%ae%e4%b8%80%e6%89%8b2

第四問 読みの問題(25点)

2図を盤面に書きなさい。

1980%e5%9b%b3%e9%9d%a2

1図よりの手順
△5六歩▲同歩△8八角成▲同銀△3三角▲2一飛成△8八角成▲7七角△8九馬▲1一角成△5七桂▲5八金左△5六飛▲6八桂△4九桂成▲同玉△5八飛成▲同玉△6二玉▲5三歩△7二玉▲5五馬(2図)

——–

この年の奨励会入会試験(東京)は、59名が受験し20名が合格。

その中で四段以上になったのは、故・小野敦生六段、北島忠雄七段、日浦市郎八段、佐藤秀司七段、中田功七段。

——–

第一問の1。

これは易しい問題。

正解は、

十二世名人 小野五平
十三世名人 関根金次郎
十四世名人 木村義雄
十五世名人 大山康晴
十六世名人 中原誠

——–

第一問の2。

正解は、

玉飛、角に好手あり、歩岩より固し、桂馬の高とび、二枚換えなら

解答が名詞だけでは済まない問題が多いので、やや緊張しそう。

——–

第二問その1。

▲2三飛△3二玉▲4三銀△同歩▲2一飛成△同玉▲3三桂△3二玉▲2三金まで 9手詰

第二問その2。

▲1五飛△1四歩▲1二桂成△同玉▲2三銀△同玉▲2四歩△1三玉▲2三歩成△同玉▲2五飛△1三玉▲2四竜△1二玉▲2三竜まで 15手詰み

私にとっては勘弁してほしいほど難しい。特にその2は合駒が複雑そうに見えて困る。

——–

第三問その1。

▲9四歩が正解。

以下、△同歩▲9二歩△同香▲8三金で先手優勢。

なかなか気が付かない攻め筋。

辺境の島の隅にある小さな飛行場を重装備で攻撃するようで少し気が引けるが、敵玉に近いので効果的ということなのだろう。

第三問その2。

▲7七角が正解。

以下△3三桂なら、▲3六歩△2六角▲3七銀で先手優勢。

ひたすら▲5三飛成を狙う一本気さに好感が持てる。

——–

第四問

ゴキゲン中飛車の序盤に似た局面だが、戦前に流行した横歩取りの変化で、手順中の▲6八桂は加藤治郎名誉九段の新手。

1980%e5%9b%b3%e9%9d%a2%ef%bc%92

——–

私がやったら、普通で20点、バイオリズムの良い日で35点といったところだろう。

平均は55.5点。やはり第二問以降は難問だったのだと思う。

 

 

「村山将棋、恐るべし」

将棋世界1998年10月号、高橋道雄九段の村山聖九段追悼「村山将棋、恐るべし」より。昨日からの続き。

 

◯角換わり腰掛銀

 ここ数年の村山将棋を見ていて、感嘆を遥かに越えて驚嘆しているのが、角換わり腰掛銀における強さ。

 殊に後手番の勝率の高さは、驚異的と言う他はない。

 丸山忠久八段戦が圧巻である。

 両者は、平成8年9月27日から平成9年12月29日までの期間で4度対戦し、村山3勝1敗の数字を残している。

 全局丸山先手であり、角換わり腰掛銀であった。

 その作戦の主流は、6筋位取り(9図・平成8年9月27日、王将リーグより)で、対丸山戦に限らない。

%e6%9d%91%e5%b1%b1%ef%bc%99

 この△6五歩は、先手陣の駒組の進展をストップさせる長所がある反面、8一の桂が跳ねる場所を失い、攻撃性に欠ける。防御型の一着である。

 言わば、「私の方は位を取りましたので、後はじっとしてます。そちらさんは如何様にも組んでいいですよ」と胸を張って座り込んでいる態。

 このような指し方を、角換わり将棋のスペシャリストとして天下に名だたる丸山八段に対しては、普通は用い難い。

 しかし、村山八段は勝つのである。

(中略)

◯VS羽生四冠

 自分の立場を抜きにして、客観的に将棋界を観察すれば、羽生四冠と互角に渡り合う村山八段は、実に頼もしき存在と言えるだろう。

 12図は、平成9年2月の竜王戦での対決。

 ここから先手の指し方が巧妙だった。

%e6%9d%91%e5%b1%b1%ef%bc%97

 12図以下、
▲5六飛△2四飛▲2七歩△4二角▲7五歩△8二歩▲7六飛△7五歩▲同飛△6一金……………

 8筋の低い所に歩を打たされ、せっかく寄った金を戻されて、先手完勝を感じさせるこの数手の応酬だ。

 ところが……。

 13図。後手が地力を発揮し挽回、の図である。

 特に7筋の底歩の姿が先手は辛く、むしろ後手が優勢となっている。

 ここで羽生四冠、強攻策に打って出た。

%e6%9d%91%e5%b1%b1%ef%bc%98

 13図以下、
▲7三角成△同飛▲5二銀△同玉▲3二飛成△7一飛▲5五銀△1四角▲2二竜△3六歩▲2五桂△3七銀

 と進み、以下後手勝ち。

 強襲を飛車引きで一旦踏み止まり、後素早い反撃を決めて制勝。

 羽生-村山のタイトルマッチは、私達から見ても掛け値なしに素晴らしい取り組みであり、ほんの近い将来、実現するはずであったが。

(以下略)

——–

飛ぶ鳥を落とす勢いの丸山忠久八段(当時)の角換わり腰掛銀、しかも後手番を持って勝ち続けたのだから、想像を絶するほど凄いと言っても過言ではない。

——–

VS羽生四冠の将棋は、映画『聖の青春』にも出てくる一局。

映画では、この対局は北海道で行われた設定となっており、打ち上げの終盤に二人は抜け出して、居酒屋で飲むシーンとなる。

倉本聰さんのドラマか映画に出てくるような他には客のいない居酒屋。外は雪が降っている。

この映画の名シーンの一つだが、テーブルの上のつまみがお新香だけだったような気がする。

打ち上げで食べているから居酒屋では軽めのつまみで、ということなのかもしれない。

たしかに、テーブルの上に石狩鍋やジンギスカンや毛蟹などがあったら、あのシーンの邪魔になるだけの恐れもある。

現実の世界で実際に二人が食事をしたのは大阪の福島食堂での焼き魚定食。

映画では、最後の対局の場面でこの時の居酒屋でのシーンが複数回挿入される。

回想シーンのような位置付けなので、大阪・福島のコテコテの定食屋よりも、透明感のある北海道の居酒屋である方がより印象深くなるわけで、練りに練られた映像なのだと感心した。

 

 

 

 

2016年11月将棋関連新刊書籍

2016年11月の将棋関連新刊書籍。

〔12月以降の新刊〕