三浦弘行九段の冤罪事件について〔三浦弘行九段と日本将棋連盟の間で和解が成立〕

昨日、三浦弘行九段の冤罪事件について、三浦弘行九段と日本将棋連盟の間で和解が成立したことが発表された。

三浦弘行九段と日本将棋連盟の間で和解成立のご報告(日本将棋連盟)

日本将棋連盟 三浦九段に慰謝料支払いへ 双方合意(NHK)

三浦弘行九段に慰謝料支払いで和解…将棋連盟(読売新聞)

三浦弘行九段と将棋連盟が「将棋ソフト不正疑惑」で和解 慰謝料は非公表(会見詳報)(ハフィントンポスト)

三浦九段が「この問題が長引いて、せっかく将棋界が盛り上がっているのに水を差す形になってしまってはいけない。棋士なら誰しも思っていること」と語っているように、三浦弘行九段側が大人の対応をしたことがうかがえる。

また、佐藤康光会長も、会長となることが決まる以前からこの問題のことで三浦九段への謝罪の気持ちを非常に強く持っており、真摯に取り組んでいることを、私も信頼すべき筋から1月に聞いている。

そのようなことから、佐藤康光九段が会長となってから和解に至るまで、日本将棋連盟側も誠心誠意の提案をしたのだと考えられる。

間近に控える棋士総会でどのような意見が出るかなど、全体的には100%解決したわけではないが、三浦九段とご家族が納得できる形で和解が行われたのなら、三浦九段と日本将棋連盟の間では円満な解決。

三浦九段の名誉回復についてはこれからも日本将棋連盟の継続的努力が必要だけれども、三浦九段への補償などについて一段落ついたことは非常に高く評価できることだと思う。

もちろん、週刊文春の問題など、いろいろと解明・解決すべきと思われる点、昨年10月の常務会の意思決定に至るまでの問題点の洗い出しと総括、そこから引き起こされた信頼感の劇的な低下をいかに回復していくかなどの課題は残されているが、これは外部の者が口を出すべきものでもないし、今後の推移を見守りたい。

——————

ここからは、昨年10月からの、私がこの冤罪事件について感じていたことを、備忘録的にまとめてみたい。備忘録なので、私が感じたことがまとまりなく書かれているだけのものです。

2016年10月12日

14:30頃

三浦弘行九段が竜王戦挑戦権剥奪のようだとの情報が入る。

我が事のようの全身にショックが走る。「えっ、どうして…」

19:30頃

家に帰って情報について確認すると、対局でコンピュータを使っていた容疑とのこと。

その現場を見つけたのか、本人が認めたのかと思っていると、どちらでもないとのこと。

(証拠もないのにそんなこと決めてしまったの?そんなの、ありえない)

私に情報を知らせてくれた方も、どう転んでも将棋界にとってはマイナスと心配をされていた。

私も同意見。

20:00頃

ネットなどに一斉にこの件のニュースが流れる。

翌週の週刊文春で公開されていない情報も含めて大きな記事になるという。

三浦九段がそのようなことをやるとはどうしても思えないし、暗澹たる気持ちになる。

10月14日

明日は竜王戦第1局。普通なら「第29期竜王戦第1局対局場 天龍寺」と昼食予想の記事を書くところなのだが、どうしてもそのような気は起きない。

  • 12日の15時までの期限に休場届けが出なかったから休場処分にしたとか訳のわからないことが常務会から発表されているが、15時以前に、私のようなところにまで「竜王戦挑戦権剥奪」の情報が流れてきている。15時までの期限も何も、はじめから三浦九段を出さないように決めているんじゃないか
  • そもそも、その週の土曜日に第1局の対局がある挑戦者を11日に呼びつけて集団で詰問するとはありえない。何事もなく終わったとしても、それが大事な対局を控えた棋士に対する態度だろうか。将棋をやる者の姿として、絶対にあってはならないことだ。
  • どのような結論になったとしても、証拠もないのにこのような重大な結論を下したというのは全くやってはならないこと。コンプライアンス的にはもちろん、人間としてやってはいけないことだ。

などのこともあり、昼食予想の記事は、この竜王戦七番勝負に関しては積極的に書かないことにした。書く気が起きなかった。

10月15日

将棋ペンクラブ幹事会。

事前に打ち合わせをしていたわけでもないのに、3人の重鎮幹事が、「証拠もないのに常務会があのような決定をしたのは絶対におかしい」との意見。

私と同じ感じ方をしている人は多いんだなあ、と感心するとともに、よくよく考えると、普通は皆このように考えるだろうと思った。

10月20日

週刊文春の発売日の午前0時、羽生善治三冠が、奥様の理恵さんのTwitterアカウントを通して発言。

羽生善治五冠(当時)と畠田理恵さんの出会い の記事の下の方

非常に心が救われる思いがした。

同様に、丸山忠久九段の翌日の発言も、非常に心が救われた。

速報!将棋不正疑惑問題で棋士説明会 丸山九段「連盟対応は疑問だらけ」(スポーツ報知)

この2つの発言は将棋界のためにも非常に良かったと思う。

この日に発売された週刊文春は扇情的なタイトル、内容で呆れる。週刊新潮も。

10月某日

アカシヤ書店の星野さんのところにテレビ局から取材の電話が入り、私が紹介されたようで、制作会社から私に電話があった。

「スマホで動く将棋ソフトはどれくらい強いですか?」という取材のようだった。私向きではない内容だが、

「強いとは聞いていますが、三浦九段はトップクラスの棋士で、そのようなものを使う必要もありませんし、使うような人でもないと思います」

と答えた。後で調べるとその番組は真面目な方向性の番組であり、酷い報道はしていなかったが、それでも、スマホを使って動かせるソフトは非常に強い、という話をしか取材の展開上は聞きたくなかったようだ。

もちろん私の話したことなど、微塵も放送では紹介されなかった。

——–

以上、当時のことを思い出しながらの備忘録。

 

 

「三浦弘行九段の冤罪事件について〔三浦弘行九段と日本将棋連盟の間で和解が成立〕」への23件のフィードバック

  1. 三浦九段が和解したのであれこれ言うことはないですが、渡辺竜王には第一人者として言葉での謝罪だけではなく行動で三浦九段の名誉回復に努めてほしいです。

    1. これから良い方向に行ってほしいですね。そうなるような感じもします。

  2. すでにコメントされている方と同じ気持ちで、連盟が三浦九段側に剣を鞘に納めさせてからようやく謝罪(口頭のみ)をするような渡辺竜王が、棋界を代表するタイトルホルダーとして座していることに、もっと将棋界に関わる人々は危機感を持ったほうが良いように思います。

    もちろん、三浦先生自身のご意向が最優先ですが

    1. 渡辺竜王や久保王将は、本件について話す機会を持ちたいと以前に公表されていますので、早いタイミングでそのような機会を持つべきだと思います。誤解を受けている部分があるかもしれませんし、そのような解消も含め、ご本人たちのためにもやった方が良いと思います。

  3. >15時以前に、私のようなところにまで「竜王戦挑戦権剥奪」の情報が流れてきている

    さらっと、凄いこと書きますね・・・

    1. このこと自体、何かに影響を与えることは全くありませんので、凄いことでも何でもないと思います。何の影響も出ないほど、処分理由が右往左往してとんでもなかったということもありますが。

  4. 未だに 渡辺・久保両氏から謝罪や明確な説明が無い
    いったいどのツラ下げて対局しているんだろう

    将棋界に自助努力を求めるのは無理筋なのか?

    1. 渡辺竜王や久保王将は、本件について話す機会を持ちたいと以前に公表されていますので、そのような機会はあるのではないかと個人的には思います。新しい常務会にも期待は大きいです。

  5. 会見も見ると人の良い三浦九段が良くも悪くも波風立たないように大幅に妥協したように感じられました

    1. 私も会見を見ましたが、たしかに三浦九段が譲歩した感じですね。とはいえ、円満な形にはなっているのだと思います。

  6. 15時前に「辞退」ではなく「剥奪」と言う情報が流れてたんですか?
    三浦先生の「竜王戦を辞退するなんて言ってない、言うわけがない」という証言と符合するような気がしますが…

    1. 今回の和解は、そのような部分を掘り返さないことも考慮された以心伝心の和解だと思います。そもそも本当に辞退すると言っていたなら、和解金を支払う理由が連盟にはありませんし。そのことからも、三浦九段が「辞退する」と言っていないことは明白だと思います。

  7. 三浦九段はとても優しいというか・・・。涙がでます。

    渡辺竜王と対面して、私なら恨み言の一つ、嫌味の一つも言うのに、「お互い傷を負ったから」と渡辺竜王を気遣うような発言。

    ハッシー暴言ツイート後謝罪の時もそうでした。ハッシー曰く「こちらのことを気遣う発言をしてくれた、涙がでる」と、もう消してしまったツイートにかいてました。

    悪いけど関西勢でかかわりがある約二名の棋士。
    関西所属でよかったですね。

    一人はまんまとタイトル復位、関西棋士、関西棋士ファンで彼を責めるものはいない。
    一人は初めてのタイトル挑戦で森門下バリアで守られる、と。

    なっとくいかないことはまだありますが、三浦九段、順位戦などで該当するこれらの棋士をなぎ倒してください。

    最後ですが末席幹事さん、NHK将棋講座6月号の観戦記、楽しく読めました。
    畠山成幸八段のことはあまり知らなかったのですが、楽しく、気づかいのできる素敵な方と思いました。
    弟の鎮さんとはまたちがった柔らかい雰囲気ですね。

    最後のメールの内容に「なるほど~」と思いました。役者の「役を抜く」みたいな感覚なのかと思いました。
    長々と失礼いたしました。

    1. ふゆかさん

      NHK将棋講座を読んでいただきありがとうございます。
      畠山成幸八段は塩野七生さんの『ローマ人の物語』の大ファンで、『ローマ人の物語』を意識して棋書を書かれたりしています。そのことも盛り込みたかったのですが文字数オーバーになることは必至だったので、メールの方をクローズアップする形としました。

  8. 正直この事件に関しては運営側や棋士側はもとより将棋界の情報の発信側の方々への不信感というものを抱いておりましたので、連盟にただおもねるのではなく率直な想いを記して頂けて感謝しております。
    仰るように三浦九段側がかなりの譲歩をされた和解内容だったと思います。
    もし運営側が問題点を洗い出して対策を行わなければまた違う問題が起きるかも知れませんが、それは当然の事でしょうし私の知った事ではないでしょうね。

    今後プロ棋界を心から応援する気持ちになる事はありませんが、黙り続ける保身を捨ててでも声を上げた棋士さんや記者さんの事は忘れずに覚えておきたいと思っています。記事ありがとうございました。

    1. 大石倉之助さん

      当時の思いを述べただけで特に大袈裟なものでもありませんので恐縮です。個人的には新しい理事会に大きな期待が持てると思っています。良い方向にどんどん向かっていくのではないかと思います。

  9. 三浦九段の名誉回復は、連盟所属の棋士がいまだ阻害しているのでは難しいかもしれません。
    ttp://blog.livedoor.jp/advantagehigai/archives/66072187.html#comments

    1. 個人的にはご本人だとは信じたくありませんが、非常に悩ましいですね。

  10. 渡辺九段に対して「文春を使って連盟を脅迫し、三浦九段を出場停止処分にさせた」という疑惑が残ったままでは、将棋界にとって非常に大きな重荷になる恐れがあります。
    渡辺九段自身が言ったように、記者会見を開くなどして双方向の場で詳しく説明するというのは、「三浦九段と将棋連盟が和解した事」とは別に、必要不可欠な事だと思いますが、いかがでしょうか?

    1. coaさん

      この記事のコメント欄に私の考えは述べていますのでご覧ください。

  11. 私の子供は将棋のプロ棋士ですが,この事件の後将棋世界もNHK将棋講座も買うのをやめました。
    2チャンネル当りでは今だに三浦さんの悪口を多く見かけます。
    とても残念です。将棋を指すことが人格の陶冶につながらないことが明らかになりました。とても残念です。

    1. 白いものを外野席から黒と言い続ける人がいるとは、本当に考えられないことですね。

  12. 正当なプロセスを経た挑戦者であったか、ということは王者を決定する戦いにおいて何より重視されるものであるはずです。連盟の裁定により急遽代役に駆り出された丸山九段は素晴らしい戦いを見せてくれましたが彼が正当な資格を持った挑戦者ではなかったことは三浦九段が冤罪であったことで確定してしまいました。正当でない挑戦者を相手に防衛した、正統性を欠いた王者にこれからの竜王戦の歴史が接ぎ木されていくのは何より竜王の権威を傷つけ続けることになり、問題が大きいことと思いますが誰も正統性の問題に声を上げる様子が無いことを危惧します

コメントを残す