株式会社コーセーと将棋界の縁のはじまり

将棋世界1977年10月号、原田泰夫八段(当時)の「本手とウソ手」より。

 最近ご面談したなかで感服したのは小林孝三郎さんである。小林コーセー社長、化粧品ひと筋の大もの。80歳で現役の社長、早朝に出勤して週一回はゴルフ、これから原田に将棋の稽古をうけたいとおっしゃる。

 少なくとも10歳か15歳は若く見える。ゴルフで足を鍛え、将棋で精神、知能を磨かれよう、まことに結構である。社長の情熱は社員に反映して隆盛になる筈。天下は広大、世の中には常識では計れない偉い人がいるものと感心した。

 小林さんは昔指したことがあるという。

 将棋は数十年の空白があっても、特別弱くなるものではない。80歳で初めての稽古、さてどんな腕前か。

(以下略)

* * * * *

小林孝三郎さん(1897年-1995年)は、高等小学校を卒業して15歳から化粧品会社で働き始め、49歳の時に独立(小林コーセー設立)。

一代でコーセーを大企業に育て上げた。

小林孝三郎さんの略歴については、以下に詳しい。

設立者紹介(公益財団法人コスメトロジー研究振興財団)

「わが町が生んだ偉人 小林孝三郎」(筑波銀行)

* * * * *

「80歳で初めての稽古、さてどんな腕前か」

この時は、平手の稽古将棋で原田泰夫八段(当時)が勝っている。

原田泰夫九段はコーセーで将棋の師範となる。

* * * * *

原田九段には将棋ペンクラブ名誉会長も長く務めていただいた。

将棋ペンクラブ大賞の副賞でコーセーの化粧品が受賞者に贈られるが、原田九段からコーセーに副賞をお願いしたのがはじまりで、現在に至っている。

コーセーの方々には、原田九段の口癖だった「感謝感謝」という思いでいっぱいだ。

 

タイトルとURLをコピーしました