2020-04-05

読む

河口俊彦六段(当時)「ずいぶん昔の話だが、大山にも同じような事件が起こった」

将棋マガジン1992年1月号、河口俊彦六段(当時)の「対局日誌」より。  勝負師の真価は、逆境にどう対処したかで決まる。  いささか旧聞になるが、琴錦の優勝は、その点で印象的だった。  大関候補と期待されていたとき、女性をめぐ...
随筆

内藤國雄九段「真剣師は真剣の道ではプロであり、その土俵で戦ったのではプロ棋士もカモにされるのである」

将棋世界1992年8月号、内藤國雄九段の連載エッセイ「真剣勝負の話」より。  宮本武蔵は一生の間に50数回の決闘をし、敗れることなしと自ら語っている。  そのうち幾度かは木刀や薪、船の櫓などいわゆる真剣でないものも用いている。しかし...
タイトルとURLをコピーしました